あおちゃんと塚本功

September 22 [Thu], 2016, 11:48
二児の母です。妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジしました。その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。結果は産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。皆さんご存知のように、妊娠とビタミンの一種である「葉酸」は切り離して考えることは出来ません。それというのも、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。当たり前ですが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を注意してください。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そうではないのです。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間という訳です。なのでお腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。むかし流産しています。その時は自分を責めて苦しかったのですが、しばらく経ってから、また妊娠について前向きに考えられるようになり、そこから妊活を始めました。妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温を上げることができ、冷え性が改善したんです。妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、妊活期間から十分な摂取が求められる葉酸なのですが、普段の生活を送っていると、摂取が不十分になってしまう、などの困りごとがあります。こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。それが葉酸サプリです。普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、普段の食事では、葉酸の摂取が不十分だとお悩みの方も安心できますよね。皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。妊活中の方をサポートし、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、特に葉酸を含んだサプリだと言えます。葉酸の成分には、貧血を予防する効果がありますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。それと、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。母子ともに健康な体でいるためにも、葉酸サプリメントで補いながら、日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと難しいと思いますから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で摂る事です。葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。あるいは納豆や枝豆、ホタテもそうです。このように葉酸を多く含む食品は幾つかあるのですが、毎日食べるのは困難な方も多いと思います。普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリを飲むことも間違いではありません。サプリには、葉酸をはじめ女性に不足しがちな成分を含んだものもありますから、食事では摂りきれない栄養素を手軽に摂取できるという訳ですね。妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。こうした運動は体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。様々な食品に「葉酸」は含まれていますよね。フルーツで言うと、イチゴやライチに含有量が多いと有名です。または、柿やキウイフルーツ、アセロラもそうですし、あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、ジュースで補給するのも良い方法だと言えますね。野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。妊娠した後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。しかし、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、どのようなリスクがあるのでしょうか。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、より積極的な摂取が求められます。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、食事から葉酸を摂取しようとする場合、食材の調理方法に注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。熱を通す必要があるならば、加熱時間を短時間にして早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸サプリで摂取するのが手間がかからず良いと思います。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、それでも妊娠に至らず、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私はラッキーだったのか、服用後2か月には二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。嬉しかったです。不妊の要因になるものといえば、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側に原因があるものと、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が考えられます。もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。不妊対策をしたいと思ったら、両親ともに受診して検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。ですが、いかに大切な栄養素であっても、摂取量に気を付けてください。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含有していますから、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛の適切な摂取を心がけ、亜鉛不足にならないように注意してください。その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、グレードの高い卵子を成育するために、欠かせない栄養素だという事が報告されているからです。妊娠を希望している女性だけでなく、男性が摂取した場合、質の高い精子をつくることを助けてくれるのです。妊活中の夫婦にとって、亜鉛は欠かすことの出来ない重要な栄養素です。今ではサプリ等お手軽に摂取できる方法もありますから、ぜひご夫婦二人での亜鉛摂取をすすめてみてください。不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想的です。そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。今、私は妊活中なのですが、この時から十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。葉酸は、妊娠中に摂るものかと思っていたのですが、どうやら受胎した時から重要な成分らしいです。妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを利用すれば良いそうですから、ちょっと安心しました。葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、妊娠に向けて頑張っていきたいと思ってます。多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。それは不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期の神経質な時期には過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、簡単に摂取したいのであれば、サプリメントがおススメです。サプリメントは、葉酸の摂取量が一目瞭然ですので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には是非試してもらいたいですね。妊活中の友達と話していた時、自然とサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが気になっているようでした。サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって以前教えてもらったことがあったので、妊活中の彼女に勧めておきました。やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと思う今日このごろです。不妊体質とストレス。この二つは密接に関わっています。体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。妊娠を望む家族の声や、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療とあいまってストレスになることも少なくなく、相当悩んでいる人もいるのです。治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。とりわけて先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は最も重要なポイントだと言えます。こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸を十分に摂ることが良いでしょうとはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が手軽に出来ますので、ぜひサプリを活用してみてください。適切な葉酸の摂取の結果、赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が認められています。そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もよく耳にします。皆さんご存知のように、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を希望している方は、サプリの摂取をお勧めします。妊娠に大切な葉酸は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。しかし、葉酸の過剰摂取によって発熱や呼吸障害、かゆみや吐き気などを引き起こすという報告がされています。サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された分量と用法を守ってください。冷え性は不妊を招くと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。血行を良くして、自律神経に働きかけ、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、葉酸は、この時に重要な働きをします。葉酸単体での吸収率は低いために、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかにどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないですよね。総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。妊活を行う場合、気を付けてほしい事は、食事ですね。普段から妊活を頑張っている方は、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。ですから、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。この時期に重要な栄養素は様々にありますが、妊娠初期に最も大切な栄養素と言えば、葉酸でしょう。多くの方が、妊娠検査キットで妊娠を知ると思います。ですが、それより前から妊娠はすでに始まっているのですから、いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。これらのお茶はカフェインが入っていません。妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ayane
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oohiaiclshtepm/index1_0.rdf