スバンテ・ペーボ

May 25 [Sat], 2013, 22:55
経歴

1955年にストックホルムでノーベル賞受賞者スネ・ベリストロームと母エストリアン・カリン・ペーボの息子として生まれる。

ウプサラ大学で1986年に学位を取り、1997年からドイツのマックス・プランク進化人類学研究所で遺伝学部門のディレクターを務めている。


業績

ペーボの部門は2002年に”言語遺伝子”FOXP2を報告した。

この遺伝子は言語障害のある、ある人々で欠損している。

ペーボは古代人類に遺伝学の手法を用いる分野、古遺伝学の創始者の一人として知られている。

2006年にはネアンデルタール人のゲノムの復元計画を発表した。

2007年にはタイム誌で、もっとも影響力のある100人に選ばれた。



2010年3月、ペーボと共同研究者はシベリアのデニソワ洞窟から見つかった指の骨をDNA分析し、未発見のヒト属のものである可能性を発表した。

2010年5月にペーボらのチームはネアンデルタール人のドラフトゲノム配列をサイエンス誌に発表し、ネアンデルタール人と現生人類の間で交雑があった可能性が高いことを報告した。

しかし一部の考古学者はこの発表を疑問視している。

オススメ!本当に効果のあるコスメ。


受賞歴他

1992年にドイツにおける研究活動に対して、ドイツ学術振興会からゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ賞を受賞した。

2000年にスウェーデン王立科学アカデミーのメンバーに選ばれた。

2009年にはキスラー賞を受賞した。

2010年にヨーロッパ生化学学会連盟からTheodor Bücher賞を受賞した。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みきd9s3
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ooeuk6sh/index1_0.rdf