あみすけが本山

June 24 [Fri], 2016, 23:16
産業看護師とは、企業に勤務する看護師です。看護師といえば病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所で働く人もいます。具体的な仕事内容やその役目は勤務する会社によって色々ですが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的な仕事でしょう。看護師が転職をするにあたっては、将来の自分のことを想像して迅速に行動を起こす必要があります。また、どんな点を重視するのかを決めておく方がいいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も挙げておきましょう。看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。そういう厳格な学校を卒業して、看護師国家試験にも合格した人は、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師の必要性は広がってきているのです。また、大手の会社になると看護師は医務室にもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアをとり行っています。こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもありうるでしょう。産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健について指導したり、うつ病防止のための精神的な部分のケアも行うのです。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークで見つけようとするのは難しいでしょう。興味を持たれた方は看護師専用の転職HPを利用してください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども掲載されることが多いです。看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊であり、就職先によっても変わってきます。体制は一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回しているという勤務先も多いものです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。看護師免許を取るには、何通りかの道すじが挙げられます。看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなければならないのですが、すぐに受験することは認められません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して勉強することが必要だというわけです。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとれることになっています。月に8回までと国の指針によって決められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、離職する看護師が多い理由の一つかもしれません。高校入学時に衛生看護科を選ぶと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。ただ、途中で進路変更を考えても変更は困難です。さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強したり、実習をこなす量が少なくて合格が困難という側面もあります。看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。看護師不足が深刻になっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とかなり高い水準を持ち続けています。看護師の国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格可能な試験です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ケン
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oodsaahber1so1/index1_0.rdf