兼次民喜はカメラマンになる

March 19 [Tue], 2013, 10:50
兼次民喜はカメラマンになる
兼次民喜です。今は、カメラマンです。
もともと社員だったですけど、結局結婚した後辞めてしまいました。仕事を辞めた後、国際交流に興味があって、ボランティアで外国人に日本語を教え始めました。教えるうちに日本語を教える奥深さとやりがいを感じて、プロになりたいと思ったのがきっかけです。
日本人ならば、誰でもどこでも日本語を教えることができると思う人が多いですが、実は、日本語を「外国語」として教えるには、単に日本語が理解でき話せればいいというわけではありません。実際、国内や海外でのカメラマンの求人情報のほとんどには、「カメラマン資格」ではなく「有資格者であること」という条件が求められることがほとんどです。条件として、下記の基準のうち最低1つを満たしている人のことです。1.大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業していること。2.カメラマン養成講座において420時間以上の教育を受けていること。 3.日本語教育能力検定試験に合格していること。
兼次民喜は二番目の基準を満たすために、通学制のカメラマン養成講座を受けました。やっと日本語の教師になれます。
カメラマンが日本語を教えることは言うまでもありませんが、日本に関するさまざまな情報を学徒たちに伝えることも、カメラマンの重要な役割のひとつです。これから、ブログで仕事のことをみんなとシェアしたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:oo328pp
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oo328pp/index1_0.rdf