あああああたしが馬鹿だった!!!

February 28 [Sat], 2015, 11:50

最悪だああああああああ

カットなんてしなければ良かった!!!!!!!

超後悔してる!!

もうだめだぁあ・・・・・

なんで切っちゃったんだろう・・

心弱すぎだな・・あたし・・

もういいかなって思ってた

February 26 [Thu], 2015, 0:30

最初はショックだった。

あたしのせいだって言われた時も、あたしが外に出てる間に家に帰ろうとしたと言われた時も。

首を吊ろうと本気で考えた。

別れようって言っても引きとめてくれないしぃちゃんを見て、あたしは縋り付いた。

だって、愛されてないんだって思ったから。

でもそうじゃないって思いたい。思いたいだけ。

今は愛されてなくていい。それでもただ傍に居たい。

隣に居たい。

あたしはそれだけで良い。

お母さんに何を言われても良い。

感謝はしてるけど、正直しぃちゃんを追い詰めるような真似だけはやめて欲しいって思った。

だから、あたしがしぃちゃんの居場所になりたい。

あたしがしぃちゃんを幸せにしたい。

お母さんを見返そうとも、もう思わない。

あたしはあたしのまま生きる。

しぃちゃんは家族と縁を切りそうだと言った。

あたしは何も言わなかった。

しぃちゃんが辛いなら、それでも良いと思ったから。

あたしだけがしぃちゃんの味方で居たい。

これがあたしにとって幸せな道じゃなくても良い。

ただの自己満足かもしれないけど、しぃちゃんが幸せな道であれば、あたしはそれで充分だ。

好かれていない

February 21 [Sat], 2015, 20:06

あたしはしぃちゃんのママから良く思われていない。

病気のこと。そのせいで仕事が出来ないこと。

それでも障害者手帳を取って、私はママに手帳を取得できる2ヶ月後には働けるだろう事をメールした。

返事はない。

見てないだけかもしれない。

でも不安しかない。

嫌われてるかもしれない。こんなに辛くて悲しい事はない。

それでも私はしぃちゃんを産んでくれたくれたママにはとても感謝している。

だってそうでしょ?

しぃちゃんのママとパパがいなければ、しぃちゃんは産まれてこなかったんだから。





でも私は今日、1年半封じ込めていた事をやってしまった。

辛い。悲しい。


本当にごめんなさい・・・

恋をしている

February 19 [Thu], 2015, 3:30

私は常に恋をしている
それは今の彼と付き合ってからだ。
もうすぐ4年経つが、私の心はいつまでも彼に夢中なのです。

手を繋いでくれる日々、甘えれば応えてくれて、甘えたくなったら応えてあげて、愛しさが溢れ出れいくのです。

私だけだろう。
夢中なのは。
彼はきっと、その先を見ている。

五日

December 26 [Fri], 2014, 21:25
しぃちゃんがインフルエンザにかかってしまって五日間外出禁止になり、その間会えなくなってしまった。

看病してあげれない自分が悲しくて、五日という短い期間会えないだけで苦痛を感じ、改めて大好きで傍に居たい自分が居るんだなって思いました。

一人Mステに出ていたコブクロの曲を聴いてしぃちゃんを思い出して泣いてしまった。

つくづくしぃちゃんバカというか。

明日には会えるだろうか。電話したけれど、元気そうな声を聞けてそれだけでも私は嬉しいと思った。
風邪も大分良くなったようでよかった。

会えない間一日中切ってしまおうかと考えた。
でも切ってしまえばしぃちゃんが悲しむから、切らずに居られた。
それだけでも成長した証だと、自分で自分を褒めた。

誰かが悲しむから、自分にとっても良くないことだから、と切らずに済んでいる事自体が前の自分からは想像できない。
以前付き合っていた人たちを思い返せば、誰と居てもあたしは切っていた訳で。
しぃちゃんの存在がかなりでかいんだと思った。

明日会えたらまず抱きつこう。沢山ギューしよう。
しぃちゃんも寂しいと思ってくれただろうか?
そうだったら嬉しい。少しでも私の顔を思い出してくれたなら嬉しい。
私はしぃちゃんの事を考えない日はないから、自己満足だけど、そうだったら嬉しい。

明日の為に今日も早く寝よう。
沢山寝て、早く起きてしぃちゃんの連絡を待とう。

大好き

November 03 [Mon], 2014, 10:44
私は堪らなく死ぬほどしいちゃんが大好き。
来年3月11日で4年経ちます。
もう4年。あたしの中でこんなにも愛を捧げたいと思い続けた人は心の底から本当に初めての事で、今でも大好きで時々胸が締め付けられるような感覚に襲われます。

しぃちゃんはいつでも傍にいてくれたね。
辛い時も、楽しい時も、悲しい時も、喧嘩して状況が最悪になった時でも、いつでも傍にいてくれたね。
昔はよくやってたカットもしなくなったのはしぃちゃんがいてくれたからなんだよ。
根気よくしぃちゃんが支えて笑ったり怒ったりしてくれたから、人生に輝きをくれたからあたしは切らなくなったんだよ。
そしてあたしも頑張った。
これからまだまだ試練が待ち受けてるね。
それは仕事。
出来るだけの事はするよ。
だって来年には一緒に住むんだから。
頑張って、しぃちゃんに認められたい。
やれば出来る子なんだって、褒められたい。

しぃちゃんが大好き。
これからもずっと、大好き。

発作による周りの人の対処法

May 03 [Sat], 2014, 12:12

しぃちゃんがどこまで解ってるか分からないし、自分でも再認識するために書いておきます。

パニック障害は、うつ病もそうですし、どんな病気でもそうですが、周囲の人、特に家族の人たちの、病気への理解と治療への協力が、克服には必要です。

家族の理解や協力が得られないと、患者は強い孤独感を抱いてしまいます。この症状は、適切な治療をすれば、克服できる病気でもありますから、家族や周囲の方も、あせらずバックアップして、克服に協力してあげてください。

ここで、IKKOも経験した、パニック障害の克服に向けて、患者と接するためのポイントをまとめておきます。

● できれば、診察に同行してあげてください(少しでも早く、正確な情報を医師に伝えるためにも、家族が診察に同行することをお勧めします。また、家族も一緒に医師の話を聞くことで、症状などへの理解が深まり、治療の進行や、患者の克服に対する態度がよりスムーズとなります)

● パニック障害の発作の時の不安や心細さ、副作用に対する不安など、克服していくためには、患者が抱えている問題を知ってください。(また発作が起きたらどうしようという患者の不安は、発作を経験した人でなければ分からないものではありますが、しかし、必ず克服できると言われているものでもありますので、どうか温かく見守ってください。周囲の人たちの温かい思いやりが、患者にとっては安心や克服につながります)

●パニック障害の発作が起こったときは、そばにいて、安心感を与えてあげてください。(発作では、このまま死んでしまうのではないかという強い不安に襲われます。この発作で死ぬことはないので、そばにいて、できるだけこのような不安を取り除いてあげるようにしてください)

● 広場恐怖のある患者は、買い物や、外の用事に行くなどが辛いことがあります。その場合は、できるだけ手伝ってあげてください

● 身近な人の声を聞くだけで安心するので、1〜2分の間でいいので、話し相手になってあげてください。(この発作に伴う強い不安が、患者を悩ませています。家族や友人など、身近な人と話をすることは、患者にとって大きな安心につながります、少しの間でもいいので、患者と話をするといった小さなことでもいいので、克服のために、患者が安心するように協力をしてあげて、克服できるように導いてあげてください。)

思う所。

February 13 [Thu], 2014, 2:07

あたしの考えの中では、彼と別れるなんて筋書きはない。
でもその彼が今日、実家と仕事とあたしの狭間で苦しんでいるのがよく解った。
彼は一人になりたい、放っておいてほしい、そう言った。
子供も欲しくない、と言った。

だからあたしは我慢をしなくちゃならない。
それは彼の為だけに。
苦しむ顔は見たくない。
疲れた顔も見たくない。
ネグレクトになって欲しくない。
ただ、笑顔で居てほしい。

その為の我慢だ。

それでもあたしがたまに弱っていたら救って欲しい。
たまにで良いから、可愛がってほしいです。
愛されてる実感が欲しいんです。
お願いします。

.

February 06 [Thu], 2014, 22:59

会えないくらいで・・こんな状態に陥っちゃう。
腕、切りたいな・・。

いついつ。

February 06 [Thu], 2014, 22:39

生きる事に意味があるとしたら・・・。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:七姫@智くん&嵐担当
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1987年2月1日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:フリーター
読者になる
只今恋愛真っただ中。
そして結構色んな意味で路頭をさ迷い中。
それは置いといて、男と付き合うのは久方振りですので・・・
(↑バイセクな為)

しかも男運なさすぎたので付き合うのは
大体女の子♪

でも幸せな人生をお互い一緒に掴めたらなぁ。
という理想抱いてます(*´∀`*)

嵐大好きっ子デス☆
智くん担当ですが、5人で嵐ですから(♥≧∀≦)ノキャー!!
カテゴリアーカイブ