ケイマフリが横尾

June 11 [Sat], 2016, 20:13
多くの介護施設で介護士不足が叫ばれていますが、これは十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。理由としては、過酷な労働環境があります。


近年、介護士の介護行為が解禁されたことで仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に介護士の職を離れる人も珍しくないのです。



公務員と介護士を両立する方法は、公立機関や国公立介護施設で働く以外ありません。そもそも、介護士は知識や経験を積みながら長く働ける業種で人気なのですが、公務員のメリットを生かす事も出来ればさらに安定した職業になると言えます。

手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは最大のメリットだと言えるでしょう。



今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますが街コンへの参加を決める介護士というのは、実は少なからずいるのです。女の職場なので、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚相手を見つける目的などのある介護士が、街コンに参戦しています。「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。ですが、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、上手くいくケースばかりではないのが現実です。



学校を出てすぐに勤務した介護施設で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、介護士という仕事しかないだろうと考えて、「転職しよう」と決めたのです。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。

介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士は服装や外見を意識しておく事が必須になります。メイクをする女性の場合、派手なメイクは避けて印象の良いナチュラルメイクにするのが相応しいと思います。


スッピンとはまた違って、周囲の人が感じる印象も変わることは間違いないでしょう。


正看と呼ばれる資格を持った介護士になる方法は、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが絶対条件です。介護士試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。



とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校受験のための予備校も人気があるのです。


もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信で学べる学校もありますから、働きながら勉強することが出来ます。



注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。

好んで注射や採血をしてもらうような人は稀なタイプだと思いますが、注射の必要があるのならば、上手な介護士に注射してもらいたいですよね。とは言うものの、介護士の技術によっては痛みなく処置してくれる介護士もいれば、場合によっては下手な介護士に処置されることもあるでしょう。
こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。我が国の法律で、介護士は仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますしかしながら、急変時や、切迫した状態では、介護士の経験や知識にもよりますが、介護行為も少しぐらいは認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。

誰もが一度は見たことがあるであろう介護士の帽子。



あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。
けれども、昨今では、介護士の制服の形というのも次第に変化していますから、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは悲しい気もしますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。
ほんの少し前までは疑う余地もなく、介護士をするのは女性という感じだったと思いますが、近頃ではだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。
実際の看護の場面においては、患者の移動、お風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性介護士は重宝されます。女性と年収に関しては同じですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より多くの経験を積むことが出来ます。

意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。階級のトップからいえば、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は総介護士長ですとか、看護部長といわれる人ですね。
実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲から信頼されるような人材になることが必要だと言えます。階級が高くなるほどにより多くの給料を受け取れるはずです。
介護機関で働く介護士は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。

そして、病棟勤務とは違って、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。忙しさの度合いについては、介護施設によっても違いますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあるとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。
外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは介護施設や、診療科によっても違います。夜勤シフトもあって、介護士の勤務時間は一定しません。

当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人は大変多いようです。
結婚、出産、そして育児がスタートしたらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。
とは言え、近年においてはまた介護士となって復職を果たすという、そういった人が増えてきており、大きな戦力となっています。介護士の勉強をするための学校には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。
まず、大学はどういったところかというと、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。

その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。加えて、学費の面についても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。
仕事を続けながら、妊娠を継続させている介護士は大勢いますが、気を付けてほしいことはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば介護士が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、細心の注意を払ってほしいところです。
薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、注意するべきでしょう。



一方で、介護士の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。
ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。
大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な介護士という仕事ですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。

挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。
そして、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。そういったことをわかった上で、介護士という仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。介護士と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、少なくとも平均年収においてははっきりと、介護士の方が額は大きいのです。


介護に関わる職場において需要が途切れることなくあります。

そのため、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。さてそんな介護士ですが、給料は良いものの、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。



学校卒業後、ずっと同じ介護施設で勤務していますが、気がついたことと言えば、介護士は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。


煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、近年においては一段と介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。ということはつまり、介護機関で働く介護士に関しても大勢が働いているべきなのに、現在、介護機関はどこでも人手不足のようです。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、求人募集がとても多いということでもあり、介護士は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという利点を挙げることができます。正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、そのほとんどはやはり、介護施設で勤務しています。

介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。



こうした職場で介護士として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。
こうして、介護施設に限らず働ける場所は色々あり、自身の生活が変わっていくのに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。
仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、別段、介護士が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。
ところで介護士であるからには、介護にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。一般に、介護士の仕事のハードさについてはよく認識されています。

中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも介護士が行います。いきなり緊急手術が行われたり、人手の少ない夜間に限って何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、めまぐるしく忙しい日もあるでしょう。介護士の職業は、白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。
しかしながら、介護士の現状はというと、収入としては決して少なくはありませんが、実際は夜勤や長時間残業をしている介護士がたくさんいます。良い面だけを見るのではなく、介護士が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。



昔の話ですが、かつての介護士といったら大多数が女性でした。

しかし最近の傾向は、介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男女共に働く職業となってきました。介護士に相応しい性格や能力をみても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。



女性的な優しさも大切ですが、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も介護士に求められる要素だといえるでしょう。



介護施設で働く介護士は、病気を抱えた患者と関わることが多いので、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を付けた方が良いでしょう。いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることがポイントです。また、介護施設によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを覚えておきましょう。

医師も介護士も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。大きく言うと、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。他方、介護士の場合は、医師の指導に則って、診療面で医師の補助をしたり、患者さんのケアをするということが中心です。社会に出たばかりの新卒介護士や、他の介護施設から転職してきた介護士の場合、通常支払われるはずの残業代について出ないという職場があるといいます。
ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働基準法に反した行為です。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、働いたらその分はちゃんと、給金という形で手に入るのが当然なのです。私の知人は介護士として介護施設で働いていたのですが、病気を治療するためいったん退職しました。
ですが、病気が完治するとすぐに現場に戻り、介護士として今も介護施設で働いています。
多少、仕事をしていない期間があっても、有利な資格があれば早々に復帰できますね。

やはり資格が大切なことが改めて分かりました。「介護士」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。例外として、非常勤で勤務している介護士の方など、不安定な雇用状態の場合には注意しなければなりません。ローンを組むことが容易なのは正規の職員として雇用されている介護士のように、安定している場合なので、非常勤で勤務している人の場合、介護士であってもローンが難しいことがあります。常日頃、介護士とて奮闘していて、大変な目にあったりもします。
そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。
全体的に見て、比較的忙しくない病棟とされるところは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。
ところが、専門性の高さですとか、症状がどれくらの患者さんを受け入れる介護施設なのかにより、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sora
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oo1athweysctwi/index1_0.rdf