マジさんとよっしー

October 31 [Mon], 2016, 17:24
意外に思われるかも知れませんが、アロマオイルの中には、髪のためになるオイルも数多くあります。


具体例を挙げると、新鮮なフルーツのように香りが良いスウィートオレンジは毛根を刺激して、血行不良を改善すると言われています。

何種類かのオイルを配合してご自身の症状にフィットしたヘアオイルやシャンプー等を造れば、さらに育毛に効果的でしょう。育毛には果物の摂取が効果的だと知っていましたか?果物には髪や頭皮のケアに重要な栄養素がたくさんふくまれています。



例を挙げると、リンゴの成分であるポリフェノールのうち、60%以上が発毛効果的であるとされるプロシアニジンという成分なのです。
他にも、ブドウに多く含有するブドウポリフェノールは活性酸素の働きを抑制する効果があって、そのため、髪の成長に必要な体内のアミノ酸が髪に届きやすくなります。

健康的で豊かな髪をつくるためには栄養素のひとつである亜鉛が欠かせません。



髪の毛はタンパク質で創られますが、亜鉛は体内のタンパク質から髪の毛をつくる働きがあるのです。


さらに、薄毛を進行させるDHTという成分を抑える効果的である事が分かっていますから、育毛は持ちろん、抜け毛や薄毛の対策に必要な栄養素なのです。
亜鉛を効果的に摂取できる食品といえば、豚レバー、牡蠣または牛肉全般などがあるので、意識的に摂取すると良いでしょう。ヘアワックスやヘアスプレーなどの整髪料は、育毛をしたい場合には、なるべく使わないようにして欲しいものです。

空気中の埃や皮脂などが整髪料と混ざり合い日常的なシャンプーでも簡単には落とせない汚れになってしまいますし、整髪料が頭皮についたままになると頭皮にストレスがかかって、抜け毛や薄毛の原因になる恐れがあります。極力、整髪料は頭皮を避けて使用できるタイプの物を選び、シャンプー後も3分以上は水で洗い流すようにして頂戴。



ドラッグストアなどで、抜け毛や薄毛予防に特化した「スカルプ」という名前の入ったシャンプーを見かけます。

このスカルプとは、日本語で言うと頭皮のことで、これらの商品は頭皮ケアを行ない髪の毛の健やかな成長を導くための商品です。
とはいえ、幾らスカルプケアの商品でも、シャンプーはシャンプーですから、頭皮に付着したままでは逆に抜け毛や薄毛が進行する可能性があります。
こうしたリスクを避けるためにも、しっかりと洗い流すことを忘れないで頂戴。ヒトの体は60%が水分で出来ています。ですから、一日2リットルから3リットルの水分を補給したいものです。


十分な水分補給がなされなければいわゆるドロドロ血というものになってしまい、血行が悪くなってしまうでしょう。そうすると、血流にのって髪に届くはずの栄養素が髪に届かなくなり、育毛にとっては悪影響になります。さらに言えば、水分不足は皮膚の細胞も枯渇させるので、皮膚組織である頭皮の環境も悪化してしまうのです。

人によって説がちがうのが、育毛中にcoffeeを飲んでもいいのか悪いのかということです。



結果的には、適度に飲むのなら育毛に効果的ですし、過剰に摂取すれば問題になります。
カフェインがふくまれているcoffeeは、摂取すると血行が良くなると言われています。



血行改善は頭皮や髪の毛に良いといえます。

でも、飲み過ぎてしまうと、睡眠を質を悪化させるので、育毛にも健康にも、悪影響が及ぶことになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイタ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/onwtywtse2b4ei/index1_0.rdf