センチメンタリズム 

2004年12月20日(月) 19時20分

センチメンタリズムはほんとに好ましくないものです。
これはいつまでたっても
人を深みに徹底させません。(広津和郎)

なにかある心理の一端にふれようとあがくとき
感傷は、本当に邪魔なものだろうか。
人を主観を交えずみようとする努力だけが
人という枠を飛び出すことができるのだろうか。

わたしにはわからない。
りんごの皮が中心に吸い込まれ、芯へとつながっていくように
中心へもぐりこむことが外へとつながっていくこともある。

2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:onsa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる