行政書士って高給取りになれる?

August 04 [Tue], 2015, 15:41
行政書士になった場合、高給取りになれるのでしょうか?

結論からいうと絶対になれるという訳ではありません。行政書士の給料には大きな格差があります。

例えば、法律事務所のスタッフとして働く場合、年収は200万円〜三百万円程度です。

これなら会社員として働いた方が給料はいいかもしれません?

資格をつかって一般企業で働く場合は少なくても年収400万円程度はもらえるでしょう。大企業になると年収700万円を超える可能性もあります。そのため、会社員と同程度の給料をもらうには法律事務所では無く一般企業(シルシルミシルで紹介しているのをみると、すごいなあと感心してしまうことがよくあります)で働くしかありません。

そして、独立することによってようやく高給取りになれる可能性が出てきます。

独立が成功すれば年収1000万円以上も夢ではありません。年収2000万円や3000万円以上稼いでいる人もいるので、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)で高給取りになりたいなら独立した方がいいです。

しかし、独立するとなるとそれだけリスクが大きくなるのではないでしょうか。収入がゼロという場合もあるので注意が必要となります。

教材

October 06 [Mon], 2014, 21:47
前回、桜庭勉の147日で合格したラクラク勉強法!について書きました。
前回までにお伝えできなかった内容もまだありますので、引き続き147日で合格したラクラク勉強法!について書きたいと思います。
まずは、この商品につきまして、再確認してみましょう。
桜庭勉の147日で合格したラクラク勉強法!は、資格に関してのスキルを多くの人に発信することを目的としております。、
仮にこの説明ページの半分でも進められれば、満足できる生活が出来ると思ってしまします。
販売ページの内容から判断するとこの販売者桜庭勉さんのレベルの高さがうかがえます。
しかし、多少不安は残っておりますが、とりあえず購入してみることにしました。
賛否はあるかもしれませんが、評価の方は・・・
現時点でプラス要素はあってもマイナス要素は見当たりません。間違いなく超優良商品だと思います。
非常に価値の高いすばらしい商品です。
はじめにあった心配な気持ちなんてもうありません。本心で買ってよかったと思っております。
たくさんある酷い商品の中で、147日で合格したラクラク勉強法!という商品はランキング上位の商品ではないかと思っております。
改良するところなど在るわけもない商品であり、もっと高い価格でも不満のないくらいの商品だと思っております。
29800円を出して買った商品ではありますが、価格以上の成果をもたらす買い物ができたと満足しております。
100人買えば、おそらく効果を感じない人もどうしても出てくるでしょう。しかしこの商品に限ってはそのような考えは無用かもしれません。
危険商品と心配をされている方。ご安心ください。決してそんな不安がる様な商品ではありませんので・・・。

ちょっとお話はそれますが、
この桜庭勉の147日で合格したラクラク勉強法!をここまで満足できる評価をしているのは、本当に私だけなのだろうか?
正しい教育をしようという強い気持ちが強過ぎたからなのか?
はじめから可能と決めつけてしまっているから?
すでに最初の方でつまづかない経験をしたから?
ほかと比べて求めるものが違う?
他の人が難しいことが、私には可能だと思っているから?
もし、私だけがこのような評価をしているのだとしたら、今書いている記事は他の人達にとっては混乱のもとになってしまいます。
この場合は、もう1回調査する必要があります。
そこで、147日で合格したラクラク勉強法!という商品に対し、わたし以外の他の人の評価がどうであるかを、自分なりに調査を進めてみました。
・この販売者の他の商品の評価もあるだろうか?
・内容がよくわかる評価をしている人はいないだろうか?
・詳しく暴露している経験者はいないだろうか?
・ブログで内容を同じように暴露している人は、どういった内容を書き込んでいるだろうか?
・2ちゃんねる以外で暴露されている情報はないだろうか?
そしたら・・・
「検証した結果、この商品を自信を持って思い切りおすすめします」
「私の個人的検証結果買った方が良い商品ではあります。超優良商品でありますから」
「このような良い検証結果は、自演自作だとしても正しい結果だ」
「検証して見た結果、かなりの優良商品だ」
「ここまで良い検証結果を公表している人がいるのは当然の商品だと思います」
このように、良い検証結果しかないような気がします
親戚と話す用事があったので、話ついでに聞いてみたところ、やはり同様の答えが返ってきました。
結局、自分も他の人と同様の見解だったということになります。
このことから、他の人の評価とわたしの評価に大きなズレはないようなので、わたしのレビューは参考になるかと思います。
活用の方法や用途次第では、無駄に終わるリスクがなくなり、て資格力がとれる確率はかなり高くなるかもしれません。

ところで、147日で合格したラクラク勉強法!をちょっと見方を変えてみまして、
実は、桜庭勉の147日で合格したラクラク勉強法!と同類の商品は、インターネット上に限らず数多く存在します。
その中で、最近取り上げられることが多い商品に小野 敬人の行政書士試験短期合格術という商品があります。
この商品も、資格をとることにより、全般でのレベルアップを目的としています。
ここで、行政書士試験短期合格術も147日で合格したラクラク勉強法!と同じく最高の評価ができる商品なのでしょうか?
・行政書士試験短期合格術も思いのほか良い検証結果が出ているのか?
・行政書士試験短期合格術もレビューするメリットが高いのか?
・行政書士試験短期合格術もかなり良い評判もかなりある商品なのか?
・行政書士試験短期合格術も「詐欺ではない」という評価がレビューされることはありえないと思うが・・・
・行政書士試験短期合格術も「かなり良い商品かも」とレビューされるのか?
・・・比較した結果、行政書士試験短期合格術は、147日で合格したラクラク勉強法!より間違いなく買って良かったと思える商品のようです。
現実は、資格というジャンルの商品におきまして、誰もが簡単に使えて、役に立つことはそう多くあるものではないと言えます。
そのため、147日で合格したラクラク勉強法!より本当に役に立つ商品があることは本当に奇跡的です。
したがって、行政書士試験短期合格術は、まず見ることのない究極の商品と言ってもいいでしょう。
以上のことから、資格をとるには、147日で合格したラクラク勉強法!ではなく、行政書士試験短期合格術を買う方が絶対に良いはずです。
147日で合格したラクラク勉強法!かなりおすすめする事ができる商品!
行政書士試験短期合格術…超超超おすすめします!!
行政書士試験短期合格術は147日で合格したラクラク勉強法!よりも間違いなく全体的にレベルの高い商品です。
これからも、最新の検証結果をお知らせしてまいります。

独学で資格試験突破を志す

August 11 [Mon], 2014, 3:55
資格試験に向けて予備校に通う事に少々躊躇いを感じます。

個人的ですが、以前宅地建物取引主任者資格の時、ケアマネージャー試験の際と予備校に通うという選択肢を持ちませんでした。理由は費用面にもったいない気持ちが強く働いたからです。予備校費用の10分の1程度を使ってネットでマニュアルを購入しました。1〜2万円程度で専門家の方が情報を販売されているので、その資格に特化した情報を収集し、その流れにそって勉強する事にのみ専念しました。

結果、資格試験に通ったので自分的には正しい判断をしたのかな、と思っています。諸事情で行政書士資格を取得しようと思い立ったので、今度は行政書士試験専用の学習マニュアルを検討していまして、小野たかひと氏のマニュアルに注目しています。

やはり現役行政書士の方のマニュアルですし、音声でいろいろ情報を提供してくれるのがちょっと心強い感じです。無料メルマガのおまけしか聞いてないですが、正統派の学習を教えてくれる感じです。私と同様に検討している方がいらっしゃれば、一緒に学習しませんか?

小野氏の短期合格術の情報載せておきます。

>>行政書士短期合格術
薬用スカルプD 口コミ情報

行政書士の年収って

August 10 [Sun], 2014, 22:12
難関の国家試験(運転免許試験や高等学校卒業程度認定試験なども、国家試験になります)をパスして得た行政書士の資格。さぞかし収入もいいのだろうと思いがちですが、けしてそうではないと言われていますね。行政書士の収入源は、書類の作成費用で、一書類作成して「どれだけ」というものになります。そのため、すごくたくさん稼ぎたい場合は、一つでも多く書類を作成するか、大口の仕事を得るかのどちらかになります。

では、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)の実際の平均年収はと言えね、多くが400万円以下のようです。といっても、この数字は行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)だけで食べている人の平均年収ではないものです。

税理士や弁理士(この資格を取得すると、登録するだけで行政書士にもなれます)などの仕事の傍ら行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)の仕事をこなしている人や、ほかに本業があってサイドビジネスのような形で仕事をしている人の年収も含まれています。そのため、平均年収が低くなりましたよね。行政書士の資格を取っても、就職先はそれくらい多くは無いでしょう。

実際、行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)になった人がどのように収入を得ているのかと言うと、行政書士だけで生活していこうという人の仕事先は、多くが独立開業です。開業したばかりのときは、よほど運がよくないかぎり、普通はそんなに収入は多くないでしょう。しかし、地道に仕事を続け、実績を積み重ねている人の中には、年収が1000万円を超える人もいますし、行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)になる前の収入よりぐんと増えたという方も結構いることでしょうね。

仕事は待っていてもやってくるものではなく、開業したら営業することが大切になります。行政書士で成功している人の体験談(物事を体験した人の話、感想などです)などを参考に、営業に力を入れ、仕事を増やしていけば、公務員の平均年収である6六十万円を稼ぐのはそれほど難しくはないという人もいます。行政書士は、いろいろな“士業”の窓口ともなる資格。さらなる高みを目指してほかの資格も取得していけば、仕事の幅が広がり、高収入を得ることができるようになります。

行政書士になるには実務経験が必要

August 03 [Sun], 2014, 17:00
行政書士(以前放送された「カバチタレ!」という漫画原作のドラマの影響で知名度が上がったともいわれています)になるもっとも多いパターンが、行政書士の国家試験(国試と略され、実際に試験を実施するのは、国や地方公共団体から委託された団体です)に合格して、各都道府県にある行政書士会(47都道府県にそれぞれ単位会が設立されており、研修などを行っています)に入会し、名簿へ登録する事です。しかし、行政書士になる方法はこれだけではありません。ほかに以下のような場合でも行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)になることができるでしょう。

・弁護士の資格を有する人
・弁理士(弁護士資格を持っていると、弁理士になる資格も有することができます)の資格を有する人
・公認会計士の資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)を有する人
・税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)の資格を有する人
・国または地方公共団体の公務員として行政事務を担当した期間が通算して20年以上の人

以上に値する人は試験を免除され、どこの都道府県でも行政書士(受験者は年々増加傾向にあり、試験問題も難しくなっているそうです)となる資格があるそうです。ただし、行政書士として開業するには、日本行政書士会連合会に登録をし、各都道府県に設立されている行政書士会(活動の一環として、「月刊 日本行政」や行政書士のガイドブックなども出版しています)に入会しなければなりません。つまり、行政書士になるのに実務経験はなくてもよいということです。

実際問題として、いずれの方法で行政書士(昭和初期以前は、「行政代書人」という資格だったのだとか)になったとしてもその後の実務に大差はありません。まったく実務経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)がなくて開業したと言った行政書士の人は結構いるみたいです。現代はWEBの時代(テレビなどで映像が流れると、どうしてあんなファッションをしているんだろうなんて思ってしまいますが、今のファッションも?年後に見るとそう感じるんでしょうね)、行政書士の実務についてわからない事もあっても、ほとんどネットでしらべる事が出来るだと言われているのです。

行政書士として開業し、仕事をし継続していくのに必要であるのは、実務経験ではなく、営業力といえます。本気で行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)としてやっていく気があるなら、実務経験(人の話をきくだけでも参考になりますが、やはり、自分でやってみないとわからないということも少なくありません)なしでも何とかなります。実務経験(しないよりもした方がプラスになるといわれていますが、時にはしない方がいいようなこともあるでしょう)があるのと仕事が取れるのは別問題、人間的魅力が必要なのは当然ですが、一番は“やる気”と言えそうです。

行政書士試験短期合格術

August 02 [Thu], 2012, 16:00
行政書士試験短期合格術の著者である小野たかひと氏は、最低限の勉強で合格点をとる事を目的にしているらしく、驚いたことにある予備校のテキストの半分以下のボリュームのマニュアルでした。

一瞬不安が頭をよぎりましたが、実際の学習は法律の辞典と過去問5年分と辞書を使うらしく、追加購入しました。詳細は書かない方が良いと思うので伏せますが、この流れできっちり勉強すればイケる!と思いましたね。

ただしキチンと勉強する事を強いるマニュアルなので、裏技的な内容はありません。裏技期待の方にはお勧めできませんが、地道に勝負するならお勧めです。

復習ですが、行政書士試験合格条件は、全300点中6割以上の180点以上。過去問見る限り強敵でしょう。分野を絞り、集中して勉強することがとても大切だという事がよくわかる内容なので、土壇場で心強いサポートが必要だと認識されている方はスグチェックしてみて下さい。

>>小野たかひと氏の合格勉強マニュアル

資格取得は、しかも国家資格という所謂難関は普通に勉強するだけでは少々厳しいと思いますので、土壇場は専門家の助けを借りるのがベストの考え方だと思います。適職フェア

小野たかひとの行政書士試験短期合格術

August 02 [Thu], 2012, 15:50
行政書士試験突破を目指し勉強をしますが、独学の方が予備校とかに通うより効率がいいって知ってましたか?

ただし、独学はペースや実力把握といった面で、慣れていないと苦しむのが判ります。そこでお勧めしたいのが小野たかひとの提供する「行政書士試験短期合格術」です。数多くの方が3ヶ月という期間で合格を果たした行政書士専門の勉強法です。

受験経験がある方なら判ると思いますが、行政書士試験は難しいです。法律系学校卒業されていてもなかなか通らない問題です。そんな実情から予備校へ行く人は多いですが、意外と効果を実感できない、成果が上がらないという話を聞きます。

予備校で基礎を固める、直前の試験対策の情報を得るという意味では捨てがたいですが、仮に社会人が予備校に通う努力を考えると時間と費用の両面でお勧めし難いですね。予算に余裕のある方は迷わず申し込まれると思いますが・・・
P R
カテゴリアーカイブ