ゼクシオMP700出来ると言うメリットがある

October 18 [Fri], 2013, 15:50
  左腕が望ましいプレーン上を動くと言うことは 左腕の付け根を中心として 左腕が回転運動すべき 比較的垂直なプレーンから なるべく 外れずに動くと言うことである。



  
  そして、ゼクシオMP700アイアントップでは フォワード・スイングから インパクトで 肩の回転運動をパワーソースにして クラブヘッドを 最も効率良くスピードアップできるように 腕が振れるような位置に 手 (グリップ) が来るようにすることだ。 フォワード・スイングの腕の振りは バック・スイングで振り上げた手と腕のMP700アイアン位置エネルギーを上手く使い その重さで 落として行く位の気持ちで ゆっくり 切り返して 始動すると良いだろう。トップの手の位置を高くすれば (つまり、肩を良く回転させれば) より大きな位置エネルギーを使うことが出来、ゆっくりしたテンポで 十分にクラブヘッドのスピードを上げるだけの余裕が出来ると言うメリットがある。
  
  ただし、腕の振りを 大きくし過ぎると スイング全体のバランスが 取り難くなるというデメリットがあるから、その辺りのバランスを考えたトップの形にすべきだろう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:onosara
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/onosara/index1_0.rdf