農村の子供たちが学校に出席しません

June 19 [Wed], 2013, 11:40
彼のインター ネット アクセスはネットワーク ゲームをプレイ; 彼はオンライン ゲームを遊んでいた、英語を知らない。彼のシンプルなアイデアは、のみお金を稼ぐ。単純なエラー無料、単純な無知は、脳の複雑な構造の無駄お金何も間違っている、ないむさぼり、ない障害が、知識の仕事人生お金を稼ぐつもりはなかった悲しいです。この悲劇は大人の混乱を作成し、理想に向かっての国のうちの家族の何人スマートな子供の外出を妨げ。はい、彼らは信仰として理想的であります。彼らが成長するときは、その後、子供たちは、ある自然のサイクルではないですか?任意の開発を達成することができます?多分今大学は多くの問題を持っているが、消去することはできませんリソースに、リソースに非常に近いステップにちょうど行っている、残りの部分の資源を活用する責任ですが、このようなイニシアチブはまだ非常に強いです。

引きこもり


人々 常に、もちろん、大学は前方に移動する唯一の方法ではない前進しています。しかし、社会的合意を得たから理想を表すして文化大学でこのような観点から、大学を追求し、また自分の信念を進めているです。どのように現実的な信念彼らを制御することは関係なくです。したがって、農村の子供たちはあらゆる努力をすべての後に進学すべき、いわゆるシステムが正常に文句を言うことはできませんが勝者である、十分な自分の信念に固執することですを含む?特に農村の子供たちする必要がありますも、勇気と同時に、政府はそのような権利を保証する必要がありますその野望の保護、これは公共サービスの一部、する必要があります !
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/onnocaj/index1_0.rdf