オンナヂカラのつまづき〜課題は過大?〜 

June 13 [Tue], 2006, 0:23
一ヶ月で痩せてやる!と意気込んだものの、
一行に痩せる努力をしないふがいないわたし。
ご飯もお酒も煙草も飲むし、たまにスクワットや筋トレする程度で、
とても一ヶ月で体重がマイナス4kgするとは思えない。

しかも今日からウィークデーが始まり、夜中まで仕事して、夜中に帰宅し、
深夜に夕食をとるえげつなく不健康な生活が待っている。
営業職なんて、そんなものなのだ。
営業職じゃなくてもそうかもしれないが、
不健康な太り方をするだけでなく、オンナヂカラ自体を衰退させる職種だと思う。
なんせ周囲はオヤジばかり。
最近世間を騒がせたり賑わせてくれているIT業界やらマスコミ業界なら、
営業先にスーツがキリッとキマる若くて凛々しい男子が転がっているかも知れないけど、
わたしがいる玩具業界なんて基は「縁日のテキ屋」という、
ヤクザみたいなオヤジばかりなのだ。
オヤジたちに囲まれ、セクハラされ、お付き合いのビールを飲み、やってらんねーよと煙草を吸う。
もう、ヒゲが生えてきてもおかしくないオヤジっぷり。
わたしってばオヤジたちの脂にまみれてんじゃないかしらね。
こんなオヤジだらけの業界と職種にさっさとオサラバすりゃ、
こんなにオンナヂカラがどーのとか騒がずに済むんだけど、
まあそうはいかないんですよね、社会人だから。オトナだから。
ヒトのせいとか会社のせいにはするけど、自分もなんにもしてないオトナだけどね。

あぁ、開き直っちゃイカン。
話を脱線させすぎてもイカン。
要は「夜遅くに食べる生活週間でも痩せる」ようなダイエットをする、と。
思い浮かぶのは
・朝食、昼食をできるかぎりしっかり食べて、帰宅後の夕食は軽く済ませる(牛乳飲むだけ、とか)。
・寝る前に筋トレ、ストレッチをする。
・お酒は付き合いで飲みにいかない。(体調が悪いことにする)
・エスカレーターより階段を選ぶ
・甘い飲み物は控える
…それくらい。
なんとなく、努力が甘いなぁ。
だって、だってだって、ストイックになりたくないのだ。
オンナヂカラはストイックからは生まれない気がすんのよ。
もっとハッピーで楽しいコトの積み重ねが、キレイに繋がらないと。

むー。悩む。
ほんとに、キレイになれるかなぁ、わたし。
オンナヂカラギンギンの、
モテモテセクシー艶女になれるかなぁ。


続く。

オンナヂカラの課題1〜体重計に宣戦布告〜 

June 12 [Mon], 2006, 1:25
今一番の課題は、「夏の薄着に耐えられない二の腕とお腹」
の修復、改築作業である。
ケツがでかいのはあまり気にならない、訳でもないのだけど
実はケツがでかい方がウエストが締まったときに
妙にクビレが強調されてセクシーに見えるもんなのさ。
バランスですよ、バランス。
体重も目標はマイナス4kgと、中途半端な設定。
だってマイナス5kgだと果てしない、夢のような数字に思えるし、
マイナス3kgだと「オンナヂカラアップ!」という手応えが感じられない。

二の腕の弛みと、脂肪のタンクのようになったお腹を引き締めながら体重を4kg減らす。

さて、問題は「いつまで?」ってコト。
飽きっぽくて面倒くさがりなわたしは、長期的な目標になると、とたんにヤル気をなくします。
短期的、且つ、楽しいダイエットが理想的。
しかも夏は目の前!
目の前すぎてピントが合わないくらい目の前!
だって今日、既に6月11日の夏至カウントダウン状態ですよ。
本格的な夏は7月半ばだとして、
んん?あと一ヶ月?
一ヶ月で4kgって結構ハードだな。

頑張れわたし!
一ヶ月後の体重計に期待します。

オンナヂカラ宣言 

June 11 [Sun], 2006, 0:37
近所の本屋の雑誌コーナーで、迫り来る夏に浮かれる雑誌の特集記事をパラパラめくりながら
「ひとりの夏も慣れたわよ」と、ふとひとりごちたわたしがいた。
ええ?今、わたし何と?
「ひとりの夏」ですって?「慣れた」ですって?
23歳、独身、会社員、女盛りじゃないですか。
何を諦めムードにおわせてんのよ。

こんなんじゃイカン、イカンと思いつつも、本屋のドアガラスに映るわたしは、
やる気のない眼鏡をかけて、伸ばしかけの髪を「暑苦しいから」という理由でひとつにしばり上げて、
ハナミズ垂れた小学生が着るようなTシャツとハーフパンツ姿。
ああ、これじゃあ毎年ひとりの夏過ごしてても、しょうがないですよね、と
自ら白旗を揚げたくなるようなわたしの姿。
いくら休日と言えども、近所の本屋に気晴らしに来ただけと言えども、
すっぴんでこんな格好してて、本当にいいの?わたし。
こんなんじゃ、白馬に乗った王子様も見落として素通りしちゃうわよ。

いやいや、よくない!
振り返ればこの23年間、甘酸っぱい想いを堪能できた夏は高校の時くらい。
それ以外の夏は、みんな、みーんなひとりぼっち!
「友達と旅行に行きました」そりゃ友達でしょ。彼氏とかじゃないでしょ。
「受験でそれどころじゃなかったです」受験生でも恋はできる。
「夏だから、なんて張り切るの恥ずかしいじゃん」夏張り切らない人は、1年中張り切れない!
ダメ、こんな夏に慣れていちゃダメ。
いい訳ばかりの、ひとりの夏なんて。
せっかく女に生まれたのに、おっぱいのもちぐされよ。

そしてわたしは、近所の本屋でアツい夏の決心をしたのです。
「この夏でオンナジカラを上げる!キレイになって、恋をしてやる!」

今日がわたしの、オンナジカラ記念日。
P R
2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:onnna-jikara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる