栗山とうーちゃん

January 26 [Thu], 2017, 16:58
看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場により変わってきます。

一般に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制を導入している病院が多いのです。ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。特に看護師の場合、子どものこととシゴトとの両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすることが良いですよね。



子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もいますが、育児にはお金が必要ですから、資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)が活用できる転職先を見つけられるといいですね。
看護専門職が違うシゴト先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。面接担当官に悪印象だと、看護スタッフが足りない状況にも関わらず残念ながら採用を見送られることもあるのです。当然のことながら、待遇が良い勤務先はエントリーの数も増えるため、緊張感を失わず不足なく対策をたてて自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。

TPOに配慮した品のある服を選んで、ゲンキにレスポンスすることを心がけて頂戴。

看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにするといい印象です。前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、賃金や労働時間などが実際のシゴトに見合わなかったとかの、マイナス要素をあげてしまうと、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。


実態としてはその通りだったとしてもわざわざ報告するにはおよびませんから、未来志向であることを印象付ける志望ワケを告げるようにして下さい。
もし、看護専門職の人が違うシゴト場に移るなら、インターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。看護職員の方向けの転職情報は、職業紹介所や就職情報誌には掲さいされていないケースも数多くあります。一方、看護職に特化した人材派遣ホームページでは、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、求人元を「気風」という点からも検討できます。
何となく言うのが憚られる労働条件の相談を任せられることもあるようです。全国での看護師年収は平均して437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院ではたらく看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。


公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。

準看護師の場合であると、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。


ナースがシゴトを変えるに当たって窓口としては、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが過半数を占める勢いです。
看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、金銭的な負担もなく、見たい時に、見たい場所で最新オファーを確かめられるでしょう。転職活動が実を結ぶようにするには、色々な角度から調査することが要となりますので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。

今の職場に不満があって看護師が転職するときの秘訣は、新しいシゴトを見つけてから辞めたほうが良いでしょう。


加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。気もちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の条件に合う職場を丁寧に探しましょう。


ですので、自分の中で条件をクリアにしておきましょう。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大空
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる