不眠症になっています

May 30 [Fri], 2014, 10:00
私の会社では、不眠症で悩んでいる人がいます。

会社のストレスで、不眠症になっているのですが、今は仕事もできないような状態になってきてしまっています。

精神的なもので、不眠症になるのですから怖いものだなと感じています。



でも、不眠症もきちんと治療をしていかなくてはいけないと思うのです。

精神科などに行く事で、ちゃんと治療ができると思うので、きちんとしてほしいです。

やはり、会社でいても心配な部分があると思うのです。

そのまま仕事を辞めてしまうなんて事になってしまいそうなので、しっかりと治療をしてもらいたいです。



治療をして、これからまた前のように普通に仕事ができるようになって欲しいです。

会社の方も、ちょっと仕事環境を考えるなどをしてもらいたいなと思ったりしています。

ストレスで不眠症に

May 03 [Sat], 2014, 6:39
私の旦那さんは、一時期すごい不眠症になっていました。

会社のストレスが大きく負担になっていて、そしてそれが不眠症になっていたのです。

今は改善されて仕事もできるようになりました。



それまでは、仕事もちょっとできないようになっていて休んでいた時期もあったのです。

だから、ストレスというのは怖いものだなと感じました。

ストレスをため込んでしまうと、やはり精神的に一番にきてしまうものです。



会社のストレスをため込まないように、今は考えるようになりました。

できるだけ、ストレスが発散をするようにと頑張って私もしています。

旦那さんの体は大事にしてあげたいなと考えるようになりました。

ストレスは一番いけないものなのかもしれません。

不眠治療をしてもらいたいです

March 30 [Sun], 2014, 6:57
私の会社には、不眠所で困っている人がいます。

その人は、毎日のように寝れていないそうで、今仕事をするのも辛い状態になってきているそうです。

だから、早めに病院に行った方がいいと思います。



不眠症というのは、簡単に治療ができるものではありません。

そんな事もあるので、早めに治療をしようとする事が大事だと思うのです。

精神科などに行くのも抵抗があるような所もあるそうです。



でも、人にとって睡眠はとっても大事なものになります。

だから、そのためにもちゃんと寝れるように、治療をする事が大事になってくるのかなと思ったりします。

これから、頑張って不眠治療をしてもらいたいなと思います。

ちゃんと治療をしていけば、治していけるものだなと感じています。

不眠症で体力も、、

February 27 [Thu], 2014, 9:58
私の友達が、今仕事でのストレスを抱えています。
そして、そのストレスが原因なのか不眠症になりかけているそうなのです。
毎日、眠れないような所があって、よく寝れないというメールがくるぐらいなのです。
だから、すごく心配をしているのです。


不眠症になると、やはり治療をするのが大変になってしまうと思うのです。
早く治療をした方がいいのかなと思います。
これから、治療をして少しでも寝れるようになってくれたらいいです。


やはり、睡眠が取れないと仕事に行くのも辛いみたいですから、早く改善ができるようになってもらいたいです。
体を休めないと、体に悪い影響も出てきたりしてしまいます。
だから、治療をしてちゃんと寝れるようになってくれたらいいのかなと思います。

不眠症改善をしたいです

February 01 [Sat], 2014, 5:32
私は、最近不眠症ぎみになっている所があります。
仕事が、少し前に変わるちょっとストレスをため込んでいるような所があるのかもしれません。
不眠症というのは、聞いた事があるのですが、実際もしかしたら、自分がなっている状態なのかもしれません。


寝れない所があるので、これからカウンセリングを受けてみようかなと考えています。
このまま、寝れないような状態が続いたら、仕事にだって影響があると思うのです。
しっかりと不眠症だったら改善をしていき、ちゃんと寝れるようになれたらいいです。


不眠症の体験談なんかも参考にできたらいいかなと考えています。
不眠症も、改善にはもしかしたら時間がかかるかもしれません。
それだったら、やはり早めに改善をしていく事が大事になります。

鈴木奈々さんが婚姻届を

January 02 [Thu], 2014, 7:38
鈴木奈々さんが、ついに婚約届けを出したそうです。
結婚をずっとしたいと言っていた、鈴木奈々さんですが、すごく幸せなんだろうなと思います。
付き合いも長い彼ですから、さらにうれしいでしょう。


鈴木奈々さんは、キャラクタ的に奥さんというイメージがなかなかありません。
でも、きっと旦那さんのために頑張るんだろうなと思います。
苗字が変わる瞬間とか本当に、信じれない感覚があると思います。


でも、鈴木奈々さんは今でも地元から仕事に通っている聞いて大変だなと思いました。
しかし、それもきっと彼や家族のために地元を離れないようにしているんだろうなと感じます。
やはり、仕事をしている中でそういうのも大事な事なのかなと思います。
結婚をすれば余計に、旦那さんと離れないようにしていかなくてはいけません。

寝る前の片足立ちのやり方と効果

June 23 [Sat], 2012, 6:30
寝る前の片足立ち〜睡眠のリズムが整い、全身が引き締まる!〜
不眠の原因となっているのは、自律神経の乱れです。
自律神経は、日中の活動モードで働く交感神経と、夜の休息モードで働く副交感神経の2つがあり、時間が状況によって上手にバランスを取りながら、代謝系、ホルモン系、免疫系といった体のシステムを調整しています。
しかし現代社会は、夜になっても明かりが煌々とついたり、エアコンの使用によって体が冷え切ってしまったりとで、自律神経が乱れ、それが原因で不眠を訴える人が大変多くなってきます。

そういった人には、自律神経のバランスを整え、不眠を解消するエクササイズがおすすめです。
「モナリザ・エクササイズ」です。
この中にはいくつかの種類がありますが、その中で不眠に効果があるのは、「シェイキング」と「片足立ち」です。
朝と夜で使い分けることで、私たちが本来持つ睡眠のリズムを取り戻すことが出来ます。

朝におすすめなのが、「シェイキング」です。
血液とリンパの流れを促す効果が高いので、手足の血行障害やむくみを解消します。
手足を小刻みに動かすことで、交感神経にスイッチが入りますので、目覚めがよくなります。

夜には、「片足立ち」がおすすめです。
入浴前に、体のバランスを取る片足立ちを行います。
骨盤周りのインナーマッスルを刺激して、平衡感覚をを取り戻しますので、自律神経が働きやすい環境が作られると同時に、バランスを取るために意識を集中させますので、脳の興奮が鎮まり、副交感神経への切り替わりがスムーズになります。

朝晩行うこと、交感神経と副交感神経の働きの切り替わりが正常化して、睡眠のリズムが整ってきます。
自律神経が整ってくることで、冷え症、肩こり、腰痛、便秘、慢性疲労などの症状も緩和されてくるでしょう。
同時に代謝が上がりますので、リンパや血液の流れがよくなり、太りにくくやせやすい体に変わってきます。
むくみや脂肪がスッキリと取れて、体全体が引き締まってきます。

モナリザ・エクササイズのやり方
<朝:シェイキング>
@床に仰向けになって、両腕と両足を大きく伸ばします。地球を背負っているイメージで行いましょう。
A両手・両足を天井に向けて上げます。
B両手・両足を小刻みにブラブラと揺らします。リラックスしながら行いましょう。
20秒を1セットとして2回繰り返します。

<夜:片足立ちエクササイズ>
@足を肩幅程度に開いて、両手を腰に当てます。
A片足に重心を置いて、反対側の足を軽く浮かせます。
B足を浮かせた側の骨盤を引き上げるつもりで、お尻をキュッと上げます。
左右とも10回を1セットとして、2回行います。

レタス牛乳の作り方と効果

June 23 [Sat], 2012, 6:21
レタス牛乳〜精神を落ち着けて、睡眠の質を高めるホルモン分泌を促す!〜
質のいい睡眠は、年齢とともに低下していく代謝を維持したり、ホルモンバランスの調整がスムーズにしてくれます。
つまり、質のいい睡眠は全身はアンチエイジングにつながります。
その睡眠の質に大きく影響しているのが、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンです。
メラトニンは夕方から分泌両が増え始めて、夜になるにさらに量が増えて眠りをもたらします。
分泌のピークは午前2時くらいで、その後は朝に向かって徐々に減少していきます。
メラトニンの分泌が不足すると安眠できなくなります。
メラトニンの分泌不足以外で、安眠を妨害するのは、疲れすぎや心配、不安などに脳の興奮があります。
脳が興奮状態の時には鎮めることが睡眠の質を上げることになります。
レタスには、このような脳の興奮状態を沈める成分ラクチュコピクリンという苦味成分が含まれています。
レタスの中でも含有量が多いのが、焼き肉を包んで食べるサンチュです。
韓国のタクシー運転手は、仕事前にはサンチェを口にしないという話もあります。
私たちは普段食べているレタスの場合は、葉の部分よりも芯の部分に含有量が多いと言われています。

お勧めの食べ方は、レタス牛乳です。
メラトニンの生成に役立つ牛乳とレタスを軽く煮込んで味をつけて、シチューのように食べます。
この方法ならば、レタスを一度に4分の1〜2分の1個程度、無理なく食べることができます。
これさえ食べればすぐに眠れるわけではありませんが、入眠効果と鎮静効果があるレタス牛乳を夕食のメニューに加えれば、眠れる体に徐々に近づけられるでしょう。ぜひ、お試しください。

レタス牛乳の作り方
【材料】
・レタス・・・1/2個(3〜4枚)
・牛乳・・・100〜150ml
【作り方】
@レタスを食べやすい大きさにちぎります。
A鍋に牛乳と@のレタスを入れて、中火にかけます。
 軽く火が通るまで加熱したら出来上がりです。
※お好みで塩やコンソメスープを加えて、味を整えてもOKです。

短時間快眠法のやり方と効果

March 27 [Tue], 2012, 6:00
短時間快眠法〜忙しい人でも健康的・効果的に眠れる!
私たちは何時間眠ればいいのでしょうか?
昼間に眠気を感じることなく、仕事の効率を落とさないためには、毎日規則正しく6時間の睡眠を確保するのが理想です。
しかし、忙しい毎日では6時間確保するのは難しい人も多いのではないでしょうか。
睡眠学の権威として知られている、チューリッヒ大学のボルベイ教授は、「一週間のうち4日間、4時間の短眠をしても、1日だけ通常の長さの睡眠を取れば、不足分はリカバーできる」という実験データを出しています。
これを元に考えられたのが、「4時間半熟睡法」です。
睡眠時間を可能な限り短くして、健康に害を及ぼさないで、より多くの活動時間をするには、「4時間半熟睡法」がおすすめです。

人間の睡眠のサイクルは90分毎になっています。
人間の眠りには、心のメンテナンスをして夢を見る浅い「レム催眠」と、体のメンテナンスをしてほとんど夢を見ない深い「ノンレム催眠」があります。
このレム催眠とノンレム催眠がセットになって90分周期で繰り返されて目覚めます。
そのため、90分の倍数で眠るとスッキリと目覚めることができて、心と体のメンテナンスをすることができるのです。

4時間睡眠のやり方は、月曜日から金曜日は90分の3倍、つまり4時間半の睡眠とします。
そして、土曜・日曜日にそれぞれ90分の倍数の4倍にあたる6時間、もしくは5倍にあたり7時間半の睡眠をとって、不足を補うようにします。
注意することは、4時間半眠ればいつ寝ても、いつ起きても良いということではありません。
睡眠の質がとても重要になります。
レム催眠は体内時計にコントロールされていて、朝方の3〜6時に長くなる性質があります。
一方、ノンレム睡眠は寝る時間に関係なく、眠りについてから3時間に多く現れます。
理想は、0時〜6時まで眠ると、0〜3時はノンレム催眠が多くなり、3〜6時まではレム催眠が多くなりますので、この時間帯に4時間半熟睡法を実践することです。
3時〜9時まで眠った場合、3〜6時までにレム催眠とノンレム催眠が同時に出ようとして、両方が不完全になり、睡眠の質は落ちて、心身のバランスを崩す結果になりますので注意してください。

「0時〜6時」のコアタイムに4時間半熟睡法を行うと、快適に眠れて、心身が健康に過ごせます。
みなさんの、質の高い睡眠を向上させてみませんか。

「4時間半熟睡法」の実践方法
※「0時〜6時」の睡眠のコアタイムと重なるようにします。
月曜日〜金曜日の5日間
夜1時〜朝5時半の4時間半睡眠
土曜日(あるいは日曜日)
6時間睡眠
日曜日(あるいは土曜日)
7時間半睡眠

快適に眠るためのポイント
※光による刺激は脳を興奮状態にして眠りを妨げます。
・夜11時以降は、テレビやゲーム、パソコン、携帯電話の画面を見ないように過ごす。
・夜は部屋の明かりを暗くして、間接照明で過ごす。

快眠枕の作り方と効果

March 27 [Tue], 2012, 5:56
快眠枕〜不眠は枕が原因かも!快眠枕の作り方〜
朝起きたときに、肩が凝っている、腕がしびれている、疲れが取れていないなどの症状をお持ちの人は、枕に問題がある「枕不眠」かもしれません。

ストレスや仕事増大などで、不眠に悩んでいる人は多くいます。
その原因はさまざまですが、枕が原因となっている場合はとても多いのです。
自分に合わない枕を使い続けると、肩こり、頭痛、頚椎ヘルニア、四十肩、五十肩などの障害を引き起こす原因となりますし、不眠が続けば、うつや自律神経失調症のような精神疾患にもつながりますので、注意が必要です。

実際に枕を変えただけで、「ぐっすり眠れるようになった」「長年の肩こり、腰痛が軽減された」「頭痛が消えた」「うつ症状が改善した」などの効果が多くあります。
正しい枕の条件とは、「自然な睡眠姿勢」と「寝返りの打ちやすさ」です。
快適な寝姿勢を保つために、枕を体格に合った高さに調整する必要があります。
具体的には、横向きになると頭から首・腰までが一直線になることと、あおむけになると床面に対して首が約15度前後前傾することです。
そして、自然が寝返りをするために、寝た時に頭が沈まずに、自分にとってベストな高さを維持できることが必要です。
寝返りをたくさんするのは寝相が悪いと思われがちですが、私たちは寝ている間に寝返りをうつことで、血液やリンバ液、関節液の循環を促しているのです。
楽に寝返りが打てるということは、それらがスムーズに行われることにつながります。

また、枕以外に寝具の見直しも必要です。温度や湿度の変化に応じてパジャマや寝具も調整してください。
睡眠は、一日の疲れやストレスをリセットして、心身の回復を行うとても大切なことです。ぜひ、自分に合った枕を手に入れてみてください。

「手作り快眠枕」の作り方
準備するもの
玄関マット・・・1枚(3つ折りにしたときに、枕くらいの大きさになるもの)
タオルケット・・・1枚(薄手で毛足の短いもの)

@玄関マットを3つ折りにします。
Aその上に、3つ折りにしたタオルケットを重ねます。
 このとき、表面は平らにして、肩に触れる部分は直角になるようにします。
B横向きに寝ます。頭から首、腰が一直線になるように、タオルケットの折り方を変えながら調整します。
 高さが足りない場合は、タオルケットをもう一枚足します。
Cあおむけに寝ます。
 のどや首すじに圧迫感がなく、後頭部から肩にかけて力が抜けている状態にします。
 目安は、床面に対して首が約15度前後傾いている状態 です。
 しかし、年齢、体型(猫背など)、病気によって異なりますので、15度はあくまでも目安です。
 寝返りがスムーズにうてたら、出来上がりです。
P R
リンク