天声人語の書き出し&結語【名文集】暖冬 

May 12 [Mon], 2008, 7:56
天声人語の書き出し&結語【名文集】

『暖冬』

暖冬のせいか東京では早くも節分草が咲きはじめた。一見、ひ弱そうに見えるこの白い、小さな異形(いぎょう)の花には凍土を突き破る力が秘められている。人目につかない山麓(さんろく)に、気難しげに咲くことが多いせいか、花ことばは「人間ぎらい」である。

都心の公園では、薄緑色のフキノトウが触手を開く前のイソギンチャクの姿で立っている。福寿草も黄金色の花びらをきらめかせている。ひょっとして、と思って探してみたら、枯れた芝草の中にオオイヌノフグリが数輪、息をひそめて咲いていた…

日本とは逆に、欧米を襲った大寒波は記録破りのものだったらしい。寒さによる米国内の死者は三百人を超え、零下二〇度のニューヨークの街角には、無料で配られる一個のパンを求める長い行列が続いている。失業者の総数は九百五十万人、不況寒波が吹き荒れている、という記事があった。


【掲載年月日】1982/01/25
Yapme!一覧
読者になる