学校に行っていない、合理的な選択肢です

June 21 [Fri], 2013, 17:06
最近では、キャンパス教育に関する議論はもっと注文します。過去何かを試験志向の教育から異なっていません。この方法では、詳細な分析が可能があります。2 本の衝撃極端な殺人事件、全国近年では言います。いくつかの大学生に済南市、山東省の集団自殺で 2006 年の冬に。次の年、黒龍江省クラスでは、彼の目を覚ますに行ったら眠っている女教師聞いていない少年は学生、教師、その場で死に刺されました。両方のイベントで学生は勉強しないので、学校に行くことが余儀なくされます。誰かが学校に行きたくなかった、学校、この悲劇は起こらなかっただろうに出席しません。殺人が個人であるが、学生の重要な部分で読むを厭わないあり強制的に入学、中国の教育の主要な機能です。

不登校 高校進学


我々 は自問する必要があります: 若者は、読書を継続する場合学校に滞在しようとしない、何彼または彼女と間違っているか?エラーなしでの学生。エラーは"精神と進展させる努力"孔子の教育思想思想ハードあり強制的に、学校、学校の教室で滞在する唯一の方法とではないだけ死んだ親教育資格指向します。学校に通う学生を強制的に、動機が良いかもしれない; 効果ほとんどの場合良いではない、極端な条件でも死者は、なる死んだ学生教師; 学習環境キャンパス。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ongo
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ongoooo/index1_0.rdf