ニキビの人用化粧水の選び方 

March 17 [Wed], 2010, 0:00
ニキビの人にとって、化粧水選びはとても重要です。

自分の肌に合わない化粧水だと、ニキビがすぐ広がってしまいます。

ニキビ肌の化粧水選びの基本は、以下です。

・原材料に天然のものをつかっていること。
・化学的な材料は使ってないこと。
・3日間試して、ニキビ肌が悪化したら、ただちに使用をやめること。

上記、3点を気をつけて選んでみてください。

ニキビの一番大きな原因は、毛穴に皮脂が詰まってしまうことです。

ニキビの周囲が赤く腫れたり、細菌感染して膿んでくることもあり、痛みを伴うことも少なくないようです。

ニキビのスキンケアの一番大事なことは、ニキビを自己流の間違ったケアで治さないことです。
自分で勝手にニキビをつぶしたり、間違ったケアをすると、必ずニキビ跡が残ってしまいます。
ニキビ跡は外用薬ではほとんど消えません。

毎日のスキンケアでニキビ跡を残さないことが大切です。
そのためにも化粧水選びには十分注意しましょう。

ニキビ用化粧水

アトピー性皮膚炎の症状 

March 14 [Sun], 2010, 0:00
アトピーの特徴は、発疹からの強いかゆみがあります。
これで肌をひっかいてしまい、皮膚が傷つきます。
その傷口からばい菌が入りこみ、更に症状を悪化させてしまいます。

アトピーは、5歳までに発症することが多いのです。
なので、遺伝的原因が大きく関係していることがわかります。

また、アトピーの他のアレルギーも引き起こしやすく、気管支喘息やアレルギー性鼻炎といった症状を併発しています。

大人がかかるアトピー性皮膚炎の主な原因は、食事やストレスといった日常の生活習慣による刺激が起因して発症します。

またアトピーを発症する人の肌は弱い方が多く、少しの刺激で強いかゆみを伴い悪化する傾向が強いのです。

食生活において、現在の食生活は、皮膚に悪い影響を与えていて、アトピー性皮膚炎の原因にもなります。

インスタント食品の食べすぎなどには要注意です。

アトピー用化粧品

アトピー性皮膚炎と乾燥肌 

March 11 [Thu], 2010, 0:00
アトピーと乾燥肌は、とてもよく似た症状です。

アトピー、乾燥肌共に、肌が乾燥して、赤くなり、カサカサになるので一見すると同じように思われます。
が、アトピーは病気だという点が違うのです。

アトピーとは何らかの原因でアレルゲンが侵入して起こるアレルギー症状です。

アトピーの原因には生活環境や食物アレルギー、遺伝、外的刺激などがあげられます。

アトピーは、ストレスなどの心理的な原因からダニやハウスダストなどの生活環境が原因の場合があります。

日頃から子供のアトピーと同じように肌が乾燥しないよう水分補給と肌の保湿が大切です。

保湿クリーム
そして、根本的な原因である生活環境を改善する必要があります。

アトピーによる肌の乾燥がひどくなって薬を塗る際は、必ず医師に相談し、処方されたものを使うようにしてください。

乾燥肌とアトピーは症状が似ていますが、薬はそれぞれアトピー専用、乾燥肌専用の薬を塗り、使用には十分注意しましょう。

赤ちゃんとアトピー性皮膚炎 

March 08 [Mon], 2010, 1:50
赤ちゃんの肌はとても弱いので、アトピーなのか、ただの乾燥肌なのかなどの区別はとてもつきにくいです。

自分での判断は難しいのですが、目安として、以下の症状がでたら、アトピーの可能性を疑いましょう。

・肌が赤い。
・皮膚がガサガサになり粉をふく。
・ただれたようになっている。
・小さなぶつぶつができる。

特に赤ちゃんは肌の柔らかい部分を中心に症状がでやすいので
耳の裏や頬、顎などを注意してみてください。
ただし、顎はよだれかぶれなどの原因が多いです。

また、アトピーは、症状が長引くことも特徴の一つで、
症状が2ヶ月以上続いたり、体中に広がってきた場合は、
早急な対応が必要です。

また、赤ちゃん期のアトピーは、遺伝が原因となる場合もあります。

アトピー自体、遺伝的要素が強い病気なので、
家族や血縁者にアレルギー体質の人がいる場合は、
きちんと把握しておきましょう。

赤ちゃんはアトピーの症状がでると、痒くなり、強く掻いてしまいます。
すると、傷が付き、そこからバイ菌が入り込んでしまうことも多いです。
なので、症状が重くなる前に、多少強い薬(ステロイドなど)を使用してでも早めに治すのも大事なことだと思います。

赤ちゃん用クリーム

アトピーの原因とは何か 

March 05 [Fri], 2010, 23:50
アトピーの原因は様々なことが考えられます。

まずは、食事によるアレルギー反応についてです。
食べ物に含まれる物質がアレルゲンとなってしまい、アレルギー反応を起こしてしまうことがあります。

これは赤ちゃんにアトピー皮膚炎の症状が現れた場合には多くが食べ物が原因となります。

また、食事によって体の免疫機能に異常が発生してアレルギー反応を起こしてしまう場合もあります。

この場合は栄養不足などが原因となっていることが多いようです。

食事以外の原因では、ダニ、ハウスダスト、カビ、花粉、動物の毛などが挙げられます。

大人のアトピーの原因は食事やハウスダストだけでなく、精神的なストレスが原因になることも多いのです。

ストレスで免疫機能に異常が生じ、アトピー皮膚炎を発症してしまったり、元々のアトピーの症状が悪化してしまったりもします。

また、遺伝が原因の場合もあります。
親がアレルギー体質である場合には、必ず子供もというわけではありませんが、両親共がアレルギーの場合だと、確率的には50%になります。

片方の親がアレルギーの場合は30%の確立と言われています。

遺伝が原因でアトピーの場合でも諦めずにアトピーの対処を実施することが大切です。

アトピー用ゲル