微力ではありますが・・・ 

April 14 [Thu], 2011, 20:11

ここ数日 

被災地の方(個人の方宛て)に 

物資をお送りする作業をしていました。


震災後から ずっと

何事もなかった地域で、平然と暮らしていることが

とても申し訳なくて 

何か出来ることがあれば!と 考えたところが

せいぜい 募金をするくらいで (しかも少額

もどかしさ? で いっぱい でしたが

友人から 「被災した方がいらっしゃるので・・」と

連絡をもらい

私自身の物と 周りの方々のご協力を得て

衣料を中心に 24箱もの 荷物を送ることが出来ました


仕分け作業や 袋詰め → 箱詰め は 

正直、かなりの肉体労働でしたが (普段 何もしていない証拠;)

震災の被害に遭われた方から比べたら・・ と 気合を入れて

宅配便のお兄さんに 渡したときに生まれる感情は

とても 清々しく、心地よい気持ちに・・・


個人的な感情ですが、

今回のような事態になって

「頑張って」 とか 「頑張ろう」 などという言葉は

気休めとしか 思えません。



むしろ もう 被災地の方は 頑張っていらっしゃるので

頑張るのは 被害にあっていない 自分だと思いました。


この先 被災地では

まだまだ いろいろなことがあると思いますが

今だけ の 一時的な感情ではなく、

これからも何か出来れば! と 考えています。


最後に、

自分の無力さに 呆れ 嘆いていた私に

このお話を持って来てくれた友人に

心より 感謝します