流れた。 

2005年10月28日(金) 4時30分
バイトからの帰り彼女を家まで送って空を見ていたら.....................流れたよ!何がって?星が!もうめっっっちゃ感動して感動した!流れ星だよ★

冷えた手をポケットに入れながら何気なく夜空を見ていたら価値のつけられない感動を手に入れたよ。これはドラクエの鍵よりも大切だね。宝箱なんて開けられなくてもいいんだ。こういう感動があれば。

すべての出来事はくだらないことなんてない。誰かが言いそうなそんな台詞。たしかにそうかもしれない。今の自分があるのはすべての出来事がなかったら存在しない。そんな当たり前のこと。ありがたいこと。自分に関わってくれたすべての人に感謝している。たまにくさいことを考える。

自分ができること、今日できること。遠い先の自分を見すぎたら少し先の自分を見失ってしまう。だから今は今日を生きる。必ず来るとはかぎらない明日をむかえるために、一日一生だよ!今日すごせるのを昨日の自分に感謝してすごしたい。そしたら今日という日が増える気がする。みんなと多く笑顔で過ごしたいから。

今日のBGM:自分で鼻歌

こぼれおちる音。 

2005年10月27日(木) 6時18分
何も考えたくない。何を考えていいかわからない。そんなときが…最近多い。無意識にヘッドフォンに手が伸びる。ボリューム18。この音がラク。頭の中から。こぼれおちるような音。音がほしくなる。自分には出せない音。その世界に連れてってくれる。歌詞がどうとかどうでもいい。気持ちが洗い流される。ボリューム18。

今日のBGM:くるり「Baby I Love You」

そのぐらい。 

2005年10月26日(水) 6時51分
そのぐらい。こんな風におもうことが多かった。でも今そばにいる一番大切な人のおかげで気がついた。自分ではそのぐらいとおもっていても彼女にとっては大切なことかもしれない。許せないことかもしれない。大変なことかもしれない。だからそのぐらいという言葉を考えないようにする

言葉にできないものがあるとおもう。 

2005年10月25日(火) 6時30分
なんのためにブログを書いているの。そう聞かれた。うまく言葉にできなかった。俺はインドアでもオタクでもない。これだけは言える。ただよく噛み、うまいことが言えない。面白いこともめっっったに言えない。もどかしい俺がいる。本気でおもっていてもうまく伝えられない。だから文章にしているのかもしれない。書いて自分で整理して考える。んじゃあなんでブログなのと聞かれたら…日記に書いていたら無くしてしまいそうだから。なんかブログって文章が気持ち悪い人が多いって言ってたね。俺もそうかもしれないけど、これ自分に言い聞かせてるんだ。言葉も大切だけどあらためて文章にすると整理できるときがあるんだ。だから大切なんだ。文章って。理解してくれる?

カット! 

2005年10月18日(火) 5時18分
新たな気持ちで本日髪をばっっっさり切っちゃいました。さっ寒い…髪がないだけでこんなにも違うのか。自分のトークも寒いがこれに負けじと寒い…毎日が早い。切ない。寒さが日に日に増していく。冬って空が綺麗で好きだ。夜の帰り道ふと空を見上げると淡い、でもはっきりとそこにいる星☆★手がとどきそうでとどくわけもなく…星を眺める。自販機に冷え切った小銭を入れて温かい缶と交換する。冬が好きだ!また新しい季節がきたよ。さあ明日からなにが待っているかな。

今日のBGM:スピッツ「流れ星」

落ちるとこまで落ちたマイナスからはじめよう。 

2005年10月17日(月) 4時27分
今の自分は確実に病んでいる。だからこの新しいブログと共にまっすぐ前を見ていきたい。
以前の自分はこんなにマイナス思考ではなかった。いつからかというより体調を崩してから自分が自分でなくなってしまっていた。最低なことをしてしまったりもした。今までの攻めの自分から間逆の守りの考え行動をとることが多くなってしまった。身体に爆弾を抱えてしまうとこんなにも弱気になってしまうのだろうか…ただ単に怖くてしょうがなかった。前が見えなくなって自分を守ってしまっていた。病気になってしまったのはしょうがない。これからどう前を見ていくかで変われる。落ちるとこまで落ちた。しばらくは下を怖がらず上を見ていける。さあ自分を見直すいい機会だ!頑張れる!明日をどう過ごすか。

今日のBGM:スピッツ「ナイフ」
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:one-t
読者になる
Yapme!一覧
読者になる