なぜ株でなくFXなのか!?

March 31 [Wed], 2010, 18:26
株とFX、この2つを資金効率の面で比較してみましょう。

資金効率を株と比べてみると、FXの方が勝っているといえるでしょう。
FXの強みはレバレッジです。株にはレバレッジなどはありませんから取引を行うために莫大な資金が必要になります。
株は長期での取引になり、資金がかかる分、損をした場合はとんでもないことになってしまいます。
しかしFXならば10万円の資金でもレバレッジを使えば100万円の取引ができます。
取引も24時間可能ですから売買もリアルタイム可能です。
株は1度暴落してしまうと元にはもどりません、ところがFXは毎日スワップがつくので、下がってしまってもいずれはプラスになります。
株の場合、配当日や優待日が決まっていますがFXは毎日もらえます。
市場の公平性でもFXの方が勝っているようです。

税金の面ではFXの方が断然税率が株に比べると高いのですが、それでもFXの方が得のようです。
手数料もほとんどのFX業者は0円です。
大きな儲けこそありませんが、資金効率は圧倒的にFXの方が株より優れているといえるでしょう。

気をつける事はなにか?

March 29 [Mon], 2010, 18:40
気をつけるべきこと、つまり為替で、やってはいけない事とはどんなことでしょうか?
まず1つめに基本的なことで、自分のよく知っている通貨から手をつけるようにしましょう。
自分も良く知らない通貨だけど「上がりそう」と、どれでも構わず手を付けていると後で大変なことにもなりかねません。
良く知っている米ドル以外にもやってみたい!というのであれば、まずは通貨を良く知るために勉強することが大切です。
また、ナンピンを頻繁に行うこともあまり良くないですね。

ナンピンとは損を平均化するという意味の言葉ですが、例えば100円の株を100株買ったとし、その後80円に株価が下がってしまった時に80円でさらに買い増しすることで儲けを出そうとする方法ですが、このような取引を行っていると危険であり結果的に破綻してしまうことが可能性としては大きいのです。
あまり大きく金額が下がったものをナンピンすることはやってはいけません。
資金が何十万円程度で行っている人であっても本当に1〜2円程度の下がりでないと危険です。


そして当り前のことですが、借金を作って投資する。なんて絶対にやってはいけません。
為替のために借金をしてもう少し、もう少しとやってもスタートがマイナスからなので結局残るものは借金ですから・・・。


最後に「これはイケそうだ!」といつもより多く投資することもやめましょう。

専業トレーダーになると生活が変わる?

March 21 [Sun], 2010, 17:51
ふと思ったのですが、専業トレーダーの方々は寝る暇なんてあるのでしょうか?

専業トレーダーというのは、その日のうちに債券や株式を売買・決済するトレード法を専業にしている個人投資家です。
その日のうちに最低一回は毎日売買・決済を行っています。
大体の専業トレーダーは1日に数回の売買・決算を行っていることが多いので、
その間はパソコンの前に向かっているはずですよね?
睡眠時間をちゃんと確保できているのか、私たちの普通の生活スタイルと同じなのか気になりませんか?
そこで専業トレーダーの睡眠時間や睡眠をとっている時間帯について調べてみたのですが・・・


まずは私の素朴な疑問である「寝る暇はあるのか?」ということですが、寝ないで何日もパソコンに張り付いているなんてあり得ないようです。
また、「長時間パソコンとにらめっこ状態なので体力も必要だ」という意見がすごく多く見られました。
そのためにも最低限の睡眠は必要なのだそうです。

さらに、面白いと思ったのは専業トレーダーの方の睡眠の時間帯です。
私たち一般の人間だと夜寝て朝起床というのが普通ですよね。
専業トレーダーの方々の睡眠の時間帯は朝方に寝て、遅くとも昼頃には起床している方がとても多かったです。
やはり睡眠時間は普通の生活を送っている私たちよりは明らかに少ないように感じました。
しかし、デイトレードが専業となっている人達ですからやはり毎日売買・決済を行うためにも体調は崩せません。
そのためにも毎日最低限の睡眠はとっているようですね。