今年観た芝居を振り返るの会(後半)

December 29 [Thu], 2016, 10:21
はい,続きます後半です。

7月
「オナゴDX」
クロレラソングはいまだに頭から離れません。女だけの芝居あって?舞台上にトイレのドアがあるの好きでした。
「ちょっと待って,エントロピー!」
手話でしか話せない子,手話がわからない子,どちらもできる子の3人女子トーク。
私は手話がわからない子の立場になるので,自分だったらどうなるだろうとか考えたり。
「ゴドーは待たれながら」
先輩の一人芝居。なんでだか忘れましたが,私も孤独を感じてた時期だったので,孤独な一人を皆で観るというそのぬくもりになんかほろりとした覚えがあります。

8月
「ひろしま総文」
ツイッターまとめで検索しよう!佐賀東さんの芝居に号泣した夏でしたね。芝居であれだけ泣いたことは初めてだった気がする。
「母と惑星について,および自転する女たちの記録」
志田未来が出ると聞いて見に行きましたが学生席からはもはや豆粒。
私こういう話の小説好きなんじゃ〜〜という感じで,女ってのはどろりどろり。
あとこの8月は君の名は。に出会った歴史的な8月であります。

9月
「ショウジさんの息子」
先輩と後輩が出演されてて,いいなぁと思ったり。家族,介護,病気・・・生きていくのは大変なこともあります。
「ちぃむ作造さん」
題名を忘れてしまった(申し訳ない)のですが,お手伝いと共に観劇。「明日はきっと,いいことあるよ!」と先輩の力強いセリフに元気づけられた一人なのでした。ダンスから始まり,女芝居。ほとんど何のお手伝いもできなかったのに皆さん優しかったサライで送り出してくれた思い出。ありがたい。
「魂闘36」
たぶんこれは参加してなかった。観に行った。客席がどんびきした瞬間,私も一緒にどんびきしましたがこれでこそ魂闘なのでしょう(?)
「来てけつかるべき新世界」
ドローンにロボットにたっのしーいヨーロッパ企画のお芝居。面白かったです。

10月
「中国劇王」
参加もしてました。シャカ力さんが忘れられない。
劇王の亀尾先生のお芝居の完成度の高さ・・・すごかったです。
「大江戸ばっくとぅざふゅーちゃー」
先輩同期後輩が皆頑張っていた。お疲れ様でした。
衣装がかわいかったしすごかった覚えがあります。
「嵐になるまで待って」
キャラメルボックス初観劇。さくらぴあにも初めていきました。
照明のきれいなこときれいなこと・・・

11月
「各駅停車9時12分発」
舞台も電車,客席も電車。ダンスが好きだったなぁ
「高校演劇県大会」
尾道さんと舟入を観劇。尾道さん殺陣めちゃんこ上手い。舟入の芝居もすごくステキだったのでハチロクが楽しみ(観に行けるかな・・・)
「朝食はティファニーでデザートは毒薬!?」
ここだけの話ですが,部室を掃除してた時に招待券が出てきたのでこっそりもらって観に行きました(すんませんでした)これまた衣装がすごかったですドレスとか。能?の話を洋風にするという感じで楽しませてもらいました。

12月
「クロノス」
愛媛まで行きましたよえぇ。めちゃめちゃ楽しかった愛媛日帰り旅でしたよえぇ
でも観に行ってよかったです,観たことですごくやる気が出ました。私たちも面白い芝居を作ってやるのです

ってな感じですかね。単純に数えると29作品。
たくさん見た気がするんですけどね〜まだまだですね・・・
でも今年参加した芝居は,1〜3月は24卒公「日本人のへそ」,5月は魂闘,6〜7月は劇団別世界,8〜9月はイカロス「空ぼうず」,10〜11月は学祭,11〜12月は女性組曲「露出狂」と,めちゃめちゃ色々やりましたね。
劇王とかWSとかもやったり行ったりしたし。
4月は?4月あいてんじゃん??って思うやん??
就活してたんですよ(察し)
いやはや
恵まれた一年でした。

来年どうなるかわからないから,今年はもう嫌だ!って思うまで芝居をやろうと思ったのですが,もう嫌だ休みたいと思ってる今があるので目標達成です。
学生生活最後の芝居は25卒公の演出ってことでやりきりたいと思います。

あ〜〜不安〜〜

でも楽しみです。
たくさんの皆さま,今年も1年お世話になりました。こんな私ですが,来年もまた,よろしくお願い致します。
来年もたくさんの方とお芝居を作ったり観たりすることができることを願って!

良いお年を〜〜^^

今年観た芝居を振り返るの会(前半)

December 29 [Thu], 2016, 9:41
1年を振り返りたい時期なんですわぁ
どうもこんにちはお梨です。
この年末年始は全力で休んでやるゆっくりしてやると,普段も基本的にぼーっとしてるわりには休みたい願望が強い今日この頃です。来年のことは来年考えるんだよ!!!!

・・・いや・・・ちゃんと台本は開いてるんで大丈夫ですよ・・・すんません・・・考えてますよ・・・

ということで,今年1年観た芝居をすたたっと振り返りたいと思います!何のために?なんでもいいから振り返りたい時期なんです!!振り返らせて!!
今年はたくさん芝居を観たのです。どどど。

1月
「R.P.G.」
尊敬して止まない先輩が出ていて,一目見れた幸せ。。音楽に合わせた転換と,刑事さん達のナチュラルなやり取りが印象的でした。普通の会話をのぞいているような。

2月
「Sweet7」
期末テスト後に慌てて行った思い出。期限が1週間?しかないのに喧嘩とか何やらとかでやらないといけないことが全然進まないというくだりが好きでした。
「五十嵐伝」
プロレス熱い・・・熱い芝居でした・・・セットも細かくてすごかったなぁ

3月
「クラッシュ・ワルツ」
泣ける泣けると聞いて慌てて行きました。静かな,でもしっかりとしたお芝居。事故を起こした人,事故を起こされた人,事故現場の近くに住んでる人。人生を変えてしまう出来事の重み。

4月
「演劇団新勧公演劇団ツナ缶」
27缶?表記に自信がないけれども,後輩の成長を感じた公演でした。
私も静かな芝居したいよ!(?)

5月
「半神」
らせん階段ですれ違うくだりが好き。ぐるぐると吸い込まれていく感じが心地よかったです。
「BEAN!!!!!」
チャイロイプリンさん恐らく初めて見たのですが,ダンスすっげえ!かっけえ!って感じでした。
上から卵落ちてきたの好きでした。
「燕のいるえき」
お手伝いさんで参加しつつ観劇。見えない何かに侵食されていく,恐れていく感じが私たちの生活と少し重なったりもしました。
「魂闘35」
参加してた気がするんですが,観る側だった気もします。就活のストレスを吹き飛ばしてくれました(色んな方法で)

6月
「ゆめみるきかい」
かわいい。優しい。そんな即興劇。隣の人と話すタイムがあって,劇を観る,だけではない暖かな空間でした。
「光は汽車の窓から」
朗読劇がこんなに美しいとは知らなかったんだ。。声と光とかがステキでした。
「ロミオとジュリエット」
カンパニーデラシネラ!!すんごかった。基本的にはダンスなんですが,小道具?トマト?ひも?自転車?おもちゃ?も面白かった。母と共に行ったのですが,一緒に行って本当によかったと思いましたね。
「正直者の会」
一人芝居。でもなんか見てると一人じゃなくて,でも一人なんですよね。ふふ

ちょっと長くなりそうなので,前半戦はここまで。
後半戦に続きます〜!

脚本のはなし,今年もどうも

November 07 [Mon], 2016, 20:43
どうもどうもこんばんは。お梨です。
久しぶりにブログでも書こうかと思い久々にノートパソコンを開き,なんか動きが遅いなぁなんて思う夜です。
皆さまいかがお過ごしですか?

先日学祭がありました!ご来場いただいた皆様方ありがとうございました!!
4年生なのでラスト学祭。ふふふ
誰得でもないのですが,今回私の上演させていただいた脚本についてうんたらかんたら言わせていただこうかと思うお梨のお部屋でございます。ふふふふふ。どうぞごゆるりと。

ドコソコ,そこは絶望の底。
夏の短期バイトが地味に辛くて産まれたドコソコ。友達案外できなくて立ち仕事意外と辛くて休憩の60分は長くて,あぁ,底だ,これが絶望の底だ,と思って書きました。
くそ浅い絶望の底。でも,浅い方がダメージがあるとも思う絶望の底。
なんとなくつらい,なんとなく憂鬱ってなにかと言葉にしづらくてわかってもらえないしわかってもらおうともしないし,でも少しずつたまっていく。そんなテーマのお話でした。

それに加えて全国大会で見たQ体(とよく書かれている旧体育館のあの脚本)の雰囲気がすごく好きで,あぁーーーああいうの作ってみてえーーーと単純に憧れ,まぁ実際にできたものは憧れたものとお世辞にも似てるとは言えないものになったわけですが,なんかそんな感じで抽象的な(別にQ体は抽象的ではない気もしますが)世界を作ってみたくて作ったわけでした。言葉で十分遊べた気はしないのですが,言葉遊びみたいだねって色んな方に言っていただけたのは少し嬉しい気もしたり。
とはいえ,わかるような全然わからないような世界。私はわからない芝居好きなので,そういうものだよということで簡単に説明してしまいたい気もしますが。
あの役はなんでこうしたの?なんでああなったの?あの役は結局どうなったの?みたいなことを聞かれたりもしたのですが,女の子が「生きるのは意味が必要だ」と訴え,悩み,苦しみ,それでも意味が,意味が,と追い詰められているのに,同じように意味を問う,というのが面白いというか,「理由が必要なの?」というか結局私たちは必要性や意味にしばられているのかなぁなんて思ったりもしました。
わかる,すごくわかる,って理解してくれる安心と,でもまた頑張ってこ!と優しく言ってくれる世界があったらいいなぁなんていう夢を少しだけ形にさせていただけた幸せです。


カレーを流す女。大阪駅で流れる水の時計を見ながら書きました。
ついつい書いてしまう普通って何シリーズの一つとなっておりました。えへへ
何度でも言いますが,私は角田光代さんの「八日目の蝉」がものすごく好きで,角田さんの他の小説もとても好きなのですが,何が好きかって特に「どうして普通にできないの」って主人公が怒られるくだりがよくあるので,好きです(好きです)
八日目の蝉では不倫してた親の子どもが不倫相手(男の方が結婚してる)の子どもを妊娠してしまって,親に「どうして普通にできないの」ってぼこぼこ叩かれるシーンがあります。
私も別にここまでのドラマ(?)はなかったですが,「どうして普通にできないの」ってよく怒られてたし,その怒られ方がすごく嫌だった覚えがあります。「変わってるね」が嬉しい時もあればそうでもない時もあり,いや別に私は普通なんですけど,でも私だってただの一般女子になりたかっただけだよ,って感じで,んーなんなのでしょうね。
そんな話でした。ははは
ラストは普通じゃないってことを理解してくれるのは自分だって普通じゃないよって思ってる人しかいないという,諦め?のような感じです。ちょっとインパクト強めだったけど。それはそれで,よいのです。

でもまぁ,自分のものでも他の人のものでも,最初のイメージをそのまま作り上げるのは難しいですね。
でもまぁ,最初のイメージから変わっていくのがまた面白さでもありますね。お芝居をやっていて本当によかった。

こうやって上演させてもらえて,悩みを成仏させてもらえる幸せ。ぜひ色んな人に味わってもらいたいので,皆さんもぜひ脚本書いてみてね。
めちゃんこ余談をしますが,上演ならずでしたが,らくらくだというお話も今回書きました。引きこもりの男が,楽に幸せを手に入れようとネット通販でラクダを買うもラクダとTシャツに書いてあるだけのただの男で,しばらく家においていたらお金を取られ一文なしになるも,ネット通販のラクダ代支払いのために自分もラクダとして働くお話。ラクダとして働く中で出会った少女から慕われるけれど,自分もお金を取るよう命令されて,葛藤するも,結局お金を漁ってしまう。
面白そうなお話ですね(ごり押し)
でもそれをまた自然なお話にするのは難しいです。ん?自然じゃない流れしかないですけど何か?

まぁ,これからもまた,上演する機会はあれどもなくともぽつりぽつりと何か書けたらいいなぁと思います。

明日からまた卒論書いてセリフ覚えるぞ〜〜〜〜(やばめ)
ではまた


アイデアは思いついても形にする勇気があるかどうか

May 09 [Mon], 2016, 22:53
どうもこんばんは,就活お梨です。
就活お梨だよ〜〜〜〜

はい。履歴書はまだまだ書き続けなければならないんですが,まぁ今日はもういいかと思ってブログ画面開いています。いや,別に何もないんですが。

別に何もないよ〜〜〜〜

はい。最近,この〜〜〜波線を続けて使うの少し煽ってる感じが楽しいです。
お試しあれ。

就活を考える中で,少なからず,いや少なくないな,かなり,将来どうやって生きていこうかなぁというのを現実的に考えるようになったんですが,
どの地点を目標にしていくのかが,難しいなぁと感じます。
働いたら,わかるんでしょうかね。
なんとなく30代までにはとか,子ども産みたいとか,その前には結婚してなきゃとか,
考えてたんですけど,いや,それではないな,それがゴールではないなと遅ればせながら考えるようになりました。

そうやって婚期が遅れていくのだなぁ(納得)

まぁそんなことはどうでもよくて。
今年で実は一区切り10年,たったわけですよ。演劇。やり始めて。
小6の時に「10年後に会おう」とかよくあることを何度も誰もが言って,10年後に頑張ったどーって言ってやろうと思ってがむしゃらにやってたら,
こんなところにきてしまいました。あぁ21歳あぁ就活。

まぁそんなこともどうでもいいんですが。
でも,へたくそなりに10年もやって,でも就職したらどうなるかわかんなくて,
少し軽い絶望を感じていたんですが,
とあるツイートを見て,これから,改めて逆に演劇勉強しようと思いったったこの間です。
勉強したら見えてくるかもしれないなとちょっとした希望を感じました。
演劇が原動力として生きてきた私が今後もどうにか稼働できるいい感じの何かが。見える,かも。見えたら,いいな。

よくわかんないですけど。
でもあくまで芝居はメインではないんですね。お菓子なんですよね。さやえんどうなんですよあくまでも。
食べなくてもいいんですよ。全然。
でもおいしいんですよね。さやえんどう。

だから納得いく就活しまくりますししまくってますし,履歴書もあきらめずに書きます。
ちょっと変わった私でも受け入れてくれる企業に行きたくて,
志望度高ければ高いほどちょっとおかしなこと書いたり言ったりしてますが。
なんか悪影響かもですね。かもじゃないですね。悪影響そのものですね。

でもそれで落ちるならそれでいいかと思うのです。

まぁ,いいじゃないか。

そんな日々です。

後輩たちがまた舞台を始めるみたいです。
嫌な思い出と戦うか,新しい風に吹かれに行くか,遠くで偉そうな顔をしとくか
迷うところです。いや,偉そうな顔はいつもしてるか。

とりあえず,がむしゃらに観劇していこうと思います。
ではでは,皆さんもお元気で。頑張りませう。

きっと今日じゃないとだってもう言えないじゃん話

November 08 [Sun], 2015, 17:16
どうもこんにちは。お梨です。

昨日と今日で大学祭がありました〜
お手伝いという形でもむしろ参加させてもらえてほんとありがてえといった感じで、がむしゃらに?二日とも参加させていただきました。ありがたや。ありがとう皆さんありがとう地球。

まぁ何もなかったら一人で見に来るか家にいるかの二択なので、ただただ感謝祭。

おかげで自分の脚本の全公演をみることができました。少し脚本の話をば。誰にも言えなかった、どうでもいい私の話です。

今回、死というものを取り入れたものをかきました。正直、私自身、小説でもドラマでも脚本でも、死ってやつを簡単に扱うなってんだといつも思います。どうせ死なせて涙させて感動させたいんでしょ?みたいな。まぁ今回のもそう見えたかもですが。

でも今回何かを書くにあたり、いや何も書かなくったって、今年の4月からどうにも頭から離れないものがありました。祖母の死です。

誰よりも元気そうな人が先にいなくなってしまうのはなんなのだろうか。まぁそりゃ年取りゃ誰もが死んでいくものですが、あまりに唐突で、なんでいないのかと。なんであの家で鶏肉でも焼いて私たちを待ってることはもうないのかと。なんで私は家出をして神戸まで行かなかったのかと、今となっては仕方のないことをずっとぐるぐるとしていました、今でもたまに。

祖母とは私、仲よかったと思うので、きっと化けて出てくるんだろうなと思ってました。しばらく待ってましたが、出てこないものですね!あ、出てこないのかと。出てこないものなんだと思いました。母を頼むねとか言うんじゃないかと思ってたんですがね。来なかったですね。

そんな風に最後に一言言いに来てくれたらいいのになぁってのが、今回の脚本のお話でした。まぁ恋愛メインでしたが。でもまぁ一言受けとることのできた少年はきっとまた家を出ることができるんじゃないかと思うんです。引きこもりじゃなくて。

ひとつだけお話の中に本当の話がありました。電話の話。3月に電話したら心配かけてごめんね、ガンなんよ、あははといつもの口調で元気に話してました。元気じゃなかったんだろうな、本当は。ずっと我慢して心配かけないように明るく振る舞う強い祖母でした。

そんなこととか他の色んなことが頭から離れないけれど、どこにも吐き出す場所もなく、私より辛い人もいればものすごくどうでもいいと思う人もいて。というのも私が私じゃなかったらどうでもいいなときっと思うと思ったので。

なので、私の色んなもろもろを脚本という形で吐き出しました。脚本という形になって、違う人の手で舞台になって、さらにたくさんの人に見ていただける。こんな幸せないですね他に。

っていうどうでもいい話でした。腹痛も最近ないので、この話ももうおしまい。
最後に見た舞台の「ありがとう」がすごく響いた。きっと色んなところまで響いてるのではないかと私は思います。

感謝感謝。
明日からまた普通の大学生、やっていきます。

何も変わらない天気のいい日でした

August 06 [Thu], 2015, 20:54
こんばんは、お梨です。お久しぶりの投稿であります。
今日はハチロクなので少し。

被爆70年という節目の年。間に合うのかこれはという時間に家を出て、式典に向かいました。いや、早く起きればいい話なんですが。
高校一年の頃、ハチロクの日に、公演の本番のために朝っぱらから自転車をこいで資料館の横のホールに向かった時に、初めてハチロクのヒロシマの様子を目にして驚いたのを覚えています。今日もたくさんの人が集まっておりました。

その後、後輩たちの舞台を見に行きました。原爆孤児をテーマにした舞台で、考えさせられることがたくさんありました。特に心に残っているのが、被爆後、姉が弟に自分の靴を履かせ、そして強く「もうお母ちゃんに会えなくても、姉ちゃんがおるから寂しくないよね」といったことを言うと弟が「イヤじゃお母ちゃん会えんのはイヤじゃーーー」と姉から履かせてもらった靴を投げ、泣き叫んだシーンで、ぐさりと胸に突き刺さる思いがします。それでも強く生きた原爆孤児らの姿が舞台ではとても丁寧に描かれていました。
そんな別れがたくさんあったのだと、想像すると辛くなります。来週の自分の舞台にも活かしていかねばとも思いました。毎年思うことだけど、そんな後輩らの舞台をもっと、もっとたくさんの人に見てもらいたいなぁとも思いました。

今日の舞台だけでなく、今までやったり見たりした舞台のセリフがぐるぐる自分の中を回ります。麦っ子ゲンというお芝居で、結構早い段階で消えたシーンをぼんやりと思い出します。弘くんのシーンで、弘くんが父親に「なんで大人は戦争をするんだろう」と聞くと父親は「皆、一つの飴玉を取り合おうとしているのさ」といったことを言います。そしたら弘は「ばかだね、一つの飴玉をみんなで仲良く分けたらいいのに」といって眠りにつきます。(原作は中沢さんのマンガですね)

みんなで仲良く分けたらいいのにね。今も法案とかなんやらかんやら色んなところで色んなものが動いておりますが、私が思うのは、やっぱり争いは争いしかうまない、何かを守るために争って守ることはそれは守っていくことにつながらないのではないかと、私個人としては思うのであります。

まぁ、どうなるのでしょうか。とりあえず、私にできることは考え続けること、伝え続けることであり、それを舞台でさせていただける環境にあることを幸せに思いつつ努力することにあると思うので、頑張ります。たった一人がいなくなるだけでこんなにも、こんなにもひきづって、辛くて悲しいのに、たくさんの人が一斉にいなくなるという状況がうまく考えることができない日々なのですが、向き合いたいものです。

そんな今年の8月6日でした。のし。

トマトの被り物で遊ぶ我が家。

April 18 [Sat], 2015, 22:15
まだ明日の準備にわたわたしていますが、ちょっくらブログ更新いたしますね。
どうもこんばんは、お梨です。眠いですね。

今日で新歓公演が終わりました。期間的には短かったけれど、やっと終わったと思うのが正直なところです。

今回は脚本演出、それに出演という正直これはいいのか悪いのかといった形での参加でしたが、
まぁ皆やってるしいっかというのと、稽古上キャスティング上の都合でまぁいいやといった感じでしたが・・・
役者と演出はやっぱり余裕があれば兼ねたくないところだなあとも思いました。
なんかダメを出すわりに自分がアカンっていう状況が生まれざるを得ないしね。
といいつつ自分を棚に上げてダメ出してたので、個人的にはゴメンヨーゴメンヨーという気持ちでいっぱいでしたね、はい。

超個人的な話をすると、去年を超えたい、というのがあって、
去年の何があれかって私が思うには稽古量が少なかった(できなかったわけなんだけど)のが悔しくて、
稽古量を多くする、多くすることでクオリティーを上げる、というのを根本に頑張りました。
まぁ、実際的な話はよくわからないけれど、できる限りの稽古はできたかなあというのが個人的には思うので、
後悔しない分にはできたかなと思います。

ただ更に超超個人的な話をすると、
今回の公演では、なんかいつもと違う違和感を感じました。
その違和感とはなんぞやといわれると、なんというかよくわからないところがあるのだけれど、
まあ気にするなと、何言ってんだお前と言われればそれまでのことなんですが。

なんというか、面白かったとか、この脚本好きだなとか、光や音が準備されてたりとか、小道具とかが着々と作られていってたりとかいうことが、なんというかすごく救われて、私ここでこの脚本やっていいんだって認められてるんだって思えることが、すごく、嬉しかったわけです。
演出っていうのはそういうものなのかもしれないし、脚本なんて自分自身をばんっとぶつけることだからなのかもしれないのだけれど、いない方がよかったのかもしれないとつい思ってしまうところに、救ってくれるのは何気ない一言だったり確実に容易されてるスタッフワークなんだなあと、改めて思って、ありがとうありがとうと私は泣きたい。

そうやって舞台はできて、地球も回ってるんですねえ。

ちなみに話ですが、
今回の脚本は私の中の演劇観?っていうんでしょうか?を詰め込んでみました。
普通にサークルの公演でも、もっとお客さんに来てもらいたいけど、なんだかなぁって感じで、私もだって来てくれないじゃん!と叫びたい。笑
でもまぁ、なんかもうちょっと色んなものや世界をうまく作れるようになりたいなあと思いますね。

後は新歓関係をへい!へい!とやって、5月になったらおとなしくなろうというのが一応の予定です。
新入生入ってきたらおとなしくしてお茶会でもします。お茶会したい。お茶会という名前の会がしたい。

明日の準備?します、しますよ〜

ではではノシ
お梨の無駄話でした。

意味はあるのといつも問う

March 26 [Thu], 2015, 20:14
ヤプログアプリを消していたので再びインストールしたら求めていた機能があってわああとなってる。
どうもお梨です。これで知らない人のブログをうろうろしながら暇潰しができます。ふふふ。

スタッフ会議があって、なんとなくやっとこさ次の公演が動き出して嬉しいような不安なような気持ちにかられていますね。私は。

でもやるぜよと言ったからにはやらねば。生きねば。←風たちぬ。

去年でいうような若い元気が勝手ながら沸いてこないのですが、たぶんこれは世にいう大学3年の中だるみなんでしょうね。高2の冬休みみたいな感じだよね。

あーシルバニアの家を出して遊びてえー

まぁ暇だとげんなりするので忙しいのは楽しいです。バイトもなんだかあれれ?って感じだけど。やっぱ演劇とバイトは両立しないのかなぁと思うと就職したらずっとそんなことを考えるんだろうなぁとか考えたりして。

ははは。ヨーグルトたーべよっと。
ではでは。

ぐろいものは痛い。

February 22 [Sun], 2015, 22:43
こんばんは、お梨です。
ひさびさにパソコンから更新してみようかなと思いキーボードをカタカタさせてみてるんですが、
いいですねカタカタ!ナイスカタカタ!

まぁそんなことよりも今日は観劇DAYでした。
噂のプロデュース公演と先輩の劇を観に行きました。バイトの皆さんにはすみませんお疲れ様です。

まぁなんというかどちらもわかりやすいかにくいかといわれると、わかりにくいタイプの舞台で、
んー結局なんだったんだろうねとつい同じく見に行った先輩と話してみたりな感じでした。
わかりにくい舞台は、個人的には好きなので、まぁ好きなんですけど、
そういう舞台は3回くらい見たいね。3回くらい見て、あぁあのシーンはこういうことだったんか、と思いたいです。

いや、まぁ、つまりどちらも面白かったんですけど笑
なんていうか、うっわーーー人間っておもしろいなーーー
と思うのと同時に、そうだよね舞台ってほんとうに、ほんとうに何でもできちゃうんだよねーーーー
という、少し忘れていたことを軽く思い出したような感じに思いました。

なんか、
なんて私は「普通こうするよね?」というものしかつくれないんだろうとなんだか思いました。
いや別に今やってる舞台がどうこうではなく、私が踏んできた舞台経験の中の話ですが。
なんでもしたっていいはずなのに、なんで新鮮なものを生み出せないんだろう。
人間ってこんなにもみじめでださくて情けないのに、すんごく愛しくて、それがすごく面白いのに、
なぜそれに気が付くのって難しいんだろうかと。
子供も大人もいつだって泣き叫びたいはずなんだから、泣き叫んじゃえばいいじゃん?って
許してくれる舞台ってなんかすっごくきらきらしているなぁと感じた今日でした。

でも、普通こうだよねの枠からは簡単には抜け出せない気もして。
なんでだろうなぁ。なんでだろう。
普通でいることはすごく賢いことような気がするからかなぁ。

でもなんだかんだ言って舞台を見ると元気が出るので、
また明日からも稽古に励もうと思います〜

うーん
ではでは


回れ回れもっと回れ

February 20 [Fri], 2015, 20:37
色んなことが変わっていくなぁと最近思う。私は何も変わらないのに。
そりゃ生きてるということは変化を伴うに違いないんですけどね。
どうもお梨です。お腹すいてお腹痛いです。これぞ空腹です。

まぁきっと体内のグリコーゲンがグルコースになって頑張ってくれているのでしょう、たぶん。やっぱり昼ごはんを食べるのが早すぎたなぁ、なんて。

変わっていく、ねぇ。いろーんなことが。知っていたり知らない間に。何も変わらないでいるものと信じこんでいるだけなんですね。不思議だなぁ。私は何も変わっていない気がするのに。

もしかしたら私も何か変わったのかもしれないですね。もしかしたら本当に何にも変わっていない人だっているのかもしれないです。わからないなぁ。わからない。

でも色んなことが変わってる。そんな変化をちょっとずつちょっとずつ感じる日々です。

まぁゆうて何も変わらない日々なんてきっと退屈なんでしょうねー
いいバランスで変化を楽しみたくもあります。

今日、風たちぬあるね
のしのし
これがお梨です♪
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:お梨♪
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:11月24日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-今のブームは日常です
    ・ドール-ブライスが好き。シルバニアも好き。リカちゃんも好き。っていうかドールが好き。
読者になる
ご自由にお立ち寄りください! シュールでシュールにシュールなお梨のシュールなブログです。 あ、ちょっとシュールって言い過ぎたかな。 何度も言うとホントに?って感じしますよね。
最新コメント!書いて!
アイコン画像お梨♪
» 今年観た芝居を振り返るの会(後半) (2017年01月09日)
アイコン画像ヒデ
» 今年観た芝居を振り返るの会(後半) (2017年01月05日)
アイコン画像お梨♪
» 脚本のはなし,今年もどうも (2016年11月08日)
アイコン画像ヒデ
» 脚本のはなし,今年もどうも (2016年11月08日)
アイコン画像お梨♪
» ご報告 (2013年03月10日)
アイコン画像えり
» ご報告 (2013年03月09日)
アイコン画像お梨
» これからだって、負けません (2012年06月22日)
アイコン画像あっさん
» これからだって、負けません (2012年06月19日)
アイコン画像お梨
» 無題っていう題 (2012年05月27日)
アイコン画像あっさん
» 無題っていう題 (2012年05月27日)
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
広告
http://yaplog.jp/onashi-mori/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる