武田祐介だけど田浦

December 14 [Wed], 2016, 15:23
妊娠中は太りやすい体になっています。
基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、仮に太っても苦労せず痩せられると思い、好きなものを好きなだけ食べていました。しかし、最終的には15キロも太ってしまったので、料理や掃除といった家事をするのにとても苦労しました。
産後1年になりますが、未だに体重は元に戻っていません。やはり一般的に言われている通り、栄養を考えて食事制限をし、ほどよい運動も必要だと思いました。
妊娠線を作らないようにするポイントは体重が増えすぎないようにする他にちゃんと予防クリームを塗ることが大事といわれていますよね。さらにクリームを塗るときには、しっかりマッサージをするとより効果があります。マッサージをすることで脂肪を柔らかくしておき妊娠線が出にくくすることが期待できます。その際たっぷりとクリームを手にとり、くるくると全体に馴染ませたあと、縦にも横にもマッサージをするのがポイントです。


その時、掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに。
ホルモンバランスが変わるため、妊娠中は精神的に不安定になりやすく、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。



しかし、運動や食事は妊婦さんにとって注意すべき点が多く、中々難しいですよね。思いきって、クラシック音楽鑑賞や普段手が伸びにくい重めの本に手を伸ばしてみてはどうでしょう。



お母さんが教養をつけることは将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。肩肘張らずにトライしてみませんか。妊娠していても旦那様と、愛のスキンシップは欠かしたくないものです。

妊婦だからといってダメなわけではありません。ただし、妊娠初期の段階や安定期の前、出産予定日の近くは避けましょう。
妊娠して間もない時期や安定期の前は流産の危険性が高く、予定日間近は体に大きな負担がかかります。検診で問題がなく体調が良ければ医学的には大丈夫です。


無理なくゆっくりお互いを感じ合うことは愛を育む大事な時間です。


妊娠中は簡単に体重が増えてしまいます。あまり太らない体質で、どれだけ食べたとしても太らず、もし太ってもまたすぐに痩せると思い、量を考えず、好きなものを好きなように食べていました。すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、料理、洗濯など、日常の動きがとても大変でした。

出産してから一年経ちますが、まだ増えてしまった体重は落とせていません。世間一般的に言われている通り、栄養のことも考えて食事に気を配り、適度な運動も欠かさないことが大切だと感じました。私は妊娠中、切迫流産、切迫早産で悩みました。
特に第一子は妊娠中、同居していたため無理をすることが多かったのです。今から考えると同居していた夫の親に気兼ねし過ぎていたのだと思います。義理の両親が高齢なのは言わずもがなですが、気を使うだけではなく、気軽に買い物をお願いしたりすれば良かったと今なら思います。2人目は切迫早産のために帝王切開をすることになりましたが、子供をたった1日で喪失した虚しさを忘れる事はありません。



義理の両親と同居されているママは気兼ねすることなく一緒に生活をしてほしいです。みんなが喜ぶ安産になるよう、たくさん協力してもらってください。
妊娠のしくみを学ぶと妊娠するということがとても奇跡的な事だと気付けるでしょう。


妊娠するには排卵日のたった1日のみ、とても短い期間です。


多くの女性は月経で周期を算出しがちですが、赤ちゃんを望むのであれば重要視すべきなのは排卵日がいつなのかということです。
生理がきたとしても排卵が行われなければ、妊娠することは無理です。
妊娠を望むのであれば、自分の排卵日の周期を理解することから進めましょう。妊娠していても、母子ともに経過が良ければ、担当医から軽い運動で体力をつけるように言われる人もいるでしょう。出産ではとてつもない体力を使うため、妊娠さんは体力作りを意識した生活をしましょう。

さらに、体重の増え方を緩やかにすることができます。

しかし、頻繁にお腹が張るなど安静に努めるよう言い渡されている人は、お医者さんの指示には従ってください。
例外なく、運動は赤ちゃんもお母さんも経過が良好な人が行うものです。妊娠している時にでべそのようになり不安になってしまう女性も多いものです。妊娠後期に近づくにつれお腹の皮膚もそれに伴い伸ばされるので、おへその窪みがどうしても浅くなり、外におへそが出ているような、いわゆるでべそになりやすいのです。


赤ちゃんや子宮が大きくなるにつれ内側からお腹を押し出すようになるのででべそのような状態になってしまいますが、なるのは当たり前なのです。妊娠発覚後、つわりが非常につらかったのと体力的に厳しい仕事だったため、退職しました。



退職される人も少なくないと思いますが、本人が体力的につらくなければ仕事を続けてもいいと思います。

妊娠期間中は葉酸をサプリメントで摂るように先生より言われたので、飲んでいました。



また、貧血気味だったので、処方された鉄剤だけでなく鉄分の多い食材を積極的に摂っていました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒカリ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる