いつの間にかになった メタボ を回避する方法

November 15 [Sun], 2015, 23:29
最近 お腹がドンドン出てきた男性にとって 
結婚前はスリムで健康的だったのに 
結婚したらいつの間にか太ったおじさんになってしまった。

間違いなく 
カロリーの取りすぎって事なんでしょうが・・・そうそうって
思っている人も多いでしょう。

もちろん 
仕事のストレスを食べることで解消しているとか 
運動する時間が学生時代に比べて経た影響もあるでしょうね。

年齢を重ねると 代謝が落ちるのはしょうが無いことですけど 
体重はそんなに増えていないのにお腹だけが出てくる
内臓脂肪型肥満の場合は 特に健康面でも危険です!

そんな 
肥満体型を どう対処したらダイエットできるのかについて 
まとめてみました。?



そんなことで 
まず肥満のタイプについて調べることに。

そのひとによって 
原因は色々あるでしょうが 脂肪のつき方によって
肥満は主に2つのタイプに分けられるようです。

一つは

リンゴ型肥満

・お腹周りや上半身を中心に脂肪が多い

・生活習慣病に直結する

二つ目は

洋梨型肥満

・お尻や下半身を中心に脂肪が多い

・生活習慣病には直結しない


特に この中で心配なのが
全体的に脂肪がついていてお腹周りにも脂肪がついている皮下脂肪型肥満よりも 
内臓の周囲を中心に脂肪がついた内臓脂肪型肥満の方で
いわゆるメタボと呼ばれる内蔵脂肪型肥満が悪いと言われています。

内臓脂肪による肥満の場合

高血圧や脂質異常症 心疾患に脳卒中などの
生活習慣病のリスクが高いですね。

痛風や糖尿病、大腸がん、アルコール性肝炎なども含まれる生活習慣病と言われていますが 
ゆっくりと進行していくので分かりづらいんですが 
ある日突然死につながったりする可能性も高いのが怖いところなんです。


そんな恐れがあるので 
ダイエットをして少しでも健康に長生きするように
気をつけたいものです。



その対策としては

生活習慣の差でも体型が変わってくるので

お風呂でしっかり体を暖めること

姿勢を意識して普段から腹筋に力を入れる


そう言った 
日常生活から痩せやすい習慣
取り入れることにしています。

とは言っても 
生活習慣を変えるには最低でも
1ヶ月くらいはかかると思って
ゆっくり変える気持が必要です。

そして 
食事については 量やカロリーを減らすのも重要ですが 
食べる内容や食べ方を変えるようにしました。

食事の内容などの細かいことでは

例えば タレより塩にする

しっかり噛める食材を食べる

温かい料理を出す

ご飯はなるべく 玄米を食べる


などの 
食生活も少しづつ替えるようにしました。

そして 
代謝を上げるためには 
やはり筋力をつけることが必要ですね。

折角ダイエットの効果が出ても
維持できるほどの筋力が無いと
代謝が上がらないからですね。

実は 
ココまで書いたことは 
[ライザップスタイルプログラム]で体験したことを 
まとめたものなんですね。

ライザップスタイルプログラムでは 
食事の管理についても炭水化物カットなどの食事制限があり 
毎日の食事をトレーナーに報告するとアドバイスが貰えた経験から 
まとめたものなんです。

そんな考え方と筋力トレーニングの方法を
身に付けるためには ライザップスタイルプログラムを体験するのが一番ですね(^^♪

最近 
公式サイトを見ると通えない人のために自宅でも糖質制限を
プロの監修の元でライザップのトレーニングを 
自宅で指導受けられるプログラムがあるんですよ(^_-)-☆

それに ライザップへ通うよりも ライザップスタイルプログラムは遥かに安いですよ(^^)