【 更新情報 】

スポンサードリンク

お腹の引き締め対策

どんなことがお腹の引き締めにいいでしょうか。基礎代謝の活発な体質になることが、男性のお腹引き締めの早道といえます。安静にしていても消費しているエネルギーが基礎代謝で、15歳〜17歳の頃が最も多く、年を取る毎に少しずつ減っていく性質があります。若い頃と比べて太りやすくなったと感じるなら、それは加齢によって基礎代謝が低下し、燃焼できるエネルギー量が減ったためです。思春期の女性は女性ホルモンの分泌が盛んになり、体型に女性らしい丸みが出てきます。その時に皮下脂肪が溜まりやすくなり、太りやすくなります。妊娠や出産期は太るきっかけになります。更年期には、中高年の女性は特に閉経後は、本来筋肉になる栄養素が脂肪として蓄えられる様に変化し、さらに太りやすくなります。お腹の引き締めは、男性より女性の方が気合いを入れて取り組まなければならないというわけです。内臓脂肪は、皮下脂肪よりは燃焼させやすく引き締めやすいという特性があります。内臓脂肪を燃焼させるために必要なホルモンや酵素はごく近くに存在するので、皮下脂肪よりは内臓脂肪の方が燃やしやすいといいます。お腹を引き締めるには、適度に体を動かして体内のエネルギー消費を生み出すことです。内臓脂肪はエネルギーとなることで分解されます。一定時間以上有酸素運動がお腹の引き締めには効果的です。ウォーキングやジョギングなど、毎日の習慣に組み入れてみましよう。

お腹の引き締めをする時

お腹の引き締めの必要性を感じるのはどういったことからでしょう。体重を落とすために専門医にかかる方が増えていますが、薬で肥満がどうこうできるものではありません。睡眠時間や食事時間が不規則にならないように心がけ、体を動かすことで肥満防止に効果があります。医療の専門家によってMRIで体脂肪の状態を確認し、適切なダイエット方法を教えてもらえるのです。健康を損なうほどに内臓脂肪が多い場合は肥満と診断され、健康維持のためにも痩せる必要が出てきます。CTスキャンで腹部の状態を確認することで、体脂肪計だけではわからない内臓脂肪のつき方や量を把握することが可能です。ウエストとヒップの比をとるとおおよその目安が分かります。男性はウエストとヒップの比が1.0以上、女性は0.8以上になると危険信号です。ウォーキングや腹筋運動が、お腹の引き締め効果が期待できます。運動をする時は心臓や筋肉、関節などに負担をかけすぎないよう気をつけながら、適切な運動量を継続して続けるようにしてください。体内の脂肪が積極的に使われるよう、毎日有酸素運動をしましょう。脂肪が燃焼しやすい体質になれば、お腹の引き締めもスムーズに進みます。忙しくてなかなか運動の時間が確保できない人は、お腹引き締めに車を使わず徒歩や自転車に切り替えて見たり、積極的に階段を使うなどの工夫も大事です。不規則な生活やストレスもお腹の引き締めには大敵ですので、健康的な生活を心がけましょう。

お腹を引き締める運動

部分ダイエットを目指す場合、最も手軽な部位にお腹の引き締めがあります。お腹に脂肪が蓄積されるのは筋肉が弱いためであり、鍛えると顕著に引き締まります。過剰なカロリー摂取や運動をしない生活を続けていると、使い切れないカロリーが脂肪としてお腹に蓄積されます。また、年齢と共に基礎代謝量は低下しますので、若い頃よりも食事量は減っているという場合でも、使わないカロリーが多く脂肪が増えてしまうということもあります。ダイエットのために摂取カロリー減らす方法もありますが、食事を減らすだけのダイエットはリバウンドのリスクがあります。身長×0.38よりウエストサイズがある方はダイエットの必要があります。毎日の腹筋でお腹を鍛え、引き締めましょう。メタボリック体型とされる条件は幾つかありますが、男性の場合はウエスト85p、女性の場合は90p以上とされています。お腹周りとはウエストのくびれた部分ではなく、へそ高さを計測して結果が最も太くなる部分を示しています。メタボリック症候群の基準は、上気の腹囲に加えて、高血糖か高血圧か高脂血症のうち2項目以上に当てはまっている人とされています。メタボリック症候群になると動脈硬化のリスクが高まり、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなるといいます。メタボ予防、メタボ改善としてお腹を引き締め、動脈硬化リスクを軽減したいものです。腹筋の内側の内臓脂肪は内臓の位置をキープしたり、クッションの様な働きにより内臓を守る役割があります。内臓脂肪がつき過ぎると生活習慣病になってしまうので、お腹の引き締めるための運動を行いましょう。
P R
カテゴリアーカイブ