意外と真面目な就活の話。 

March 21 [Mon], 2016, 1:09
進学とか就職とか…生活の変わるシーズンになりました。


インターン等で学生と関わることが多くなり、就活が…とか、どうやったら(この業界に)就職できますか?と聞かれる機会が増えました。

学生時代に芸大でもない大学で芝居に関わりはじめて、
広告代理店勤務を経て劇場プロデューサーになる、
という変な経歴を持つ私が自信をもって言えるのは、
舞台の仕事でもそうでなくても
現実を受け入れて分析すること、
その上で努力することを諦めないことだけが、
自分の道を切り開く、ということです。

現実ってことばは条件、と同じかもしれません。自己分析なんてよく分からない心理テストより、現実、のがよっぽど役に立つ、と30過ぎて思います。

例えば、
私の場合、芸大に行けないコネもない才能もない貧乏性の米屋の娘で器量も男受けもまったくよろしくない代わりに、実家が名古屋市内で幸い両親も早く帰れとか早く結婚しろとか言わなくて、地元出ることに抵抗がない、とか。
私は上記条件(現実)でしたので、学生時代後半に20代で芸大卒業生をライバルにしたら絶対に勝てない、今続けたら使い捨てのスタッフのひとりでしかないと痛感し、30歳までは会社員をやって芸大生やアルバイトしながら芝居を続ける人にはできない経験やスキルを身に付けよう!と決めて、広告の仕事に臨んだのでした。会社員としての経験は今の仕事に案外生かせることも多く無駄はなかったなぁ…と思う日々です。

現実や条件って人によって様々で、親が業界人なのも、会社の社長なのも、実家暮らしできるのも、引っ越し自由なのも、結婚したいのも、彼氏と別れてでも自分のしたいことを選ぶのも、車のれるのも、ひとり旅が得意なのも…何もかも現実、で、条件、で、才能。
無い物ねだりしても手に入らないし、だれも魔法は使えない。

そう割りきった上で、じゃあ、どうする?
どれくらい時間かかる?って考えて動けば、
割りと現実側が寄り添ってきてくれる(と思う)。現実には決して甘えられないけど、意外と辛いだけ、ってわけでもない。
感覚的には現実に乗っかって、スキを突いて、上手くねじ伏せて行く感じに近い。


あとは、
qinadaの三好さんがいつもワークショップで仰っている「遅刻しない」「倒れない」「嘘をつかない」の三つかなぁ。
制作だけじゃなくて社会人一般に大事な三原則なので心に止めておいて損はない。

学生の時に思っているより社会人として過ごす時間は長いし、道もいっぱいあるので、
思い詰めずに生きる道を探してほしいなぁ、と思う今日この頃です。

と、いろいろ小難しく書いたけど、要は、
とにかく生き残れ!Surviveしろ!ってことです。
これからの時代、若者は常に少数派だけど、
それでもライバルが少ない分、出来ることも多いはずなんだから、
一緒にSurviveしよう。
いつも、そう祈っています。(誰かに伝わりますように。)


参考:舞台で働くために必要なこと→過去記事

劇場、ただ今準備期間中・・・ 

March 15 [Tue], 2016, 12:23
三寒四温をぐるぐるしてるうちに
あっという間に春が追っかけて追いついてきました。



劇場は、といえば新年度(4月から)の準備で何やら落ち着かない日々です。
私もオーストラリアから戻って3月のマレビトの会の受け入れ準備は進めつつ、
メインは4月以降の仕事の準備をガシガシ進めています。

今年の私の担当企画はミニセレの演劇ものだけでなく、ダンスや大ホール公演、
劇場外での連携公演も入って来てまた新しいチャレンジの年になりそうです。

4月、5月の公演のチラシは早速出来上がってきました。

『アルヴィンスプートニクの深海探検』で絶賛の嵐を巻き起こしたTIMWATTSの新作
『It'sDarkOutside』




全国規模で活動しながら名古屋発上陸の木ノ下歌舞伎『渡海屋』
こちらは名古屋(愛知県芸術劇場)公演と、豊川公演の2公演!


次に控えるのはNoism劇的舞踊 『ラ・バヤデール』です。

気が付くと、夏!!ってな事になってしまいそうなので
ぼちぼち余裕を持って進めたいと心しております今日この頃です。

ちなみに、AAF戯曲賞の募集準備もぼちぼちと進んでおります。
リニューアル2年目、どこまでブラッシュアップできるか頑張ります。

ブリスベン、APAMへ。 

February 26 [Fri], 2016, 21:00

初オーストラリア!
オーストラリア東側のリゾート地(?)ブリスベンにAPAM(オーストラリアパフォーミングアーツマーケット)に参加しに行ってきました。





公演のショーケースだけでなくプレゼンテーションdayなどもあり、TPAMやPAMSより商談的な雰囲気が強かったですが
参加者はオーストラリアとアジア系が殆どでフレンドリーでわりと居ごこちのよいマーケットでした。
アジアオセアニア文化圏、という感覚で話せてなかなか面白かったです。
フィジカルシアターが流行りということで、演劇ものはイマイチでしたが、映像を取り入れた子供向けは面白いものが多かったです。

5月に来る「It's Dark Outside」で来日する役者さんとも話せて、日本ツアー楽しみにされてることが伝わってきて、こちらも受け入れ楽しみになってきました。


シアター帰りに毎日使ったフェリーから夜景。この時だけがのんびり観光時間でした…正味15分(笑)

学生時代からの愛読書「ハネムーン」(よしもとばなな)の地、ブリスベンに舞台の仕事で滞在する日が来るとは…
本当に人生何が起こるかわからないもんだなぁ…と噛み締める日々でした。

さて!冬の日本に帰ったらがっつり働かねば!

制作者として、プロデューサーとして。 

February 15 [Mon], 2016, 8:36
制作者として10年、プロデューサーとして1年半。
似ているようで真逆な二つの仕事がやっと切り替えながら出来るようになってきた気がします。

制作はプロダクションピラミッドの一番下、すべての無理の受け皿みたいな場所ではじめから最期まで一番広く走り回る何でも屋。できる限りNOを言わず全体が進むように力を尽くすお仕事。
プロデューサーはピラミッドの上にある北極星で、プロダクションそのものの大きさを決めて形をデザインし成立させてゴールを指し示し、道を間違えそうになったらNOを言うのがお仕事。

プロデューサーとして仕事をさせていただくようになってから、信頼できるチーム作りの大切さを痛感し、
自分が本当に周りの方に恵まれていることに日々感謝しています。

今年になってから、山本の動き(見に行った舞台や活動)をFacebookに上げるようにしています。
今、自分がプロデューサーとして少なからずプログラムを考えて決める立場なので、少なくともこういうのを見て動いて考えてます、ということをオープンにすることがフェアかなと思ったからです。
また、前の会社から転職するときに何人かの方から「これからは(劇場に入るから)前ほど色々出掛けられなくなるね」と訳知り顔で言われたという事があって、前以上に動き回っている自分の様子をオープンにすれば「仕事は自分で作るものだ!」ってことが後輩たちにも伝わるかなぁ…と思ってのことです。

来週はブリスベンに、オーストラリアのパフォーミングアーツマーケットに参加しにいきます。
これも、広告代理店時代に海外と仕事をしていたこととTPAMで短期アルバイトをさせていただいたことがきっかけで、海外のフェス(見本市)にも興味を持つようになって、仕事として認めていただき行けるようになりました。

よく言われることですが、仕事って自分で作っていくものだなぁ…とひしひしと、感じます。「これまではそんなことやってない」「あそこは(あの人)は特別」って言うのは逃げでしかなくて、仕事に向き合って先のビジョンを持っていれば切り開いていけるのだと。そのビジョンを持つためには(私には)チームが必要なんだ、とやっと分かってきました。

まだまだ学びたいこと、やらなきゃいけないことが沢山あることに感謝して、
日々精進です。
ましまし。

2015年舞台best5、ほかほか。 

January 01 [Fri], 2016, 18:47


快晴の元旦・・・もあっという間に暮れて
2016年も早速一日が過ぎ去ろうとしています。
このスピードで一日が終わっていたら確かに1年あっという間に終わってしまうのも納得。のスピードです。

納得している場合ではない!ので1年の初めの一日の終わりに、昨年の舞台振り返り、など、をば。

2015年印象に残った舞台best5 …といいつつ絞り切れず6団体7作品。
・地点『三人姉妹』『ミステリヤブッフ』
・劇団きらら『僕の、おばさん』
・ふじのくに⇔せかい演劇祭2015『例えば朝9時には誰がルーム51の角を曲がってくるかを知っていたとする』
・捩子ぴじん『 Urban Folk Entertainment 』
・指輪ホテル『あんなに愛し合ったのに〜津南町大倉雪覆工篇』
・岡田利規『GodBlessBaseball』

特別枠
・範宙遊泳『幼女xの人生で一番楽しい数時間』
・飴屋法水『ブルーシート』

「生きていかなくては。・・・私たちは生きていかなくては」
刻一刻と変わる世界。客席に座って外界から隔てられ、扉をあけて出ていく瞬間にまだ同じ世界が続いている保証がどこにあるだろうか。圧倒的な不安の中で、漫然と足掻くように日常を続ける私に、暗闇の中でも一歩踏み出し先を見ようとする作品にかすかな光を見つけ出す日々でした。

***
一年を振り返って。。
→昨年1月に書いた2014の舞台best5と新年に寄せて←に書いた通り、2105年は2月の地域創造の劇場関係者向けWS以後、とにかく現場で新しいことに挑戦する、'実践’の一年でした。
「パブリックイメージリミテッド」からスタートした新しいチームで新しい挑戦を沢山させていただきました。2016年は取り組みを深めたり高めたりする’深化と伸化’の年にしたいと思っています。
担当事業数も増えますしトリエンナーレもあり、忙しい一年になりそうですがスピード感がバタバタ感にならないように!感謝を忘れずに、頑張ります。

**
昨年独学を再開した仏語。検定5級、4級を受けて運よく(本当に運よく)受かったので気をよくして
今年は中国語を復活させようかなと思います。
その前に英語のひどさを何とかしないといけないのです。。
来月、オーストラリアの港町ブリスベンのフェスに行く予定です。夏のオーストラリア!

新年 

January 01 [Fri], 2016, 0:02

あけましておめでとうございます


昨年中も本当にあっという間で
気がつけば12月だったんじゃないか…という勢いで一年走り抜けてきました。
本当に恵まれている場所と立場でで、奇蹟みたいな出会いに囲まれて仕事をさせていただいていることに心から感謝して、
今年もただただ真剣に、謙虚に、熱意と冷静さを忘れずに、できることを最大限、頑張っていきたいと思います。

2016はもっと慌ただしい一年になりそうです。
スケールアップを目指します。


色々な、賞の形。(AAF戯曲賞、北海道戯曲賞、ほか) 

December 17 [Thu], 2015, 11:23
愛知県芸術劇場の演劇事業の大きな要、第15回AAF戯曲賞の受賞作が決まりました!


大賞『みちゆき』 作:松原俊太郎
特別賞『ダム湖になる村』 作:深谷照葉

2度の審査会を含めて審査員の4名の方に本当に一から(募集前)から集まっていただき
愛知が「劇場」という場として戯曲賞を行う意義を一緒に考えて頂いて、
応募作品全作品読んでいただいて選んでいただいた受賞作です。



「賞」というものには、きっと毎年色々なドラマが生まれるのだと思うのですが今年は劇的な変革の年だったので山また山、谷また谷、大波小波!を乗り切っての表彰式でした。
今までひっそりと審査、受賞作決定をしてきた戯曲賞でしたが、戯曲賞は作家の為だけでないはず!演劇そのものを「戯曲」を切り口にみんなで考える機会にする!ことをコンセプトにトークやリーディングカフェ、ギキョク講座、高校生向けのワークショップなど、色々な’触れ合える機会’を創りました。
最初は「何を始めたんだ・・」的な雰囲気のイベントでしたが、怖いもの見たさで遊びに来て下さった方には「意外と楽しかった!」という感想を持っていただいたような時間をしております。
そして、そんな事前の担当者の小細工は吹っ飛ばすような審査員全員トップギアの『公開審査会』。
世界の最前線で活躍する審査員の皆さんが戯曲に向き合う姿をお見せできたのが本当に良かった、と思ています。
戯曲=言葉と向き合う事が、演劇と、舞台と、そして私とあなたと、生と死と、世界と、向き合う事につながると信じて。
来年の公演に向けて、そして、来年度の募集に向けて準備をスタートしていきます。

***

そして、
同時期に審査が進んでいた『北海道戯曲賞』の受賞作の決定の評も聞こえてまいりました。
大賞無し、でしたが
優秀賞に、昨年AAF戯曲賞に『踊り場の女』がノミネートされた池田美樹さんの『ぼくの、おばさん』が選ばれました!!

池田さんの作品は去年の『踊り場の女』が個人的にとても気になって今年の劇団きらら『ぼくの、おばさん』東京公演を観に行きました。
(良い意味で)地方で続けている方ならではの圧倒的な’人間くささ’を感じられる言葉を書かれる作家さんで、
新進の若手の作家とはまた違う、人間に対する厳しくも温かい目線があって、何か励まされるというか、熱量が伝わってくる、というか、とても素敵だなあ・・と思ったのです。
今年受賞されて多くの方に彼女の戯曲が読まれる機会になる事がとても嬉しいです。
→北海道戯曲賞受賞作決定←

南出さんも、以前AAF戯曲賞にノミネートされた作品を
長い間丁寧にブラッシュアップされて、応募されての受賞との事。
一つの事に向き合い、続ける事の大変さ、大切さ、を教えて頂いたという気がしています。

***
同じく、嬉しい受賞のお知らせ。

G/PITさんが主宰される名古屋演劇杯の俳優賞に名古屋演劇教室2期生の川本麻理那さんが選ばれたそうです。

私は最近名古屋の公演を観に行けていないし、賞自体もあまり経緯を知らないのであまり言葉にできる立場にはないのですが、
川本さんにはいつも陰ながら頑張れー!と思っているので朗報を聞けることが大変嬉しく。
彼女は演劇教室卒業後に「大学を卒業しても俳優を続けたい」ということで、当時、代理店での営業を続けながら制作として活動していた私に相談してきてくださって、私も私の経験なりのいろんな話をしたことがあり、
今やあおきりみかんの看板女優となった彼女に、本当に良かったと思い、そしてこれからも活躍して−!と勝手な期待をかけてしまうのです。
エンタメ情報SPICE記事「第2回「名古屋演劇杯」終幕。栄冠を手にしたのは…」

こうやって色々な人が、色々な場所で頑張っているのを聞くと、自分も頑張らねば、と思います。
そして、私はがんばる人を応援できて活躍のきっかけになる「場所」でありたいなあ、とつくづく思うのです。

気づけば2015年も年末です。
一年の締めくくりまで、カウントダウン。てくてくコツコツ・・・

第15回AAF戯曲賞ノミネート作公表。 

November 17 [Tue], 2015, 0:28


すっかり、晩秋とか、小春日和、とかが似合う季節になりました。
劇場は秋の芸文フェスシーズンでバットシェバ舞踊団「デカダンス」、ミュルミュルミュール、オペラガラWithパイプオルガンコンサート、と立て続けの公園が一段落して、一旦落ち着いた雰囲気になっています。
文化の秋シーズンなので貸し館としては稼働率もピークで、地元中学の合唱コンクールから大ホールのバレエ公演など劇場は毎日賑やかです。

そんななか、第15回AAF戯曲賞ノミネート作品(二次審査通過作品)が発表になりました。
劇場公式HP
『居坐りのひ』 杉本奈月
『ガベコレ〜garbage collection』 林慎一郎
『ダム湖になる村』 深谷照葉
『ヘイセイ・アパートメント』 山田由梨
『みちゆき』 松原俊太郎
リンク先のページから、応募作品のPDFもご覧いただけます。

そして今年は公開審査会だけではなく、色々な形で戯曲を読む楽しみを知っていただきたい、と思い参加企画を準備しました。
4日にはお馴染み「読む会」の師匠でもある奥野さんをお招きしての企画「リーディングカフェ」で候補作を「読んでみる」。
そして
5日には「戯曲」にまつわるトークセッションやテーブルトークを。

戯曲をマニアックとは言わせない気合いに満ちております…あとはどれだけ伝えられるか、なのですが、私の気合いはさておき、
一つ一つかなり面白くて刺激的な時間になるのは間違いないと思います。
戯曲って言葉だと難しく見えるけど台本、言葉、テキストって言い換えたらとたんに身近なものなので、ちょっと手を伸ばして興味を持っていただけたら、と思って企画しています。
はて!
倒れている暇はないので頑張らねばー!

(無題) 

October 17 [Sat], 2015, 10:59
ぐったりするような事が続きます。
名古屋市民会館(特殊窯業市民会館)の指定管理の入札で来年からの運営が名古屋市文化振興事業団から民間業者さんに変わることが決まりました。
図書館のTSUTAYA委託問題と根っこは同じで、自治体側(設置団体)がどういう政策として運営してほしいか、あまりにも無関心すぎるんですよね…ほんとは地域ごとに状況も課題もぜんぜん違うし、劇場や図書館が主体的に公共性を持って役割を果たす時代に入っているのに。

「文化関係はもともと赤字だし、ただやらないとも言えないから予算の範囲内でまあ適当にやっといて!(ただし予算増やすつもりはないし予算が少なくなればより良い)」
っていう行政側の声が透けて聞こえます…空しいなぁ…

そもそも、市民(住民)側に文化=余暇というイメージが強すぎる。
社会がひずみすぎて既に福祉や教育の領域に入り始めているんだけど、伝わっていないんだなあ、と思う。
さいたまのNPO法人指定管理者取り消しの話もあり、どうにもやりきれないなあ、とも思う。
まあ、やり切れないって言っていてもしょうがないので、
地道に、出来る事を、やっていくしかないのです。

決して考えることを止めないように、
疑う事を止めないように、
先を見ることを忘れないように、
足元を感じることを忘れないように。

意外と筋トレみたいなもので、地道なことの繰り返しこそ大きなうねりを作るって
信じてやっていくしかないんだよなあ。

芸文祭のスタート 

October 06 [Tue], 2015, 1:05
て範宙遊泳『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』公演が無事終宴し、
あっという間に劇場は秋の芸文祭シーズンに突入しました。


明日からフォーラムではインスタレーション作品『観客にとっては“不意打ち”、歩くものにとっては“成果”』を中心にした『あるく劇場』がスタートします。

(制作中のようす)
明後日はバットシェバ舞踊団『デカダンス』、週末には子供と大人と一緒に楽しめる『ダンジョンDE音探し』『さがしてみようここどこ』も。色々あります!
21日にはフランスのアートサーカス『ミュルミュル ミュール』 もやってきます。

頑張らねば!
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/on-catwalk/index1_0.rdf