【 更新情報 】

スポンサード リンク

アンパンマンオムツについて

GENKIのアンパンマンのオムツってありますよね。私も小さい頃はアンパンマンが大好きだったので、私が小さい時にこのGENKIのアンパンオムツがあったらは使いたいって思ったかもしれませんね。
 実際にこのGENKIのアンパンマンって使い心地とか機能とかってどうなんでしょうか?
価格的にみたらやっぱりこのアンパンマンオムツは割高って声がおおいですよね。紙オムツは消耗品ですので、紙オムツにかかる費用は極力抑えたいってのが本音ですもんね。私の友人には激安な紙オムツを探すのが趣味だわって言う人もいますし^^;
 オムツのモニターに参加されている方には、子供がこのGENKIのアンパンマンオムツを着けたがらないって言っておられた方がおりました。詳しく話を聞くと、このアンパンマンオムツを着けたらアンパンマンがおしっこや便で汚れるからかわいそうって子供が思うらしく、着けたがらないんだそうです。一見小さな子供なら誰でもアンパンマンオムツは着けたいだろうって思いそうですけど、子供ほど繊細な心を持っているので、なかにはこのようにアンパンマンが可哀そうって理由で着けたくないお子さんって結構多いらしいですよ。

オムツかぶれの原因

オムツのモニターを体験している方の報告で、どこのメーカーとか関係なく悩まされるのが、紙オムツを使用しているうちに出来てしまうオムツかぶれの問題があります。
 紙オムツや布オムツなど、おむつ自体に原因があったり問題などがあるわけではないようで、オムツは長時間使用するので、そのオムツを使用している時間中に排泄されたアンモニアを含んでいる尿や、酵素が含まれている便に、赤ちゃんの敏感な肌が触れることで生じる発疹が問題のようです。モニターさんの中には、オムツかぶれの原因がそのメーカーの紙オムツだと思いこみ、たくさん色んなメーカーの紙オムツを使用したけど、一向にオムツかぶれが改善されなかったというお話をされていた方がいます。ですから、オムツかぶれの原因が何なのかキチンと知っておかないと、オムツかぶれの予防や対策の遅れにも繋がるので、注意していただきたいところです。
 実際にオムツかぶれになると、ただでさえ敏感な赤ちゃんの肌が真赤に腫れますし、そのオムツかぶれになった部分を触ったり、お湯や水で刺激されると、痛みを感じて泣き出したりすることがあります。ですから、オムツかぶれになった際のお手入れには十分気を使って行うことが大切ですね。

オムツは紙オムツか布オムツか

オムツのモニターをやっていて、一緒に参加されたモニターさんの中には、紙おむつと布オムツの両方を併用している方がいましたが、みなさんは紙おむつと布おむつのどちらを使用していますか?
 また、どちらが赤ちゃんにとってはいいんでしょうか?
簡単に紙オムツの布オムツの長所と短所を挙げてみると、まず費用の面から考えると紙オムツは使い捨ての為に経済的にはあまりよろしくないですのね。それに対して布オムツは繰り返し使えて経済的だと思います。次に、使い勝手の面を見てみると、紙オムツは洗濯の手間がなくて非常に楽ですね。外出中にも用意することは可能なので、持っていかなかったり無くなったりしても心配ありません。しかし、ゴミが増えるという問題はありますね。布オムツはというと、洗濯の手間がかかります。洗濯代が若干かかる。出かけている際の洗濯物がちょっと心配という点はあるかと思います。
 オムツはずれという点から見てみると、紙オムツの場合は、濡れた不快感を与えにくく、遅くなることが多いですね。それに対して布オムツは、濡れたときの不快感が大変強いので、早く外れることが多いと思います。
それ以外を考えると紙オムツは排便の状態をあまり見ることが少ない事に対し、布オムツは排便の状態を観察する機会が増えるので、健康管理がしやすいというメリットがあります。
 こういった面を踏まえて考えてみると、手間と費用の面を考えるとどっちつかずのような気もしますが、赤ちゃんの事を考えるなら布オムツがいいのかなって感じはしますよね。
ですから、外出の際は紙オムツで、家で育児をする際は極力布オムツを使用するというのがいいのかもしれませんね。

便利なオムツポーチ

外出する際にも赤ちゃんは排便をするのでオムツ交換はすると思いますが、そんな時に役立つのがオムツポーチですよね。オムツを取り替える際にとっても助かる便利グッズです。このオムツポーチのような育児グッズは、赤ちゃんが生まれる前に揃えておくといいですね。
 お出かけの際にあまり大きな荷物って持ち歩きたくはないので、オムツポーチにかさばるオムツをまとめて入れておけるので、このオムツポーチ1つでトイレに持っていけるのでとっても便利です。オムツポーチの中には、使用するオムツだけではなく、ローションのミニボトルや、おしりふきなどのケア用品をまとめて入れておくと便利ですね。赤ちゃんはオムツかぶれしやすいので、赤ちゃんを守るために頻繁なオムツ交換って重要ですけど、このオムツポーチがあればどこにいっても安心ですよね。それと、マザーズグッズとお揃いにすれば可愛いいしとってもオシャレですね。
 オムツモニターで仲良くなった方たちの中では、オムツポーチを手作りで作っている方が結構いらっしゃったので、大変驚きました。
そのモニターさんに聞いたら、今はネットで手作りのオムツポーチの作り方を教えているサイトや、オムツポーチを作るための生地を販売しているサイトなどもあるようなので、オリジナルな自分だけの可愛いオムツポーチを簡単に作れるのだそうです。

オムツ交換に悩まされて

オムツのモニターをやっていて、そのオムツがいいのか悪いのか考える前にオムツ交換そのものがまず大変ですよね。たくさんのモニターさんの感想の中には、オムツ交換の際のポイントやアドバイなどを教えてくれる方もありますが、みなさんはオムツ交換で楽に交換させる秘訣とかってありますか?
 私の場合、子供がオムツ交換の際にハイハイはするし、つかまり立ちや伝い歩きをしたりと、とても動きまくって大変でした。元気がいいのは大変喜ばしいことなんでしょうが、便をしたときのオムツ交換がとても大変で困っていました。仰向けに寝かせると嫌がってすぐに寝返りをして座ってしまうし、ハイハイをして逃げていってしまってます。まだ固形の便ではない時期の時なんかは、動かれるとそこらじゅうについてしまってほんとに大変でした。立たせてお尻を拭いてもきれいにとれませんでしたし。
 私はモニターに参加されている他の方たちのアドバイスを参考にして、オムツ交換の為のとっておきのアイテムを用意しました。
それは、オムツ替え専用のおもちゃを用意したんです。ウチの子供はアンパンマンが大好きなので、其のおもちゃはアンパンマンにしました。もちろんそのおもちゃを子供の前に出す時はオムツ替えの時にしか出しませんでした。それで、仰向けになって遊んでいるうちに、頑張って素早くオムツ交換をするようにしました。
 以前に比べたらだいぶオムツ交換がしやすくなった気がしますね。でも、たまにオムツ交換しようとする時に逃げられますが、そういう時は音の出るおもちゃ(これもオムツ替え専用)で気を引いて頑張って再チャレンジしています。