クフフのフ〜僕と契約〜 

February 03 [Sun], 2008, 1:07
まさか僕がこの手で 君に触れるなんてね
君はその甘さゆえ 僕に乗っ取られる

ごらん僕のオッドアイ 怯えた顔うつすよ
会えてうれしいですよ なんてベタすぎです

さあ僕と 契約しませんか?
記憶なくす その前に

クフフ クフフ クフフのフ
躍らせてあげますよ 霧のカルネヴァーレ
純粋で美しい 世界になれば
あやつられた君は僕と 永遠のサンバ

楽にしてあげますよ 君が願い乞うなら
一瞬でいいですか? おやおや永久(とわ)にですか?

泣くなんて 理由がわからない
僕が悪い みたいです

クフフ クフフ クフフのフ
気付かせてあげますよ 君の運命を
ステップを踏みながら 壊れ始める
かなしい瞳(め)の君は僕の 愛しいおもちゃ(ですかね)

さあ僕と 契約しませんか?
記憶なくす その前に

クフフ クフフ クフフのフ
躍らせてあげますよ 霧のカルネヴァーレ
純粋で美しい 世界になれば
あやつられた君は僕と 永遠のサンバ


Sakura addiction 

February 03 [Sun], 2008, 1:06
桜咲く 舞い落ちる 何も無い ぼくの手の上
儚くて 優しくて 壊れそう きみみたいな花

いつもの改札を 擦り抜けて行くあの子はそう
輝く目をして 毎日何か掴み取って行くんだ

ぼくはと言えば 何にも無い毎日繰り返して
冷えた心持ってさ 花開く瞬間探して目を閉じる

桜咲く 舞い落ちる 何も無い ぼくの手の上
儚くて 優しくて 壊れそう きみみたいな花

汚れたスパイクなら 心の奥に仕舞い込んだ
「これでいいんだよ」と 過ぎいく春の逃げ道 探してるんだろう

無くして 諦めたボール
見つけてくれたのは きみでした

春が来る 咲き誇る グランドが 風に揺れる
踏みしめて 泣き出した 溢れそう きみみたいな花

此処に在る 忘れ物 取りに来た ぼくの手の
儚くて 優しくて 壊れそう きみみたいな花


friend 

February 03 [Sun], 2008, 1:05

負けないで どんなに 向かい風でも
ほら、世界はいつも 君の味方だから

今まで気づかずにいた 大切なもの
こんなにも近かったね
くじけそうになった朝も いつも笑顔の
あたたかい仲間がいたんだ

だから 昨日より強くなれる
風が運ぶ 夢のタネが
「希望(はな)」を 咲かすまで

負けないで どんなに 向かい風でも
ほら、世界はいつも 君の味方だから

未来は信じることと 助けあうこと
ほんの少しの勇気で
変えてゆけるよ 誰もが 特別だから
決して夢 あきらめないでね

だから みんなのため 強くなろう
虹のむこう 光る明日が
待っているんだから

さあ振り返らずに 向かおう あの場所
まだ見たこともない 次のドアを開けよう
負けないで どんなに 向かい風でも
ほら、世界はいつも 君の味方だから

こころ ひとつになる
みんなの まん中に
ずっと 君がいる
これからも そうBest Friend

さあ振り返らずに 向かおう あの場所
まだ見たこともない 次のドアを開けよう
負けないで どんなに 向かい風でも
ほら、世界はいつも 君の味方だから


Echo again 

February 03 [Sun], 2008, 1:04

高いビルの間の月が
暗い部屋の窓に浮かんでんだ
遠いきみから届いた手紙を
そっと 声に出してみたんだ

旅立つぼくを見送ったきみが
まぶたの裏に滲んでは消える

逢いたい夜を越えて もっと
触れていたいきみに もっと
ぼくの中の闇はいつだって
きみじゃなきゃ消えなくて
伝えられることは きっと
ありふれてる愛の言葉だけ
I don't want to miss you any more
愛しく思うほど Echo again

長い電話のあとはいつも
忘れてた 約束を思い出すんだ

夜と明日の衝突地点で
待ち合わせよう 夢の中で逢おう

逢えない夜を越えて もっと
輝けたらきみを もっと
照らし出せる
闇を引っ掻いて この光を放って
張り裂けそうな声が きっと
きみの元へ夜を駆け抜けて
I don't want to miss you any more
この声が届くなら Echo again

I just call to you 全ての距離を越えて
You just call me,
You just close to me
受話器の向こう 繋がる夜の空に
同じ月を見てた

逢いたい夜を越えて もっと
強くなれるぼくらは もっと
独りじゃない
愛は何時だって この胸を焦がして
次に逢える時は きっと
砕ける程ぼくら抱き合って
I don't want to lose you any more
決して離さない Echo again


ONE NIGHT STAR 

February 03 [Sun], 2008, 1:02
すべてが 変わりゆく この世界で
あなたと 僕だけは それを見ていた
すべてが 同じに見える 世界で
あなたと 僕だけは それを知っていた

涙して あなたを 思う時は
その脇には 赤いギターがあって
僕として あなたの 未来きっと
輝くこと そっと 歌うだけさ

今も心にはね 映る ONE NIGHT STAR ONE NIGHT STAR
愛の歌はまたね できず ONE NIGHT STAR ONE NIGHT STAR

そして 夜眠れずに 見えた空は 光る星が
暗闇に開いた 光の穴と思う
震える肩抱く手を離し 空に広げ oh!
それから 掴めよ 輝く ONE NIGHT ONE NIGHT STAR

涙の雨 降らす雲を払い
やがて来るであろう あなたを待って
流れだす 心の涙かれず
いつか僕を高く 導くはず

今も心にはね 光る ONE NIGHT STAR ONE NIGHT STAR
愛の歌は声がかれる ONE NIGHT STAR ONE NIGHT STAR

そして 恋われることなくある僕ら 焦がれるから
望めど 拒めど 恐れは募るばかり
笛吹く 君に 導かれて でも疲れて
空仰ぎ気付く 輝く ONE NIGHT ONE NIGHT STAR

やがて 夜明けを待つ あなたは そこで 何か芽生え
後ずさるものに 別れを告げればいい
ある夜の星 ほらあなたを 照らしたから
その手で掴めよ 輝く ONE NIGHT ONE NIGHT STAR


道標 

February 03 [Sun], 2008, 1:01
何処までも 続いてく道
僕らは 佇んでいるよ
藍色に 輝く空に
憧れを 抱き締めながら
揺れる想い 確かにあって
震える胸を 感じたなら
僕を繋ぐ 雁字搦(がんじがら)めの
鎖を 解き放ってゆきましょう

負けないでLIFE 悔しい気持ちが
ココロの道標さ
歩きだそう 君と僕の
旅が始まるさ そうだろ? Darlin'

感情とか 涙もすべて
隠す必要はないのさ
安定を 求めちゃいない
孤独と自由は同じもの
愛すること 身に纏(まと)えたら
信じることが 出来るから
ねえ、誰かと シンメントリーな
生き方を 選ぶ必要ないさ

幾つの出会い 織り混ぜながら
隘路(あいろ)を駆け抜けよう
僕等みんな 旅人だろう
別れは 強さに変わるよ Darlin'

負けないでLIFE 悔しい気持ちが
ココロの道標さ
歩きだそう 君と僕の
旅が始まるさ そうだろ? Darlin'

幾つの出会い 織り交ぜながら
隘路(あいろ)を駆け抜けよう
僕等みんな 旅人だろう
別れは 強さに変わるよ Darlin'


です

DIVE TO WORLD 

February 03 [Sun], 2008, 0:57
Jumping!!! Yes, oh ride on time 届け響け行け One more time
いかしたあいつの叫ぶ声 そんな恋してみたい Get on time
I can fly You can fly フライング禁止だぜ? Yeah all right!
可愛いだけじゃ物足りないから BURNING! HIT TIME☆

隙間ない花びらを かき分けて歩く はしゃいだあの木漏れ日
照れくさそうな顔をして いつもより不安そうな足取り進む
この前と同じ事 繰り返し遊んで幼いあの笑顔
外の風は心地良くて 桜舞う教室が僕のシナリオ

Every time Just for time
ちょっと知らない世界へ旅する 愛する君と共に Dive to world
Feel in wind It ticks away time
Come on!! Break down Take your hands
SPECIAL FANTASTIC NUMBER みんなで騒げ Hi☆
COMUNICATION!!

大事な夢の話をしよう 震える心抱き締めて
ずっと望んでいたあの頃 簡単に掴めないけど
準備はいいかい?いくよ 永遠に刻む
新たなSTORY 駆け出して
ダイブする Show me Fly the sky

不器用な僕らは 二人きり手を繋ぎ 汗ばむ MY HAND
この時がずっと続けばいい いつまでも永遠に It's my LOVE
辛い時もあるし 爽やかな風全て憂鬱になるの
マニュアル通りうんざりで 肩叩く君が僕の勇気さ

Lose my way Aim at light
ぎゅっと踏み出す疾走からなるBEATは BOYSには負けない心情
Believe it I do not cover it
YO!! Break down Take your hands Everybody say “Ho”
まだ行けるぜみんなで“Hi” Let's moving

名も無いアイランドへの地図見よう パンチのきいたTシャツ着て
赤と青の旗を掲げ 明日へと飛び出すんだ
涙と汗できらめく 別れの日々
小さな手で 手を握り歌い続ける
ベスト・メモリー

いつかさよならするって教えてくれた人は
砂の様に優しく包んでくれた
甘いチェリーをどうぞ すぐ側で笑っているから
悲しい顔見せないで
そんな顔して見つめないで Wow…

Let's, Let's go music party Come on baby Nice body
ナイステンション ハイアテンション 最終便まもなく Riding
Lonely×3 Girl Shake the passion Are you ready?
GO☆GO☆READY☆GO☆GO

大事な夢の話をしよう 震える心抱き締めて
ずっと望んでいたあの頃 簡単に掴めないけど
準備はいいかい? いくよ 永遠に刻む
新たなSTORY 駆け出して
ダイブする Show me Fly the sky

です

BOYS & GIRLS 

February 03 [Sun], 2008, 0:54
教科書通りの毎日のなか飛び出した 君は男の子
大人になれずに でも子供でもいられない時もあるだろう

誰もが急ぎ足で過ぎて行く世界で 僕らは流れ星に立ち止まった

ゆずれないものを一つ たった一つで強くなれる
こわがりな君の手を引いて歩いて行く
勢いを増した向かい風の中を

無邪気な笑顔で恋に恋して夢を見る 君は女の子
誰にも言えずに 独りで抱えた悩める事もあるだろう

誰もが愛想笑うモノクロな世界で 描いた夢に嘘はつけなかった

ゆずれないものを一つ たった一つで強くなれる
こわがりな君の手を引いて歩いて行く
勢いを増した向かい風の中を
もう邪魔するものは何一つないさ

手を伸ばせばいつかあの星に手が届くと本気で思っていた
誰かが急ぎ足で過ぎて行く世界で 僕らは流れ星に立ち止まった
祈るように。。。

ゆずれないものを一つ たった一つで強くなれる
こわがりな君の手を引いて歩いて行く
勢いを増した向かい風の中を

迷いながら 戸惑いながら それでもかまわないさ

ゆずれないものを一つ たった一つ
勢いを増した向かい風の中を


デェス

Drawing days 

February 03 [Sun], 2008, 0:52
羽根がない天使は ぼくに言った
家へと帰る 地図をなくした

非力なぼくは 絵筆を執って
乾いた絵の具に 水を注す

この目が光を失っても ぼくは描いてみせる
この手が力を失ってでも  ぼくは描いてみせる

威張ってる捨て猫が 笑ってた
あがいて生きるぼくを 笑ってた

狭く小さい パレットの上で
混ざる事無き 強き意志を

暗くて冷たい世界でも  ぼくは描いてゆける
赤く燃える陽が突き抜ける絵を  ぼくは描いてゆける

誰かの為に 何が出来るって
それだけで また これからも

この目が光を失っても  ぼくは描いてみせる
この手が力を失ってでも  ぼくは描いてみせる

全てを包み込む様な色に
全ての願いを込めた祈り


ですぅ
P R
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像真那斗
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月17日)
アイコン画像猫男爵
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月12日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月10日)
アイコン画像めーたん
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月06日)
アイコン画像チャーリー
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月03日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月02日)
アイコン画像RAOSU
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年09月21日)
アイコン画像えびふりゃー
» クフフのフ〜僕と契約〜 (2008年09月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:omotyakira2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる