苦悩の中国

November 16 [Fri], 2012, 19:02
中国が変わりそうです。
第18回共産党大会で、今迄院政を敷いて来た長老達の胡錦濤総書記や、温家宝首相らが完全引退して、習近平氏を国家主席とする新体制を決定しました。
其の報道では北京で開かれている中国の第18回共産党大会の閉幕式が14日行われた。
今後5年間の新たな指導部を構成する中央委員同候補計350人超を選出する。
胡錦濤総書記69、温家宝首相70ら政治局常務委員9人のうち、習近平国家副主席59と李克強副首相57を除く7人が中央委員から退任。
10年間続いた胡温体制は事実上幕を閉じ、15日の第18期中央委員会第1回総会1中総会で習氏を総書記とする新指導部が発足する。
複数の共産党関係者によると、胡副収入 バイト総書記は党中央軍事委員会主席も退いて習氏に譲り、完全引退する見通しとなっている。
任期が5年と言う事で、トップの交代は予定の事ですが、此処まで刷新するとは予想外で、良くぞ此処までと言うのが、正直な感想です。
然し矢張り中国も人心一新をする必要に迫られたのでしょう。
貧富の格差、役人達の汚職、失業者の増大、経済の陰り、と問題が山積ですから、国民の不満が爆発寸前だと言われて居ます。
其れをかわす為に日本叩きをしたり、色々苦心をしても、結局は共産党中央委員会への不満は相当なものなので解消されないのでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:omlxcrmm1o
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/omlxcrmm1o/index1_0.rdf