毎日が楽しいです。

May 07 [Sat], 2016, 20:20
脱毛の時に毛抜きを使うのは、自分自身でムダ毛の処理を行なう方法として、実は、あまりよくない方法です。

使用するものは毛抜きだけですが、時間がかかってしまい、埋没毛の原因ともなってしまいます。

ですから、毛抜きで毛を抜くのは、やめたほうが良いと思います。

美肌になりたいなら、ダメージのかかる肌のことを考えて脱毛の方法を選ぶようにしましょう。

カミソリを使用しての脱毛方法は比較的手間ひまがかからない方法ですが、肌がダメージをうけた状態にしないように気を付けなければなりません。

カミソリの刃は鋭いものを選び、刃の当たり方を滑らかにするために、シェービングフォームやジェルなどを使います。

毛の生えている方向と同じ向きに平行して剃らなければいけません。

また、脱毛したその後に確実にアフターケアを行ってちょうだい。

近頃は、脱毛サロンは大変多くありますが、脱毛方法は色々あり、おもったより痛いサロンもあれば、痛くない施術を行なうサロンも存在するのです。

痛みの程度は個人個人でちがうため、自分以外の人が痛がっていなくても、実際に自分自身で施術をしてもらったら、痛かったりもします。

早まって長めの契約を結んでしまう前に、痛みの程度を実際にうけて確認してみてちょうだい。

ムダ毛の処理としてワックス脱毛をしている方が実は意外といるのです。

そのワックスを自分で作ってムダ毛を無くしているという方もいるのです。

ところが、ムダ毛を毛抜きで処理するよりは時間は必要ありませんが、脱毛によるダメージが肌へ負担をかけていることにはかわりないためす。

また、埋没毛の持とになりますので、気をつける必要があります。

サロンで脱毛施術が無事終わった直後は肌が刺激にさらされないように注意しましょう。

どんな方法で脱毛する場合でも、わずかな刺激に対してでも肌は過敏に反応してしまいます。

日の光に当たったり、お風呂場のお湯がかかったり、体を揉む、叩くなどされると、おもったよりの確率で肌が過剰反応を起こしてしまいます。

脱毛サロンで説明される注意事項に、しっかり従いましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽愛
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる