時効警察 5話 

February 14 [Tue], 2006, 17:39
なんだか、段々と人物関係がわかってきました。
しかし時効管理課って仕事してんのか??
「風邪っぽい」で帰っていいのか・・・(汗)

奥菜さん、色っぽいですね〜
きつい物言いも、許される美キャラです。
しかし、幹久くんの濃さに少し負けてしまいましたね。
(勝たなくてもいいか)(おい)


個人的に盛り上がった瞬間↓
トンチンカン登場場面。
めっちゃ可愛いーー!!!ダックスだーーー!!!
三日月くん良いなーーーーーーーー!!!

犬、ラブです。

霧山くん、ほっそいですね〜上半身ガリガリ。もっと食べなされ。
今回は小道具が効いてましたね。
チョコボールのおまけフィギュアとか。
重そうなダンボール、開けたら軽そうなものが少量しか入ってなかったり、
でっっっかいダンボールに、これまた少量しか入ってなかったり。
そんな微妙な笑いが好きです(笑)

西遊記 森の国 

February 14 [Tue], 2006, 16:40
最近忙しくて更新が滞っております・・・
しかしドラマは見てます(おい)(録画で)
徐々に感想UPしようかと思うので、気長にお待ちを。

西遊記、いつの間にやら6話。
今回は、ずばり!!
鎌作復活祭
です。
踊るファンじゃない方は「何だそりゃ」ですよね(笑)
鎌作、もとい澤田鎌作監督は踊るシリーズの監督として
知ったのですが、これが・・・またイケメンで・・って違う!(汗)
鎌作監督の撮る回は、心の動きを追った話が多かったんですけど
これが上手いんですよ〜泣かすんですよ〜!!
本広監督がコメディ坦当なら、鎌作監督はシリアス担当みたいな。
心の動きを繊細に、かつドラマティックに表現する鎌作監督
大好きな監督の一人です

で、西遊記に戻りますが
監督って3人いるんですよね、公式によれば。
澤田監督、成田監督、加藤監督・・・加藤さんはまだですよね?
鎌作監督は1.2.3話と担当していたので、
あとはプロデューサーに戻るのかと思ってたので嬉しくて嬉しくて。
最近低迷ぎみ(私のなかで)だった西遊記ですが、
鎌作監督のおかげでやる気が復活しました!ありがとう!!

時効警察4話 

February 08 [Wed], 2006, 18:36
「犯人の575は崖の上」

今回初めて気付いたんですけど、最初のテロップ↑って
タイトルだったんですね。(遅っ)
前回のタイトル↓
「百万人に無視されても一人振り向いてくれれば人はしあわせ・・じゃない?」
ナレーションの由紀さおりさんの読み方がステキでした。
「・・・じゃな〜い?」が(笑)

今回の時効警察・・・ラストにスッキリしましたが、
個人的には面白くない展開でした。
話がつまらなかったとかじゃなく(ストーリーは面白かった)
アヤメ旅子(永沢博美)に
霧山くん、デレデレしすぎぃーーー!!!
むきーーー!!っと三日月くんと一緒になって怒ってました。
作戦(?)だったとラストに分かったときは、
「やっぱカッコいい〜
と惚れ直したんですがね。(おい)

永沢博美、面白いですね〜。良いキャラです。
霧山くんを呼び出して誘惑するところの登場の仕方が
古くて良い!!(笑)
めっちゃ古いメロドラマみたいに
「あっいたいた〜」ってな感じに登場。
去り際に投げキッスとウインク。
良い味出てます〜(笑)なんかこのドラマ、雰囲気がトリックっぽい(笑)
最後に霧山くんの名言

「趣味ですと 逮捕はせねど 罪は罪」BY霧山

いいねっ
ちなみに、言う時は「シッ!!」の掛け声と指差しポーズを
お忘れなく・・・
ついでに次回予告について。
来週は奥菜恵ですか!!しかも女医ですか!!
色っぽいね〜いいっす!!(おやじ)

西遊記「子供の国」 

February 07 [Tue], 2006, 18:19
悟空・・・セリフがくさいね〜
前から思ってたけど、今回は殊更くさかった(笑)
でも、根が純粋な悟空が言うから説得力あるんよね。

さてさて、今回は・・・悟空、優しいのね編でした。(なんだそりゃ)
ただ本能で生きてるように見えて、実は繊細な気配りが出来る!
という新事実が発覚
私の中で、好感度が急上昇しました

そして、さらに今回気付いたこと・・・
お師匠さんのイメージ(私の中の)に、若干ズレがあります

いや〜・・・決して深津ちゃんの演技を否定するのではありません。
深津ちゃんは素晴らしい!!!(痛いファン)
でも、三蔵法師はもっと・・・こう・・
高貴なイメージがあるのです、私の中では。
「仲間を信じる、道徳を重んじる、強い信念がある」
全部、深津ちゃんの三蔵にも当てはまるんですが、
どうにも、お笑い要素(お間抜け)が強い気がするんですよね〜

「高貴な存在だけど、どこか抜けてる」の、
抜けてる部分の割合が高い(笑)
脚本のせいだから仕方が無いんですけど〜
私はもっっと凛々しい三蔵さまが見たいんだよ!!
ってことで(笑)
あ、でも今のお間抜け要素も可愛いので、オッケー(矛盾)


えー・・・今回の老子さま。
面白すぎ!!!
もー大倉さん・・・歯止めが掛からなくなってません??
あきらかに「老子さま」じゃなくなってますよ(笑)
「あぁっそのおっきいのはヤメてっっ!!」がツボ(笑)
いつか威厳ある老子さまが現れることを期待してます。(多分ムリ)

そして凛凛・・・
毎回突っ込んでますが、なんで貴方が説明係なの?
「実は〜だったのよ」系の真実告白は、大概凛凛から
語られますね・・・いや、別に良いんだけどね。なんかね。
はよ正体明かせや。(本音)




えーーーーーっと
それでは、また来週〜
あ、来週のゲストって成宮くん??見間違い?

神はサイコロを振らない 

February 02 [Thu], 2006, 22:08
初回から見ていましたが、やっとエンジンがかかってきました。
今回のツボ・・・それは

小林聡美さんの涙

なんじゃそりゃ(笑)
今までいくつかのドラマで小林さんを見てきましたが、
大抵の役は飄々としてて、
さっぱりノンオイル系姉さんって感じだったのです。
なので、今回初めて
小林さんの涙を見たのですが・・・

泣けたね!!!

もうぼろ泣きしたね(笑)自分にびっくりしました。
普段と違う姿というのはグッときますね。(どこのオヤジ)


あともう一点。
弟(武田真治)よ・・・

君は主要キャラだったのか!!!(驚)(失礼)

いや、てっきりさぶいお笑いキャラかと・・・
ラストのどんでん返し(でもないか)には、本気で
「えぇぇっ!!!?」
でしたよ。いやいや、びっくり。

武田真治と小林聡美さん・・・といえば
「光とともに・・・」でのミオ先生&桜先生コンビを思い出します。
あのドラマ、大好きでしたね〜毎回泣いてました
そして、桜先生の恋(笑)を密かに応援してました。
あの二人が、今回は兄弟か〜・・・イイね!!!(笑)

しかし武田真治は、いつからあんなキャラになったのか・・・
カッコつけキャラよりは断然好きですけどね

博士の愛した数式 

February 02 [Thu], 2006, 21:35
見てまいりました。
「博士の愛した数式」

いや〜美しい映画でした。
日本の風景って、こんなに綺麗なんだな〜と再認識。
特に桜並木がとても綺麗で、見終わってからも瞼に蘇ってくるようでした。

博士寺尾聰さんが素晴らしい。
原作も読んでから見たのですが、イメージ通り!!
博士がとても愛おしく、身近に感じられました。

家政婦深津絵里さんにほっこり(笑)
そもそも、深津ちゃんが出演しているから見に行った訳ですが
初の母親役・・・でしたっけ?
自然で、ステキなママでした。「ママ」ってとこがツボですよ(笑)
ルート(息子)のことを、いつも気遣ってる母親・・という雰囲気がでていました。
食事の時に皿の向きを直してあげたり、
博士との対面の時、帽子を直してあげたり・・・
何処にでもいる母親がする行動が自然にでているようで、
本当に親子のようでした。

ルートと喧嘩したときも、素直に自分の非を認めて
「ママが間違ってました、ごめんなさい」
と、ちゃんと謝るところがステキでした。
また息子も良い子に育ってて
「じゃ〜仲直りしよっ!」
と握手して仲直りするんですよね〜可愛い!!!
良い親子ですわ〜

また個人的には、NHKドラマで共演した
浅丘ルミコさんとの再共演が印象的でした。
NHKドラマの時は親子でしたが、今回は雇い主(?)
ちょっと対決チックな場面もあり、
前回とは全く違った雰囲気だったのに驚きました。
女優さんって凄い!!!

原作と少し変更されてる場面もありましたが、
そのことで良い感じに映像化が成功したのだと思います。
見終わった後、ホッとする映画です
おススメ!!!

西遊記 第4話「砂の国」 

January 31 [Tue], 2006, 1:50
うーん・・・先週はノッてきたと思ったのに・・・
演出が変わったからだよ!
通しで鎌作(澤田)でいいじゃん!!
鎌作監督、好きなのにな〜踊る以来。


ということで(え?)、「砂の国」
予告通り、悟浄SPでした。

今回のゲストは、金魚姫須藤理沙でした。
団吾さん、HEROのチャン・ツィーをイメージしたそうですが、
まんまですね(笑)
ヒラヒラ衣装、大好きです。

悟浄と金魚姫の恋・・・大人ですね〜。
金魚姫の、最後の「嘘」はキュンとなりました。
しかし、ご機嫌とりの道具がキュウリとは・・・(苦笑)

三蔵さま、処刑される前のお言葉が沁みました。
「仲間を信じた証です」
深津ちゃんは説得力がありますね。ステキ(それが言いたかった)
しかし三蔵さま、少々庶民派ですね(笑)
脚本がそうなのでしょうけど、もっと高貴な感じでもいいんでは?
誰でも素直に信じすぎですし、諦めも早い気が・・・。
・・・まっ、いいか!(えぇぇぇ)


そして、老子さま。今回も弾けてましたね(爆笑)
一体なんなの、アナタは
定番になりつつある登場のポーズ、お気に入りです(笑)

凛凛ねぇ・・・出しゃばりすぎな・・気が・・しないでも無い・・
これからも、あんなに絡んでくるのかしら・・・



突っ込みはこの辺で。(汗)
次回に期待!!
ファイト!三蔵法師ご一行〜

時効警察 

January 30 [Mon], 2006, 23:28
最近ハマっているドラマ

時効警察

たまたまテレビを付けた時にやっていたのでボーっと見てたんですが・・・
面白いね、このドラマ!!

笑いのツボがピッタリ(笑)
あの微妙なテンポ&笑いは深夜枠の特権ですね。(例→トリック)
一話完結ってスッキリするから好きです。

前回からしっかり通して見だしたので、登場人物の名前がさっぱりです
辛うじて記憶しているのが、霧山くんと三日月さん。(主役じゃん)
オダギリジョー・・・カッコいい!!!
カッコつけたオダギリジョーは嫌いですが、カッコ悪いキャラの彼は
最高にカッコいいね!(矛盾だらけ)
麻生久美子さん可愛いです〜三日月くんナイスキャラ!!

語り手が由紀かおりというトコもナイス(笑)
次回も楽しみだわ〜

功名が辻 第4話 

January 30 [Mon], 2006, 23:01
出ましたね。

茂助=生瀬勝久

いきなりの登場・・・かなりビビリました(笑)
(オープニングを飛ばしてみるので、気付かなかった

いやー濃いね!相変わらず!!
一豊さま一行を山道へ案内する茂助・・・
顔が汚れに汚れています。
似合いすぎ(笑)
これから登場も増えるのかしら・・・

そして、一豊さま&千代。めでたくご婚礼
・・・はよかったんですが。
先週書いた萌えポイント↓
一豊「千代殿、好いておりまする!!!」
千代「千代は生きて一豊さまの妻になりとうございます!!!」


叔父上への説得の言葉かよ!(がっかり
てっきり二人のあつーい告白シーンかと思ってたのに。
ちぇー。


気を取り直して、今回の萌えポイント(しつこい)↓
1.婚礼当日、花嫁が来るまで気が落ち着かないのか
槍の練習で無駄に汗を流す新郎。(一豊)

2.着替えをしろと呼びに来た家臣に、
「もう来たのかっっ!!?」
と、激しく動揺する新郎。(一豊)

可愛すぎ(笑)

西遊記 三話「夢の国」 

January 25 [Wed], 2006, 2:15
今回は三蔵さまSPでした。

いっや〜なんだか、ノリが合ってきましたよ、西遊記!
今回は、泣いて笑ってキュンとなりました。(どんなんや)

深っちゃん、やっぱ上手いです。
改めて実感しました〜些細な表情が魅力的
特に、お母さんを振り切って部屋を出て行く場面。
ボロボロ涙を流し、別れを告げる三蔵さまに感動
夢と知りつつも、母に再び会えた喜び・・・
そして夢の世界にのめり込んでいく三蔵を、再び現実に戻したのは
悟空の力なんでしょうね。

「天竺に行く理由は、お師匠さんが行くっていったから」
というセリフにキュンとしました。
悟空は感情や言葉がストレートでいいですね。
三蔵さまを大事にしているのがリアルに伝わってきます。


そして今回も登場、老子さま
もう、アナタは何なの(爆笑)
出てくるだけで、笑いが止まりません
今回は凛凛ちゃんにアプローチを仕掛ける老子さま(爆)
案外、良いコンビかも(笑)


今回の格言↓
三蔵「八戒はイノシシの群れに生まれたたった一匹のブタでした・・・」


そうだったの!?(驚)
「みにくいアヒルの子」状態だったのね・・・可哀そうに(笑)
八戒の耳は可愛いですよね〜触ってみたい

もう一つ、名言↓
悟浄「キューリさいっこー

よかったね(笑)
次回は悟浄SPです。(おそらく)
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:omitsu-water
読者になる
Yapme!一覧
読者になる