眉唾大喜利結果 

2008年12月27日(土) 16時30分
先日の「眉唾大喜利」の結果が出ました。
果たして本物の芸人の投稿なのか・・じっくりとご覧ください。



竹若元博(バッファロー吾郎)

[出題]
「の」で始まるケンカの第一声は?

[投稿@]
ノートルダム寺院の鐘鳴らしたん誰やー!
[投稿A]
農林水産大臣さんよー!
[投稿B]
の〜び太ー!


木村卓寛(天津)

[出題]
片想いの人と必ず両想いになれる
最新のおまじないを教えてください。

[投稿@]
自分のオデコに向かってツバを吐く
[投稿A]
「両想いになれますように」と八木に頼む
[投稿B]
相手の第二ボタンと自分の1万円札5枚を交換する


久保田和靖(とろサーモン)

[出題]
アイスの「あたりが出たらもう一本!」という当たりに
嫌気がさしたお菓子会社が考えた新しい当たりとは?

[投稿@]
銀の当たり5本か金の当たり1本で銅の当たり10本がもらえる
[投稿A]
当たりが出たら、あなたは当てられびとです
[投稿B]
ハトコあたりにあたられます


向清太郎(天津)

[出題]
天才ばかりが集う学校で見られるサッカー風景

[投稿@]
サッカーの事を「運動と力学」と呼んでいる
[投稿A]
2分ハーフ
[投稿B]
一度ファウルが出てからの討論が長い


中西哲夫(笑い飯)

[出題]
密室に吊り下がった一本のひも。
引っ張るとどうなる?

[投稿@]
上の階の床から出てるひもが短くなるから、
同様に上のやつも引っ張る

[投稿A]
「豆電球」って声が聞こえる
[投稿B]
脇ががら空きになり、一歩のリバーが入る


小林友治(ケンドーコバヤシ)

[出題]
アホアホ議員の市民に向けた、当選した際の公約とは?

[投稿@]
当選した暁には、今よりも良い食事を食べ、よい生活をします。
[投稿A]
当選したら巨人軍に入団して、
F1レーサーになって、
ほんでほんで、なんか寝たりとかします

[投稿B]
盗撮、痴漢、児童売春、解禁します


西森洋一(モンスターエンジン)

[出題]
歴代の宇宙飛行士がひた隠しにしている宇宙の事実とは?

[投稿@]
地球はハワイアンブルーだった
[投稿A]
マグワイアのホームランボールがさまよっている
[投稿B]
宇宙人が「テマエドモハ・・・」と言っていた


西田幸治(笑い飯)

[出題]
百発百中!早漏男の見分け方とは?

[投稿@]
100m走世界記録がものすごく遅く感じる
[投稿A]
3歩歩いて振り返り様の顔が気持ち悪い
[投稿B]
右手の指紋がところどころ無い


村田秀亮(とろサーモン)

[出題]
「夜に口笛吹いたら、ヘビが出るよ!」
そう言っても口笛を止めない息子にオカンが言った一言。

[投稿@]
「今宵口笛吹きし時ヤマタのオロチが出づるなり!」に言い換えた
[投稿A]
「夜に口笛吹いたら長渕もハーモニカ吹くよ!」
[投稿B]
東京フィルハーモニーのみなさんがダメ出しにくるよ!


山里亮太(南海キャンディーズ)

[出題]
「け」で始まる死ぬ寸前の一言とは?

[投稿@]
け・・・毛糸でできてんのだろなっておもってた・・・。
[投稿A]
ケンタウロスにごめんって言っといて・・・。
[投稿B]
ケセラセラ・・・だよ。


根来川悟(ネゴシックス)

[出題]
「こいつ絶対四国出身や!」どんな人?

[投稿@]
背中に四国をかたどった刺青
[投稿A]
防御するときに[四国ガード!]っていいよる
[投稿B]
語尾に絶対[〜だ四国]て付けよる





[結論]
活字大喜利で本人かどうか判別するのは不可能。


・・とっても無意味な記事でしたね。
閲覧してくださった皆様、お疲れ様でした。

眉唾大喜利 

2008年12月22日(月) 19時00分
ある日、モバゲーの大喜利仲間であるさんから一通のメールがきた。

「モバゲーの某サークルで
芸人さんと大喜利対決をしようって企画があるんですが、
マスターも一緒に出ませんか?」


な、何ですかそれは!?
とりあえず覗きに行ってみることに・・

にのうらごさんという方が管理してるサークル。
にのうらご・・なんか聞いたことあるなあ。
とりあえず参加表明板に参加希望を書き込んでみる。


〜翌日〜


そのサークルを覗きに行ったら、
既に11対戦がマッチアップされていた。
マッチアップされた芸人というのは以下の通り・・

対戦@ : ○○○ vs 竹若元博(バッファロー吾郎)
対戦A : ○○○ vs 木村卓寛(天津)
対戦B : ○○○ vs 久保田和靖(とろサーモン)
対戦C : ○○○ vs 向清太郎(天津)
対戦D : ○○○ vs 中西哲夫(笑い飯)
対戦E : ○○○ vs 小林友治(ケンドーコバヤシ)
対戦F : ○○○ vs 西森洋一(モンスターエンジン)
対戦G : ○○○ vs 西田幸治(笑い飯)
対戦H : ○○○ vs 村田秀亮(とろサーモン)
対戦I : ○○○ vs 山里亮太(南海キャンディーズ)
対戦J : ○○○ vs 根来川悟(ネゴシックス)


いやいやいやいや・・(笑)


それはさすがに無いでしょ!!
こんな第一線で活躍してる芸人さん達が、
わざわざモバゲー内の小さなサークルで大喜利するわけがない。
なんの得もない。むしろリスクしかない。

しかも投稿〆切が12月21日21時ときたもんだ。
M-1グランプリ当日ですけども・・
決勝進出者が3名もエントリーされてますけども!!!!

肝心の縦さんと俺のマッチアップはと言うと・・

対戦E : 縦 vs 小林友治(ケンドーコバヤシ)
対戦G : OMB vs 西田幸治(笑い飯)

・・とんでもない2名。いやあ光栄です!!


いやいやいやいや・・(笑)


すぐさま縦さんにメールする。

「あのメンバーはさすがに無いでしょ・・」
「正直話が大きすぎて何とも・・
眉唾で捕らえた方がええかもですよね」


その後、縦さんがサークルに書き込む。

「正直話が大き過ぎて・・
今年のM-1ファイナリストもおりますし、
竹若さんクラスが出られるとは・・
素直に「マジ!?」ってのが本音です」


管理人が書き込む。

「すいません。先に言うときます。
プロの方にはスケジュール上、
先にお題をメールで送って考えてもらってる方もいます。
その辺はご了承ください」



んんん〜


で、投稿〆切当日(M-1グランプリ当日)、
管理人がサークルに緊急連絡を書き込む。

「現在何人かの投稿を頂いているのですが、
本日のM-1敗者復活戦・決勝に出場してる
芸人さんから連絡が入りまして、
今日中に投稿が間に合わないとのことです。
申し訳ありませんが投稿〆切を
明日にずらしますのでご協力お願いします」



んんんんんん〜!!


どうなの!?どうなのよ!?
なんかもう真偽がわからなくなってきた!!

そんな時にふと脳の片隅で引っ掛かっていたワードを検索。

「にのうらご」

あ〜 芸人の名前か〜
どうりで聞いたことがあると思ってた・・
あ、3人組の内2人が現在のモンスターエンジンなんだ!!
へぇ〜 なるほどねぇ〜

・・・・・ん?ということは?

残った1人の方がにのうらごさんという可能性も・・
100%信用してなかった話だが、
ここにきて1〜2%の光明が見えてきた気がしないでも・・



「いや、だから有得へんて」


・・だよね。
とりあえず嘘だとしてもそれはそれで面白いので、
芸人と思われる方々の投稿は後程ここにUPしようと思う。

この記事に興味を持った方は暫くお待ちください。

Shall we vote? 

2008年03月12日(水) 20時00分
1ヶ月ほど前、東京へ1泊出張ということでオフ会を企画。

題して・・

「大仏拝みオフ」(たった今名付けた)


↑この大仏を拝みたくて堪らなかったメンバーがこちら。

(拝みたい順)
OMBマスター
大友ヒップホップ
タイトルデザイン
たか
最後の侍
めりまし
こども銀行頭取
きずく


1ヶ月も前のことだから
オフ会中に誰と何を話したか全く思い出せない。
「楽しかった」という曖昧な感覚のみ・・

おそらく目や口や肛門から体内を覗き合い、
「みんな健康で良かったね」
みたいな確認作業をひたすら繰り返したのだと思う。
それ以外の作業で楽しい感覚など残るはずがない。


それでもしっかりと覚えていた出来事が2つ。


1つは大友と2人、渋谷モヤイ像の前で
初対面となるたかの到着を待っていた時のこと。

たか、渋谷に着いたらしいよ」
「じゃ、もうすぐ来ますね」
「どんな人なんだろ」
「僕も会ったことないですからねぇ」
「あ、メールきた・・たかからだ」
「何ですって?」
「『僕の写真』だって・・これ見て探せば・・・・げ!!
「どれどれ・・うほ!!


「これで来たら面白いけど・・」
「寒くないんですかね・・」


2つ目はたか
NHKの「着信御礼!ケータイ大喜利」に投稿した話。

お題もボケもよく覚えてないが
「Shll we ダンス?」的なボケを投稿し、
それがTVで読まれたが大スベリしたらしい。

そんな格好の餌に
このメンバーが飛びつかないはずもなく・・
「え、どんなボケ送ったって?」
「で、どうだったの?」
「ごめん、俺聞いてなかった・・どんなボケだって?」
のやり取りを延々と繰り返し、
遂には「Shall we ダンス?」をテーマに
4コマ漫画対決しようということにまで発展!!

「ここ数」めりまし管理の下開催されたこの企画・・


「Shall We ダンス?」



この記事を読んだ皆様、
ぜひ審査協力よろしくお願いします。

ま、どう転がってもたかの優勝でしょうが・・
なんたって持ちネタですからね。
この世に2度スベる人間なんていませんからね。

時空越えボーナスA 

2008年02月02日(土) 20時00分
≪@の続き≫


RoundB:[岩手銀行]

ここに残高最高額のお宝が眠ってると信じ、
番号札を取りに行くと、
一人の品の良いレディに声をかけられた・・

「今日はどういった御用ですか?」

・・なんだ行員か。美人局かと思った。
慌てて下ろし掛けた股間のジッパーを戻す。
(つつもたされる気満々)

「古い通帳が出てきたので調べてもらおうかと・・」
「そうですか、では少々お待ちくださいね」

銀行内は客で溢れてるのに
番号札も取ってない俺に応対してくれる案内レディ・・
マジで下心あんじゃねえの?美人局じゃねえの?

待つこと数分・・美人局が戻ってきた。

「こちらの口座ですが・・」

「は、はひ・・」(ジッパー全開)

「まだ御座いますが・・」

「そうですか、じゃあ解・・」

「解約なさいますか?それとも・・延長なさいますか?」(上目使い)

「延長お願いします!」

確実にレディは「延長」などという言葉は使ってないが、
俺には聞こえた!舌なめずりも見えた!

「では番号札を取ってお待ちください」


って・・結局一般人と同じ扱いかよ!!

美人局に見限られ
一般人なりの手続きで新しい通帳を受け取り、
一般人なりの手つきで残高を確認してみると・・



30523(+利息511円)GET!!

やったーー!!やったよーー!!
大物釣り上げたよーー!!
ありがとーー17年前の俺ーー!!

大事にしよう!
この時空を越えて届いた俺からのボーナスを!
今でこそたった3万円だけど、
17年前の俺にとっちゃおそらく虎の子だったに違いない。

どのくらい虎の子だったかが
次の最終ラウンドへ向かう前に明らかに・・



RoundC:【郵便局】

郵便局へ向かう道すがら
郵便貯金の通帳を改めて眺めていると、

預金:30000
出金:20000
出金:10000
預金:50000
出金:30000
出金:3000
出金:10000
出金:7000
預金:30000
出金:15000
出金:10000
出金:5000

こんな感じに羅列が並んでる。
預けては根こそぎ出し、
預けては根こそぎ出し・・
通帳を作った平成3年6月24日から
最後に記帳されてる平成3年11月1日まで、
数日おきに出し入れが繰り返されてる・・

17年前の俺の生活って・・


・・そうみたい。
節子におかゆさん炊いてやる余裕も無かったみたい。

この流れから考えるに、たとえ解約してなくとも
郵便貯金通帳に残った20061円は全滅だろう・・
まあ念の為に、待つこと数分・・


(当然の如く)20061円GETならず!!

GET出来なかったことは別段問題ではないが、
新しく記帳された通帳を覗いたら・・
最後の2万円は預金されたその日に出金されてた!
どんだけカツカツだったんだよ、17年前の俺。
こうなると同時期のくせに残ってた
岩手銀行の3万円が不思議でしょうがないわ。


【時空越えボーナス総額】
0円+1311円+31034円+251円=32596

この金は験の良い岩手銀行に全て預金し直し、
故意的に通帳を放置しておこう。
未来の自分へのボーナスとして・・
いや、カツカツの生活を打破した記念として・・



「ただいまー」
「あ、お帰りなさい、どうでした?何食べられます?」
「あー、調べてきたけど・・」
「はい」

「全部解約してたわー!!」

「・・チッ」(下目使い)

未来の俺の為に、この記事を読んだ皆様・・
うちのスタッフにはくれぐれも内緒で!ね!ね!

時空越えボーナス@ 

2008年02月01日(金) 20時00分
古い預金通帳が4冊も出てきた。

[北日本銀行]1冊
[東北銀行]1冊
[岩手銀行]1冊
[郵便局]1冊 ・・の計4冊。

どれもこれも見覚えなく、
解約したかどうかも定かでない。


各通帳の最後の記帳を見ると、

[北日本銀行]・・
平成9年9月22日 残高:15773

[東北銀行]・・
平成9年8月11日 残高:1299

[岩手銀行]・・
平成3年12月10日 残高:30523

[郵便局]・・
平成3年11月1日 残高:20061


2冊が平成3年、
2冊が平成9年でそれぞれ滞ってる。

平成3年と平成9年・・
俺の身に何があったんだよ!ホントに覚えてないよ!


うちのスタッフにこの事態を告げる。

「見覚えない通帳4冊も出てきちゃってさ・・」
「えー、いくら!?いくら入ってます!?」
「ず、随分食いつくね・・一応全部で6万くらい」
「すごい!臨時収入じゃないですか!」
「残ってればね!残ってればの話ね!」
「え〜、何食べます〜?」(上目使い)
「だから残ってればね!残ってればの話ね!」

スタッフに告げたことを後悔しつつ、
逃げるようにトレジャーハント(銀行回り)の旅へ・・



Round@:[北日本銀行]

残高ランキング3位とはいえ15773円はでかい。
1軒目だし、幸先良くGETしたいとこもある。
窓口に古い通帳を出し、待つこと数分・・
名前が呼ばれ普段よりオクターブ高い声で返答する。

「こちらの口座ですが・・」

「はい・・」(ゴクリ)

「既に解約されてますね」


15773円GETならず!!

パチンコ行って途中まで2万ほど勝ってたのに、
最終的に収支±0で終了すると、
何故か2万負けた気分に陥ってしまう・・あの感覚。
妙な虚無感に浸りながら次のラウンドへ・・



RoundA:[東北銀行]

ここは正直どうでも良い。
残高ランキング4位のたかだか1299円。
むしろ解約されてる方が手間が省ける。
窓口に古い通帳を出し、
どうでも良い顔丸出しで待つこと数分・・

「こちらの口座ですが・・」

「ほい」(ナメ口調)

「生きてますけどどう致しますか?」


1299円GET!!

正確には利息が付いてて1311円。
解約手続きが面倒だったので
「また後で来るわ」と捨て台詞を残し次のラウンドへ・・
(あと10年放置する気満々)


≪残り50584円の行方はAへ続く≫

出遅れ2008 

2008年01月30日(水) 14時32分
遅ればせながら・・


おめでとうございます

昨年は1月11日の「blog初め」だったけど、
今年はなんと1月30日・・
この事態を「怠けてる」と考えるか、
「プライベートが充実してる」と考えるかは・・貴方次第です!!






・・ま、前者だけどね。



毎年、自ら率先して出すことのない年賀状。
今年は数十枚出してみた。
ネズミ年を存分に意識した、こんなデザインで・・


返ってきたのは年賀状ばかり・・

揃いも揃って空気読めてないわ・・



チーズ送ってこいよ!!

チーズを欲してるって書いてるじゃん!!
1人や2人、乗っかってもいいとこだろ!!
空気読んでチーズを送ってきたら、
チーズ代、配送代にかかった料金の
3倍返しで御馳走する腹積もりはあったのに!!



・・ま、腹積もりは嘘だけどね。



2008年の「嘘初め」も済んだところで、

今年も「雨ニモ笑フ」を宜しく!


昨年同様、今年もblog初めはクイズで締めよう。
これが解けたら良き1年になること請け合いだよ!


[出題]

5人の海賊が100枚の金貨を分けようとしています。
しかしなかなか意見がまとまりません。
そこで首領の海賊から金貨の分け方を提案し、
全員で投票をして半数以上の票を得ればその分け方を採用。
半数未満ならばその首領は殺され、
次に身分の高い海賊が分け方を提案し、また投票します。
この方法で最後の海賊が残るまで続けられます。
さて、今あなたは首領の海賊です。
自分も殺されず、なおかつより多くの金貨を得るためには
どのような分け方を提案しますか?
なお、どの海賊もとても賢く、強欲で死にたくないという前提です。



結構な難問かも。じっくり考えてみてね。
分からなかったら、まずは海賊のコスプレから・・
なんなら思い切って大海原にヨーソロー!!

その名を「カブまん」 

2007年11月23日(金) 19時00分
店がちょっと暇だったのでスタッフのA子
情報番組を観ていたら料理のコーナーが始まった。

本日紹介するお料理は・・

【カブまんじゅう】

「カブまんじゅう・・て」
「全然そそりませんね」

そそりはしなかったが、
二人とも携帯ピコピコしながらダラ見する。

そんな中、淡々と「カブまんじゅう」なるものを調理していく
料理人の爺さんとアシスタントの地方局アナウンサー。


半分に切ったカブを出汁でコトコト煮る
柔らかく煮込んだカブをまな板の上に置く

「どうするんだ?」
「どうするんでしょ?」
「くり抜くかな、まんじゅうだし・・」
「なるほど、そこに具を詰めると・・」

おたまの丸い部分でカブを潰す

「潰した!!結構潰した!!」
「せっかく形良く煮込めたのに!!」
「え、ここからどうすんのよ!?」

潰した部分に卵をからめた具を詰める

※具は鰻の蒲焼き、エビ、椎茸、ぎんなん、三つ葉

「これで終わりじゃないよな・・」
「見た目、酷いですよ・・」

それを布で包んで茶巾絞り

「絞ったーーー!!」
「カブにしみ込んだ出汁が全部出てる!!」

丸く固まったカブまんじゅうをお椀に盛る
その上に裏ごしした米と菊の花をかけて完成

「完成だって・・」
「これは酷いですね」
「米を裏ごし・・て」
「気持ち悪っ、絶対食べたくないです」

ここで材料のおさらい。

カブ
鰻の蒲焼き
エビ
椎茸
ぎんなん
三つ葉

お米
菊の花

「あのさ〜」
「はい」
鰻の蒲焼きお米で鰻丼できるよね」
「はい」
エビ椎茸ぎんなん三つ葉で茶碗蒸しできるよね」
「はい」
「そっちの方が良くね?」
「最高です。カブはお漬物にしましょう」
「いいね〜そそる定食だわ〜」
「・・あ、菊の花残りましたね」
「・・あ、そうだ」
「・・・・」
「・・す、捨てよっか」
「・・捨てましょう」


・・ポイッ(アディオス菊の花)


改めてその番組のHPを覗いたら
作業工程に少々ズレがありました。
何せ携帯片手のダラ見ですから・・
番組関係者の皆様、誠にすみません。

本物の【カブまんじゅう】の作り方はこちら

でもって、出来上がりはこう!





いや、やっぱ改めて見ても酷い・・
俺達の鰻丼定食の方がよっぽど旨いよ。
神に誓って。カブの神に誓って。



料理人の爺さんは言う・・

結婚してからろくに料理などせず、
台所に立つことといったら
小腹が空いた時に湯を沸かして
カップ麺やお茶漬けを作る程度・・
そんな奴に料理を語る資格など無し!
そんな奴に・・そんな奴に・・

私のカブまんじゅうを食う資格など無いのだ!






爺さん、カブまんじゅう食べて長生きしてね。

脳内ノイズの襲来 

2007年11月20日(火) 18時20分
先日、東京出張中の話。


この日の東京は天気が良く、
11月半ばだというのに最高気温21度・・

事前に天気予報で確認はしていたが、
既に20度を越えた温度など
どの程度暖かいかも忘れてしまうほどに
岩手は寒くなっていたもので・・
何となく「こんなもんだろ・・」と薄手のコートを着用。

東京駅に到着し、
新幹線から1歩踏み出す・・・・暑い
耐えられない暑さではないが、
このコートはさすがにミスチョイスだろう。

とは言え・・

コートを小脇には抱えたくない・・
このミスを他人に悟られたくないのだ!!

コートを着たまま平然と歩く。
何ならポケットに手を突っ込んで歩く。
「11月半ばなんて普通こうだろ」顔で歩く。
「いや、風邪ひいちゃて・・」顔も織り交ぜて歩く。


ま、そんなことはどうでもよくて・・


山手線で渋谷駅に到着し、
仕事場である展示会場へ徒歩で向かうべく
駅構内の雑踏を抜け、
駅前の歩道橋に差し掛かったところで事件は起きる。

一人の女性とすれ違った後、
時間差でその女性が纏っていた
香水の残り香を吸い込むと
頭の中が真っ白になりよろめいたのだ。

「頭が真っ白になる」というのは
あくまでも状態を言葉で表すのに適当というだけで、
実際は今まで現れたことのない
「ノイズ」のようなもので頭が一杯になった。


「その女性の香水がキツくて・・」
という理由ではない。むしろ好みの香り。

過去にどこかで嗅いだ香り・・

それがいつ嗅いだのか、
どこで嗅いだのかも思い出せない。
過去にその香りを纏っていた女性が
良い思い出なのか、
悪い思い出なのかも全く思い出せない。

とにかくこの香りだけを
脳の片隅でしっかりと記憶していた。

もう少し長く嗅いでいれば
脳内ノイズは晴れただろうのか?
・・今となっては後の祭り。
無論、その場でUターンして女性を呼び止め、
「暫しパヒュームを嗅がせてもらってよろしいですか?」
などと言ったら、たちまち不審者扱いされるだろう。
ただでさえ暑いのにコート着てるし。

ああ、どんな思い出だったか思い出したい!!
たとえ思い出したところで、
「そんなこともあったなあ」で終わるだろうが・・
せめてその女性に
香水の名前だけでも聞けば良かったなあ。
いや、それでも不審か。コート着てるし。


歳を重ね、記憶がどんどん劣化していくにつれ、
この脳内ノイズが出現する回数は増えるのだろうか?
そのうち香りだけに留まらず、
キーとなる音を聞いたり
キーとなる物を見たり触ったりするだけで
このノイズが現れ、その度によろめくのだろうか?

おそらく死に際はこのノイズで一杯だな。
そうなったら黄泉でゆっくり考えよう。
いや、黄泉には裁判も刑罰も無いだろうから、
すれ違う女性の首根っこ掴んでクンクン嗅ぎまくろう。
厚手のコートを着込んで嗅ぎまくろう。


[追記]

東京出張の翌朝、
バタバタと出勤準備をしていた時のこと。

携帯の充電コードも持っていこうと、
コードの携帯差込口の方を握り
コンセント差込口の方をブラブラさせながら
廊下をそそくさと歩いていたら、
そのコードが股の間に挟まり
コンセント差込口の方があっちゃこっちゃに動き、
右腿の裏、左腿の裏辺りにひとしきりぶつかった後、
オチンチンのフグリ裏にペシッと当たった瞬間・・


脳内ノイズ出現!!

・・そこにどんな思い出があるんだよ。

飽くなきB級心A 

2007年11月14日(水) 21時00分
≪@のつづき≫


我々が2本目に選んだのはこちら。


配給会社には申し訳ないが・・

こんなパチもん誰も観ないだろ!!

・・にも関わらず、
行きつけのレンタル店には5本も並んでる始末。
せいぜい置いて2本だろ、この商売下手!!
案の定、ただの1本も借りられてないじゃないか!!
バイヤーは目薬を点せ!!一瓶丸々点せ!!


バイヤー「でも借りましたよね?」


はい。

だって俺達、正刈草雄ですもの〜
映画を酒の肴にしたいんですもの〜


【アルマゲドン2007】鑑賞開始〜


こちらも1本目同様、原題は異なり・・

【EARTHSTORM】

これは可哀想だわ。
製作サイドはそんなつもり更々無いのに、
【アルマゲドン2007】
なんて邦題をつけられちゃって・・
おかげでパチもん扱いされちゃって・・

諸悪の根源は配給会社だな。


・・と考えたのも束の間。


小惑星激突の衝撃で月面に生じた巨大な亀裂。
地球には隕石が降り注ぎ、異常気象でハリケーンが発生。
地球最大の危機に「月溶接作戦」に挑むこととなり・・


・・あ、そうなりますか。

「掘削のエキスパート」が
「爆破のエキスパート」に変わったぐらいで、
結局は朱に染まっちゃうのね・・
横一列に並んでシャトルに向かっちゃうのね・・

配給会社の皆様、
悪者扱いしちゃってホントにすみません。
貴社がお付けになったタイトルは
この上なく内容とマッチしておりました。


とにかく全編通してツッコミ処は満載!!

作戦を遂行しようとするNASA的な機関が
そこらの総合病院っぽい陳腐な建物で
なおかつ普通に街の中にあって物凄く開放的だったり・・

作戦依頼された主人公(爆破のエキスパート)が
たった数時間後の作戦に対し2つ返事でOKし、
何の訓練も受けずシャトルに乗り込み
相当なGがかかってるはずなのに
顔色一つ変えずに平然と大気圏を突破できたり・・

挙げ始めるとキリがないが、
間違いなく1番の盛り上がりはココ。


そのメットは違うだろ。

なにそれ!!
なにその開けるタイプ!!!!
その開閉に何の意味が!?
百害あって一利もないよ!!

こんな奴に運命を託してたまるか。


今作品で主演したスティーヴン・ボールドウィン、
「どこかで聞き覚えのある名前だな・・」
と思って調べたら・・な、な、なんと、
俺の大好きな【USUAL SUSPECTS】メンバー!!

し、しかも・・
あの超クールな・・


マクマナス役の方だってか!!

マクマナス様といえば
USUALメンバーの中でも3傑に選ぶ好キャラ。
それが今や変わり果てた姿で
こんなパチもんに・・・・悔しいです!!

マクマナス is dead!!
少なくとも俺の中でdead!!


同業である3人の兄達(アレック、ダニエル、ウィリアム)の中で、
現在第一線で活躍できてるのは長男のアレックだけか・・

ま、今後も世話になるのは3人の弟達だろうな。
だって俺達、飽くなきB級心を持つ・・

正刈メンバーだもの!!




「・・また観てね」

すっこんでろ、このブタ野郎!!
お前みたいなもんは二度とマクマナスを語るな!!

飽くなきB級心@ 

2007年11月09日(金) 19時00分
10月某日、2ヶ月ぶりの正刈草雄。
正刈草雄は9月のみ開催なし。
9月は我々花巻人にとってビジー状態だからね。

どれぐらいビジーかというと・・


↑これぐらいビジー!!

そうだね。花巻まつりだね。
あ、今年は祭りに関してblogで触れなかったなあ。
やはり活字で伝えるのは難しいから
画像のみで熱気を感じ取っていただくしかない。
もちろん今年も例年以上にクレイジーだったね。

どれぐらいクレイジーだったかというと・・


↑これぐらいクレイジー!!

いやいや、
この記事は正刈草雄の記事だってば!!
ま、2枚目でチンコギターを奏でてるのは
何を隠そう正刈メンバーの丘スイだから、
あながち脱線してるわけでは・・

いや、脱線してるか・・


〜軌道修正〜


久しぶりに3人でレンタル店に行き、
「お、【300(スリーハンドレッド)】観てえ!」
【墨攻(ぼっこう)】いいじゃん!ボッコー!」
などと言い合ってる最中、
フッと俺の脳内にB級の神が舞い降り、こう呟いた・・

「正刈って、何かね?」



「あのさ〜思うんだけど・・」
「うん、なになに?」
「最近の正刈って大作ばっか追ってない?」
「そういえばそうですね」
「あのさ〜正刈って・・そんなんじゃなくね?」
「(゚O゚;ハッ!」「(゚O゚;ハッ!」
「誰も観ないであろうB級映画を・・あえて?」
「弄ぶ!!」「弄ぶ!!」「弄ぶ!!」

そこからの3人は違った。
2006年7月に鑑賞した【東京 of the dead】以来、
約1年3ヶ月ぶりに立ち戻った正刈コンセプトを胸に
飢えたハイエナの如くB級映画を漁りまくる。
で、これまた久しぶりに2タイトル連続鑑賞を誓う。


「1本はモンスターパニック物にしよう」
そこで見つけたのがこちらの2本。
「熊パニック」と「虎パニック」で悩んだ末、虎に軍配!!

だってほら、パッケージには
パトカーを踏み潰すほどの大虎が・・
こりゃ凄まじいCGを期待せずにはいられないもの!!
パッケージの裏には
『大ヒット作「ブルーサヴェージ」に続く・・』の一文。
うわっ!!前作っぽいのもある!!
続きものかもしれないけどとりあえず観ちゃえ!!
気になるようだったら次回は「ブルーサヴェージ」だ!!


【WILD SAVAGE】鑑賞開始〜


開始早々、画面に原題が映し出される・・

【MANEATER】

「原題、『マンイーター』て!!人食いて!!」
スタートから大爆笑の3人。
この感覚は久しぶりだ。やっぱWe love B級!!

北米の小さな町で失踪事件が多発。
巨大な生物の歯で喰いちぎられた無残な死体。
物語の中盤を過ぎても
未だ大虎の姿は現れないが、
死体の感じから相当なサイズと期待できる。

で、いよいよ登場・・

「でた!!・・って、ちっさ!!

下手したら動物園でこれより大きいの見た事ありますけど!!
こいつがあの死体の山を築いたと??
こいつの胃袋に人間達が詰まってると??

なんか逆にすげえね。
大食い界に新星現る、だね。
中村有志が「サヴェージ大倉」とか名付けるね。

と、ここで赤ヘルが非常事態に気付く・・

「この映画って本編83分でしたよね」
「うん、たしか」
「残り6分くらいしかないですけど・・」
「えー!どうすんのこれ!!」
「話の流れからいったら無理だろこれ!!」

ところがどっこい、さすがB級。
我々の心配をよそに怒涛の締め括り・・

BANG!!
DooooooN!!


「えー!!」「早っ!!」
「うわわわ!!スタッフロールも早っ!!」

通常の2倍か3倍ほどのスピードで流れるスタッフロール。
「少年が水面を覗き込んだ時、映った顔が虎になる」
「木に虎の爪痕のような感じで少年の名前が彫ってある」
といった、要所要所の意味深なカットを
一切合切無視してそそくさと撤収するかの如きスタッフロール。

B級とはいえ・・あんまりだろ。

よくもまあ「ブルーサヴェージ」から続いたな。
大ヒットと書いてるが、こりゃ前作も期待できんだろう。
ということで、サヴェージシリーズは封印だ!!


[追記]

・・とか言いながら、
パッケージだけでも見てみようと、後日密かに検索。
前作の大虎は何を踏んづけているのやら・・


って・・鮫じゃん!!

虎じゃねえの!?
続いてんじゃねえの!?
仰々しくヘリコプターなんか食っちゃって・・

・・え?

へ、ヘリを・・食うってか!?

なんか俺・・
次回は「ブルーサヴェージ」でもいいかな・・
だってほら!!考えてみなよ!!
ヘリを飲み込む鮫なんて見てみたいじゃない!!


≪熊を選択しなかったことに後悔しながらAへ≫
■Prof.■
HN:OMBマスター
2001年にOMB(お笑いメールバトル)を創設
ネットを通じ活字の笑いを追及する立て篭もり職人
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像脱臼肥大症
» 眉唾大喜利結果 (2009年03月21日)
アイコン画像たか
» 眉唾大喜利結果 (2008年12月30日)
アイコン画像OMBマスター
» 眉唾大喜利結果 (2008年12月28日)
アイコン画像脱臼肥大症
» 眉唾大喜利結果 (2008年12月28日)
アイコン画像MC松岡
» 眉唾大喜利結果 (2008年12月28日)
アイコン画像真心
» 眉唾大喜利結果 (2008年12月27日)
アイコン画像ペッチョ
» 眉唾大喜利結果 (2008年12月27日)
アイコン画像香り薫る
» 眉唾大喜利 (2008年12月23日)
アイコン画像こども銀行頭取
» 眉唾大喜利 (2008年12月23日)
アイコン画像脱臼肥大症
» 眉唾大喜利 (2008年12月22日)