発表会「コンチェルトをひこう!」終了♪

June 15 [Mon], 2015, 14:39
6/14、我が家のサロンで生徒(学生)と大人の方の発表会「コンチェルトをひこう!」を開催しました。今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、最後のお客様を19時ころに駅までお送りした帰りにザァザァ降ってきました。雨の神様、待っていてくださってありがとうございます


第1部はジュニアソロの部、第2部はソロを弾いた子たちがコンチェルトに取り組みました。コンチェルト初挑戦の子が多い中、それぞれ精一杯学んで吸収し、本番で発揮してくれたと思います。










コンチェルトのソロを勉強することは、試験やコンクールの課題であるとか、オーケストラと共演するチャンスがあるとか、そういった「機会」がなければ、なかなかないことかもしれません。今回、出演した子たちの中にはもちろん、専門の道を目指すわけではなく、習い事・趣味でピアノを続けている子もいるので、彼らにとっては特に必要のないこと、大変なことだと感じることもあったかもしれません。(実際のところは、彼らは「まさか自分がこの曲を弾けるなんて!」と喜んで取り組んでいました


それでも皆さんにこの挑戦をしてもらって、絶対にソロや普段の生活への良い影響がある、きっとそれを感じてくれるだろうと思っています?オーケストラほどたくさんの人数はいなくとも、第2ピアノの共演者に分かるような演奏をしないといけないし、オケパートとの掛け合いを楽しむことでソロを弾く時に自分一人で掛け合いを感じることができるようになる…。相手に伝わるように表現し、相手の表現を理解し、コミュニケーションをする…相手がいることのありがたさ、自分が自立することの大切さも、コンチェルトは教えてくれるように思います。




第3部の大人の部では、プロ・アマ問わず、音楽が好き、弾きたい、聴いてもらいたい、という方が演奏して下さいました。しっとりモーツァルトから、リズムとブルーノートにノリノリのガーシュウィン、そしてロシア民謡のようなメロディになぜか親近感を覚えるラフマニノフで、素晴らしいステージとなりました!


終演後のハイティーパーティーがさらに美味しくなりました



カプースチン 「シンフォニエッタ」

June 09 [Tue], 2015, 20:11
今日は、たんのし〜いカプースチンの連弾曲「シンフォニエッタ」を弾いてくれた二人のエリート医学部生をレッスンしました…((((;゚Д゚)))))))!文字にするとなんておこがましいんだ…!

プリモを弾く子が6年生で最後の年なので、記念にどこかで一緒に弾こうということで、本番を控えてるそうな。カプースチンの作品はジャズとのコラボコンサートの時、1曲だけだけど鬼練した記憶が生々しく残っているアテクシ。アップテンポの中に、ビートもリズムもセンチメンタルメロディーもオシャレハーモニーもびっくり転調も全部いいとこ取り融合できたら、どんな楽しくカッコいいか>_<!と理想を追い求め、今日も二人に理想を激しく求めました(笑)

先日の立命館大学交響楽団との時に、指揮の阪さんがおっしゃっていたのだけど、「彼ら一般大学の子たちにはきっと最初で最後のオケ体験だから、できるだけホンモノの音楽に触れさせてあげたい」と。阪さんの場合、指揮をしながら容赦なく様々な音を要求して、彼らにそれを味わわせていらっしゃるわけなのだね。それが学生さんたちに、こちらの想像以上に届いているのを目の当たりにして、素晴らしい活動だなぁと思ったのです。

それもあって、こういうシチュエーションへのやる気度は満々!いつか年月を経て、「あの曲をあの時弾いたんだ、思いっきり演奏できたんだ」、と、想い出とともに生き生きと音楽が鳴っているのって、それだけでジワっと涙出てくるんだけども(T ^ T)!そんなお手伝いができるならー!と!!本当なら専門的に進むつもりの子にもそうしたいのだけど、なんかもっと重箱の隅をつつくようなことばかり指摘して、伝わってないかもしれん(◎_◎;)

熱血青春先生めざしたいのぅ(*^◯^*) あれ、口調が年寄りw

あ、そうそう、なんで写真がモーツァルトなのかというと、カプースチンのあとに見たら似てる気がして。バスと刻みとメロディー、良きかな〜\(//∇//)\


5/24 ラフマニノフコンチェルト2番おわりました。

May 28 [Thu], 2015, 20:39
5月24日、びわ湖ホール大ホールにて、指揮の阪哲朗さんと立命館大学交響楽団さんと、ラフマニノフのピアノコンチェルト2番を共演いたしました。あまりにも有名なラフマの2番、一生のうちに一度でもオケと弾けたことにまず感謝…。お話を頂いた時から、本当に楽しみにしていた日々でした。



合わせ初日に会場へ行ってまずビックリ感動したのは、オケの皆さんの素晴らしい自治!そして滲み出る熱意にジーンと来ました。

指揮の阪さんによるオケレッスンをしながら合わせ、という感じで、コンチェルト経験の浅い私からすると、優雅なほどの勉強の機会でした。個人的にもたくさんのご助言を頂き、自分一人で練習しているだけじゃ絶対出てこなかったやり方が見えて、やってみたい!と毎日メラメラしてました(O_O) 阪さんの言動はいつも音楽に向かっているけど、必ず同時にそれを奏でている人をちゃんと見ていて下さるのを感じます。

3日間の練習で、だんだんオケメンの個性も見えるようになってきました。さすがに全員のお顔とお人柄まで分からないけど(と言うか本当に失礼なほど、お顔と名前と楽器が覚えられないので汗)クラリネットの青年は「ラフ2のクラは俺以外には吹かせられねぇ」くらいの意気込みだったらしく、2楽章の美しいクラリネットソロの伴奏をやってる時も、ビームが出ているような熱気を感じました(笑)ときどき音ミスってホントごめんなさいw



ゲネプロのあとの記念撮影を別アングルから撮ってもらいました♪


本番の、最後のmaestoso前の一瞬の間が、本当に特別な間で、時間のない宇宙空間に放り出されたような感覚。ドッドドドッ(ラフマニノフ終止というらしい)も気持ちよかった(*^◯^*)

ラフマニノフって、アメリカに渡ってから(45歳過ぎから)も毎年どんどんレパートリーを増やしていったらしい。そうやって弾きながら出てくる楽想を自らの作曲に投影して。私もまだまだレパートリー増やさねばー>_<。これまでと同じやり方ではいかんと感じましたです汗。

素晴らしい経験をさせて頂きありがとうございました。お聴き下さった皆さま、オケの皆さま、トレーナーの先生方、お力添え下さった皆さま、本当にありがとうございました!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まきまき
  • アイコン画像 職業:
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート-シャガール、モロー、岡本太郎などが好きです。
読者になる
ピアノ弾きのまきまきこと岡田真季、これからはスイスを拠点にいろんなところで地道にがんばります。

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業、ピアノ科卒業演奏会出演(中島和彦、田崎悦子の各氏に師事)。パリ国立地方音楽院を審査員全員一致でディプロム取得し卒業(ジャン=マリー・コテ氏に師事)。その後エレナ・ロザノヴァ氏に師事また夏期講習やマスタークラスなどで、ドレンスキー、ヴォスクレセンスキー、オフチニコフ、エッセール、ジャン・ファシナ、タチアナ・ゼリクマンなどの各氏に師事。

。'11,'13,'17にパリ、京都、東京でソロリサイタル開催、雑誌「音楽の友」にて高い評価を受ける。キエフ国立交響楽団とラフマニノフの協奏曲第3番を共演、奈良フィルハーモニー管弦楽団、立命館大学交響楽団の定期演奏会にてソリストをつとめる。(一社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員、同協会審査員。'16年度まで京都光華女子大学非常勤講師。

単発、継続レッスンもいたします。 お問い合わせは下記メールアドレスまでどうぞ。
masaisondepiano*gmail.com
*を@に変えてお送り下さい

2015年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像まきまき
» ロマン・ロラン研究所で弾いてきました♪ (2013年07月18日)
アイコン画像kusakabe-dc
» ロマン・ロラン研究所で弾いてきました♪ (2013年07月15日)
アイコン画像まきまき
» 12月8日、ラフマります!! (2011年12月12日)
アイコン画像はつ
» 12月8日、ラフマります!! (2011年12月10日)
アイコン画像まきまき
» ここ最近の本番まとめ。 (2011年10月23日)
アイコン画像IKUYO
» ここ最近の本番まとめ。 (2011年10月19日)
アイコン画像まきまき。
» 未完成交響曲-シューベルトの恋。 (2011年09月03日)
アイコン画像☆ちゃっぴぃ☆
» 未完成交響曲-シューベルトの恋。 (2011年09月03日)
アイコン画像ちゃっぴぃ
» 今・これから。 (2011年03月22日)
アイコン画像うしねこ
» ウフィツィ美術館 自画像コレクション。 (2011年01月30日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE