給与については女性の介護士と同等?

October 21 [Wed], 2015, 14:02
よく知る介護士が、先ごろ、転職したのです。





なぜ転職したの?とそのわけを問うと、「暇すぎた。


仕事をバリバリこなしたい」とのことだったのです。


なるべくラクな仕事が良いと考える人が多い中で、介護士が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、スキルをアップさせるには、いろんな道筋があります。


今の医療機関から異なる病院や医療施設などへの転職も考えられる方法の1つになります。


それだけでなく、最新の技術とかもっと幅広い知識を身につけるためにも看護にちなんだ資格を取得するのも1つのスキルアップの方法といえます。


日本では、長寿化が加速し現在となっては超高齢化社会になっています。


この状況下で、需要が見込まれる職業が介護士と介護士、医師です。


いずれも、専門知識、技術を要し、簡単な仕事というわけではありません。


これらの職業人の育成に関して政府は、もっと真剣に検討した方がいいのではないでしょうか。


ナースには悩みが多々あるものです。


ナースという職業はたくさんの業務があり、人間関係に疲れるケースが多いといわれています。


収入が良くても、それだけ、たくさん悩んでしまう職種ですので、退職をしていく方が多い職場もあります。


転職して大手企業に職を得れば、高収入となるのでしょうか?基本的には、収入が増えるので、給料にこだわるなら転職の際に大手企業を目指した方が良いでしょう。


大企業のケースは年収800万円程度というのも珍しいことではないでしょう。


年間収入が1000万円という方もいますから、明らかに中小企業よりも収入は多くなるといえますね。


介護士の勤務しているところといえば、病院だと思うのがオーソドックスでしょう。


でも、介護士の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にもいっぱいあります。


保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも介護士の仕事です。


それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、医療行為の大半を介護士がやります。


一般に、介護士は医師からの指示で医療行為を行う場合が多いですが、容易な医療行為であれば、医師の指示を受けなくても可能なのです。


それなので、一例として、老人ホームなどといった福祉施設に介護士がいる時は、とても心強いと考えられます。


介護福祉士と準介護士の最大の違いは資格があるかないかです。


要は、介護福祉士は国家試験に通らなければ、働けません。


しかし、準介護士になるためには、国家試験ではなくて、資格が与えられるのは各都道府県の知事からなのです。


ですから、ヘルパーの立場では、介護福祉士に指示することができないので、将来、役職に就いたり、指導者にもなれません。


介護士の勤務体制は、他の職種に比べると特殊である上に職場によっても変わってきます。


現場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。


2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。


ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制の方がいいと考える介護士も多いことでしょう。


介護士をやっている男性の賃金はどのくらいかご存じですか。


給与については女性の介護士と同等程度となっています。


当然といえば当然ですが、両者の間で違いが出る事はありません。


賃金の具体的な額については勤める病院などによっても多様となっていますが、給与は他の職業より高いといえます。


口コミで評判良い介護派遣会社
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けいこom060w6l
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/om060w6l/index1_0.rdf