Spigen、「iPhone 7/7 Plus(仮)」用ケースの先行予約販売を公式ストアで開始

October 12 [Wed], 2016, 0:29
Spigen、「iPhone 7/7 Plus(仮)」用ケースの先行予約販売を公式ストアで開始
画像:ITmedia
 Spigenは、同社の公式ストアで「iPhone 7(仮)」「iPhone 7 Plus(仮)」用のスマホケースの先行予約販売を開始した。

 先行予約販売を開始したのは、薄型軽量で本体の造形を楽しめる透明ケース「リキッドクリスタル」、米軍の物資調達基準である「MIL規格」に準拠したタフネスケース「ラギッドアーマー」、プレミアムTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材のバンパーとポリカーボネート素材のケースを組み合わせたハイブリッドケース「ウルトラハイブリッド」。
グッチiPhone7ケース

 ラギッドアーマーは従来のiPhone用のものとは異なり、Appleロゴ部に穴が開けられている。ウルトラハイブリッドはクリスタルクリア、ローズクリスタル、ブラック、ミントの4色をラインアップする。
ルイヴィトンiphone7ケース

 なお、先行販売した商品の発送は9月中旬以降を予定している。また、画像はイいよいよ、Appleの「iPhone7」の発表がカウントダウンにはいっていることだろう…。
ルイヴィトンiphone7ケース
iPhone 7発表は2016年9月7日(日本時間8日)と伝えられている。
もう、iPhoneの成熟した市場では、かつての徹夜行列ほどの熱意は抱けなくなってしまった。
シャネルiphone7ケースしかしだ…。今回の「iPhone7」と呼ばれる新製品には3.5mmのイヤフォンジャックがなくなるというリークでもちきりだ…。
グッチiPhone7ケース今回はそこにワクワクしている。
アップルはこの秋に発売するであろう iPhone 7 にあわせて、Beats ブランドの Bluetooth イヤホンを開発中とのこと。
iPhone7ケース「AirPods」として商標出願もしているというこのイヤホンは完全ケーブルレス、つまり左右ユニットを結ぶケーブルもない耳栓タイプで、さらにノイズキャンセリング機能を搭載するとしています。
また AirPods のバッテリーは、専用キャリングケースが充電機能をそなえるため、収納すればそのまま充電が可能とのこと。
iPhone7ケース

出典:アップル、iPhone 7向けに完全ケーブルレスBluetoothイヤホンを開発中?へッドホン端子廃止に対応
こちらの「AirPods」は、イヤフォンの耳栓が2つ、ケーブルレスでないだけという新たなイヤフォンになる可能性がある。

そしてもうひとつが「EarPods」
アップルが、新しいイヤホンの特許を取得したことがわかりました。
ルイヴィトンiphone7ケースこのイヤホンは Bluetooth に対応しており、左右ユニットをケーブルで結んだ形状。ただ、ケーブル中央部にはマグネット式のコネクターを備え、3.5mmステレオミニプラグを持つもう一方のケーブルと接続すれば有線でのリスニングにも使えます。
シャネルiphone7ケースCNN によれば iPhone 7 に付属する EarPods の可能性もあるとのこと。

出典:アップル、新型 EarPods の特許を取得。
iPhone7ケース無線でも有線でもリスニング可能なケーブル分離型イヤホン
こちらの「EarPods」は若干のケーブルと、かつてのiPod shuffleのようなクリップタイプのBluetoothハブデバイスを経由して、オーディオと飛ばすというアイデアだ。筆者はEarPodsであれば、自分の好きな3.5mmのヘッドフォンをワイヤレスで楽しめる環境のほうが嬉しい。
ルイヴィトンiphone7ケース何よりもそれがワイヤレス化されることにベネフィットを感じる。

また、iPhone7に、イヤフォンジャックがなくなれば、当然、標準で真っ白な「EarPods」と「EarPods」用のまるでAnkerの「SoundBuds Sportイヤフォン」のようなイヤフォンが付属するのではないかと予測している。
Michael Kors iphone7ケース
Anker SoundBuds Sportイヤフォン
Anker SoundBuds Sportイヤフォン
このイヤフォンになると「iPhone7」が突然、魅力的に見えてくるからだ…。なぜならば、見栄えが圧倒的に変化するからだ。
ルイヴィトンiphone7ケース

白いコードのイヤフォンがいきなりダサく見えはじめてくる…

あくまでも、予測のハナシだが、「EarPodsイヤフォン」が登場すると、iPhoneを眺めながら、イヤフォンは右と左を結ぶコードのみ。たらりとぶらさがるイヤフォンコードをiPhoneと接続する必要がなくなるだろう。
シャネルiphone7ケース2016年9月、10月とiPhone7に買い換えたユーザーは、コードレスのイヤフォンを使い、見た目がコードレスなので、すっきりと見えてくる。想い出してほしい、iPod iPhoneの普及で白いイヤフォンの人が一気に社会に溢れでた効果を。
グッチiPhone7ケース「EarPodsイヤフォン」の前ではあのだらりとしたコードがダサくみえはじめ、「EarPodsイヤフォン」が使えるiPhone7がやたら欲しくなるという現象が起きそうな気がしてならない。するとiPadもEarPods対応が待ち遠しくなる…。
グッチiPhone7ケースApple製品全体に良い環境をEarPodsは提供することだろう。

Appleが経験してきたレガシーフリービジネス

Appleはレガシーフリーな企業だ。
ルイヴィトンiphone7ケース常に、レガシーなデバイスを捨て去り、新たなデバイスを作ってきた。最初にUSBを世界的にポピュラーにしたのは、スティーブ・ジョブズ快心のヒットの初代iMacだった。
ルイヴィトンiphone7ケースADBポートを捨て去り、SCSIインタフェース、RS-422シリアルポートを捨て去り、そしてフロッピーディスクドライブまで捨て去ってしまったのだ。自社が開発してきたレガシー技術をすべて葬りさってしまったのである。
シャネルiphone7ケースそして、USBは現在においては、デファクトスタンダードとなっている。

Appleが発明したMFiというビジネスモデル

そして、Appleは、いつしか、MFi Programという、『Made for iPhone』と自社製品へのペリフェラルすべてに、課金できるプログラムを開発する。
グッチiPhone7ケース『MFi認証』製品でないと、うまく作動したり、充電はできるが、操作や通信ができないなど、独自チップセットによるデバイス認証でアウトローなサードパーティー製品の締め出しにかかった。同時に、MFi Program製品販売による『ライセンシー』売上という金の卵を発明したからだ。
シャネルiphone7ケース

今度の新型 EarPodsや、Lightning直結ヘッドフォンは当然、MFi ProgramでAppleのライセンスビジネスを後押しするビジネスになることだろう。EarPodsは、1881年に誕生した電話交換手のヘッドフォンから135年ぶりにヘッドフォンをメージ図で、実際のデザインと形状は若干の変更の可能性がある。
ルイヴィトンiphone7ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:drurdf
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/oluggfse/index1_0.rdf