ベネットアカクビワラビーが隊長

April 21 [Thu], 2016, 15:33
昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。しかし、事情があって就職を選んで会社勤めをしていました。

ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。



資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する選択肢もあるのですが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、看護助手として勤務しながら資格を取ることが出来る事を知りました。


この方法で介護士の夢を叶えたいです。

一般的に、介護士の休みは、本人が働いている介護機関で各自違うようです。

その中でも、3交代制での勤務形態の場合、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなこともよくあります。一見大変そうなシフト勤務ですが、職場によってはご自身の予定に合わせて休日をつくることが出来ますから、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。貴重な人材である介護士が必要とされている場は確かに介護施設が多いですが、他にもあります。どういったところかというと、グループホームという介護施設です。
こういったところでもまだまだ介護士は足りていません。
このグループホームにいるのは、基本的に認知症の方ばかりなので、十分留意したうえで関わらなければなりません。


介護方面に興味のある介護士は一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。

介護施設内での介護士長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護士の収入も、勤めている介護施設の大きさで違ってくるのです。

または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、約750万円と推測できます。



仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重くなかなかリラックスできる暇などなく、これが続くとどうしても常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、精神的なきつさも感じることになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを持っているということは大きな利点であり、この先も長く続けたい場合は見逃すことのできない点になるでしょう。夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。



注意点ですが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、やはり、夜勤で働く介護士よりも給料の額が減ってしまうことが多いようです。

今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。
介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてカタカナでエッセンと書く言葉があります。
これは、食事をとりに休憩してきます、ということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち現場でよく使われています。



そもそもエッセンとは、というと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔、この世界ではドイツ語の介護用語が盛んに使用されていた事実があって、現在までその習慣が微かに残っていて便利に多用されているようです。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、着実に介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。なので、介護施設で勤務する介護士についても大勢が働いているべきなのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職先に困ることはない、という良い面もあるのです。


国家資格を有した正看になるためには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須になります。卒業できなければ、試験の受験資格がありません。

ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って受験対策をする人もいるようです。いま准介護士として働いているけれど、今後のために正介護士の資格が欲しいという人は、通信過程で学べる学校が幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。介護士の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、介護士を志す学生たちが、介護施設の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが介護士の帽子といえるでしょう。

しかし、ここ最近においては少しずつ介護士の制服も変化してきており、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。なぜ介護士をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由として年収が高いということがあります。卒後間もない介護士の場合も、同世代の新入社員と比較して高めだといえるでしょう。しかしながら、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけよく勉強して少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。



高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い介護士は離職率が高いです。
ですから、転職率も同じように高い傾向があります。

ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが増えています。こうした介護士専用の転職サイトであれば、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。
それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。



介護士の存在は法律上、医師の診療を補助する役割と定められています。基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、緊急事態には、介護士の経験や知識にもよりますが、それなりの介護行為も許可されてもいいのではないかと考えています。
介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる介護施設もありますし、人事担当者の考え次第で確定されたりすることもありそうです。
望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという介護施設側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。

ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。少子化や高齢化のために、介護関係者も、まだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。
したがって、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。



毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、それでも介護士が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが要因となっています。

介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、ほとんどの介護士が介護施設で勤務します。



けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、意外と介護士でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。

こうした職場で介護士として活躍する人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。



必ずしも介護施設でなくとも仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。やり甲斐という観点から見てみますと、介護士の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。



でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。


そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、短所を帳消しにできる良い点がたくさんあるということなのでしょう。
能力評価では、自分の介護士としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。
実行している介護施設がほとんどのようです。
介護施設で働く介護士各自の、今の能力レベルを測ることを目的に、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。

月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年に一度だけということもあります。
こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、高いモチベーションを保てます。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。
これにより、介護施設を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、介護士もますます忙しくなってきています。

労働環境は、決して整っているとは言えず、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死してしまった介護士もいたのです。
きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて介護士の需要はうなぎのぼりとなっており、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。

病棟に勤める介護士は、夜間も常に患者のケアにあたるため夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な時間帯ですが、その介護施設が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。

主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。

3交代勤務の夜勤は勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。


就職先として考えている介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか調べておきましょう。常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。
小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。

ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。初めて介護士として働こうと思っても、就職先が上手くいかないという人は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。



実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、介護施設側の事情で採用の年齢をあらかじめ決めている場合もあります。
例えば、未経験で30代以上の方が初めて介護士として働くといった場合では相当な努力が必要になると思います。

一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの介護士は意外と多いです。とはいえ、戻ってこられるかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りもしやすいはずです。こういった事例は増加しています。
様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻り就職をする人も少なくありません。

介護士は、患者と接する場合が多いので、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。

いち介護士として、介護施設内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いと思います。介護施設の雰囲気や方針次第で、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておきましょう。職場において、仕事のできる介護士を目指すには、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったような単純な業務とは言えませんから、実地に経験していくしかない、ということです。


向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を考え始める人もいるようです。
救急や最先端の介護を行なう大きな介護施設などで技術を吸収したいと希望する、とてもアグレッシブな転職になります。患者という立場から見ると介護士の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。多くの覚える事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため酷くストレスを感じていると言えるでしょう。そのため、うつ病を患う介護士も意外と多いのです。

中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。どうやら介護士の世界においては、人間関係の難しさが際立っているということも、しばしば言われるようですが、どうやら、単純に介護士の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。
なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。そんな職場の人間関係がわかってくるといい加減、疲れてしまうかもしれません。

でも、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と達観しておくのが良いでしょう。


交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。当然、休みはきちんともらえますけれど、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が大変多いようです。

特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためもう一度介護士として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。
多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係のストレスや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。介護士には女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場もよくあります。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。辛い職場に身を置いて精神をすり減らすよりも、転職して環境の整った職場へ移るのも間違いではありません。最近では男性も増えていますが、女性が介護士として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。


それと関係があるのか、洋服に気合いが入った人が少なくありません。


ですが、とにかく忙しいです。ほとんど休めない様な介護施設もあって、お金を使う時間がなく貯まるばかりと耳にすることがあります。



給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのがベストな形だと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:綾音
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/olsmeocu6m6bli/index1_0.rdf