住まいの中で、特に浴室には気を配らないといけない点 

June 17 [Mon], 2013, 10:36
住まいでカビが生えるのは、窓際、トイレ、色々ありますが、浴室が一番生えやすいでしょう。


我が家の浴室は濡れてもすぐに乾くという素材です。


床は確かにカビにくいです。


しかし、排水溝はやはりカビます。


しかも髪を絡みとれるという代物なのでカビを落とすのも結構手がかかります。


そこで、掃除を楽にする方法ですが、あえて普段は髪を取らないでおきます。


そして、ちょっと溜まってきたなというところで塩素系漂白剤を少し垂らすと、髪がその漂白剤を留まらせてくれるので少量ですっきりカビを落とすことができます。


終わったら、その髪を捨てれば良いだけなのでとても楽です。




でも、なんといっても、お風呂に入り終わったらすぐに浴槽のお湯を抜いてしまうのが最大の防御でしょう。


お湯がいつまでも入っている状態ですと、浴槽内にもカビが生えるし、配管内にも汚れが付着してしまいますし、洗面所も湿気で傷みがが早くなってしまいます。


水道代を節約して、住まいを痛めてしまっては本末転倒です。


浴室内の湿気の原因となるお湯はすぐ抜いてしまうのが最良だと思います。


あと、浴室内で気になる部分。


それは石鹸汚れです。


これはメラミン樹脂で作られているスポンジを使用すると綺麗に落ちます。


住まいの汚れの中でも一番てこずるのが浴室の汚れです。


出来るだけ楽にすませたいものです。




失敗は許されない!初めて買う一戸建て不動産
http://www.apeacantabria.org
中古の一戸建てを購入を考えている方に見ていただきたいサイトです。

マンション経営を競り落とす!極意とテクニックについて
http://www.danish-embassy-canada.com
中古物件を利用してマンションの経営を行うこともあります。