サイチョウがのとまみ

February 09 [Tue], 2016, 21:16
なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠かせないものに一般的に給料が高いという点が挙げられます。例えば、一年目の給料で見てみても同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。ただ、給料を多くもらうということは、その分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日が休日になるでしょう。予定にない急な出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、大半の看護師は病院で働いています。もちろん、その他のところでも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は実際とても多いのです。つまり看護師であれば、病院ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、自身の生活が変わっていくのに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。階級を上げる方法ですが、その病院での勤務を長くするなど、周囲の信頼を得ることが必要だと言えます。階級が高くなるほどに年収や待遇は良くなるでしょう。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。しかしながら、医療機関の種類や、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。世間から見ると、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的などハードな職業ですが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定して高給だということが特徴として挙げられます。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。これらの高給や安定性を重視するならば魅力のある職業だと言えます。看護師になろうと思っていました。でも、色々と事情があって就職し、会社員としてしばらく働きました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も出来ますが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療施設で看護助手として勤めながら看護師資格を取る方法があることを知りました。諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と関わることが多いので、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いと思います。病院の雰囲気や方針次第で、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておいた方が良いと思います。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されており借り入れをしようとしている場合にもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。けれども、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合には注意しなければなりません。スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正規職員として勤務している安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、育児との両立を目指す看護師にとって大きな不安要素となり得ます。子供の就学前であれば24時間保育を実施している保育所を利用したり、託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学校入学を機に、一気に対応してくれる預け先が少なくなってしまうということが問題として浮上します。そういう理由で子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も少なからずいます。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復して退院した患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。それに、やはり患者さんの家族の方から何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、看護師になって良かった、と実感します。看護師の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、仕事からやりがいを得られない場合は、辞めてしまおうと考えるだろうと思います。看護師の人間関係は、構築が難しいなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。慣れていないと、そんな環境に少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。忘れてはいけないのが、勤務時間が少なくなったり夜勤手当がなくなりますから、夜勤で働いていた頃に比べて収入が減ってしまう事がほぼ確実なのです。今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。少し長く看護師をしてきておりますが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、このイベントに参加する看護師の方は少なくありません。職場では女性が多数で、男性と出会う機会が少なく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。しかし、もしも新しい出会いがあってもお互いの休みが合わなかったりと駄目になってしまうこともあるようです。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、得意なことを最も活かすことができる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。看護師という仕事は特殊な仕事と認識されることが多いですが、とはいえ、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師というものはストライキをすることも難しく、雇用する側の人達がきちんとした配慮を行うことが大事なことだと思います。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。ちゃんと個人個人の能力について測定し、評価をつけられるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。能力評価は、月々に行なう所や、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という病院もあります。看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。看護師というものは勤務時間が一定でないことに加え、労働環境の大変さによって違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、看護師の資格を持っているということは意外といろいろな職種において役立てられることがよくあるといいます。例を挙げると、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。看護師がどんな風に思われているかというと、白衣の天使と呼ばれることもあるくらいですから、一般的には印象良くとらえているという人が多いでしょう。しかしながら、看護師がどのように働いているかを考慮してみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、実をいうと夜勤の手当に依るところが大きいことによって総額が上がっている場合が多いです。たとえば看護師としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくてハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。夜勤の有無によってかなり手取りが左右されます。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も病院に24時間いることになり、どこの病院でも日勤、夜勤と人員を交代させながら業務につくことになります。夜勤のある仕事ではどうしても、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、男性から人気が高い看護師が、独身の女性も多いです。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると一般的な結婚年齢よりも、遅い人と早い人が両極端に分けられる事が判明しました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、毎日の仕事をこなすのに精いっぱいで恋愛から遠ざかってしまうことや、自分の出世を考えて結婚を先延ばしするタイプも少なくないようです。看護師になろうと思ったきっかけは中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て衝撃を受けたからです。将来は、こんな風に働きたいというように思い続けて高校卒業後、看護学校を経て今は看護師です。楽しいことばかりではありませんが、看護師になってよかったです。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。外来の看護師ならば夜勤がないこともあるようなのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、経験を積む上でもシフト勤務は避けて通れないと思います。実際に、私の妻も子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので大変でした。今、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。とは言っても、日本語を使った看護師国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には母国へ帰国することになります。就労と日本語の勉強と国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、決められた労働時間以外の業務もあったりして時間通りに帰れないということはよくあるのです。それでも、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって笑顔で患者さんやご家族とは接しています。直前まで愚痴を言っていても突然笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。少子化や高齢化のために、とりわけ医療職に就く人たちがますます必要とされる可能性があります。ですから、現時点で看護師不足の状態なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。年々多くの看護師が輩出されているのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一つの理由といえるでしょう。貴重な人材である看護師が必要とされている場は病院以外にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても特に看護師は重宝されているのです。グループホームで生活しているのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、気を付けて接する必要があります。介護方面に興味のある看護師はグループホームへ勤務することも視野に入れてみてください。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場での人間関係の難しさや交代制による不規則な勤務形態があります。どうしても、女性が多い職場になると、人間関係のもめごとが多い職場もよくあります。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも選択肢に入れておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナデ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/olntrwefirs66y/index1_0.rdf