なばで寺島

December 10 [Sun], 2017, 1:13
新居に住み始めてから、ガスを使用する手続きを実施しなければなりません。
でも、ガスはお風呂をかわきりに料理のためにすぐにでも入用なので、成しうる限り引越し当日に済ませないと、新居でお風呂に入れなくなります。

冬は、家で入浴できないときついので、早急に申し込んでおいた方がいいかなと思います。
今の住まいをどうやって決めたかというと、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。どこにでもありそうは不動産屋さんでしたが、色々質問しても穏やかに親切に説明をしてくれたりしたので信用し、その方おすすめの物件から、今の部屋を選んだのです。他のところも訪れて、部屋探しを手伝ってほしいと依頼する気でしたが、他所のお店のサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できると、店の人に教えてもらったため、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。
先日、無事引っ越しを終えました。
準備で本当に疲れてしまいました。



マンションの高い階に住んでいたため大きい荷物は業者任せにしました。引っ越し費用を減らせるところは減らしたいので、自分でエレベーターに乗せられる荷物は自分で計画を立て借りた台車に少しずつ積み、新居へと持っていったのです。


台車の力は侮れません。
やるべき事が、次から次と出てくるのが引っ越しです。必要な手続きもいろいろとありますが、まず必要性が高いのがライフラインを整えることで、中でも水が使えるようにしておくと、当然トイレも使用可能になりますから相当重要だと考えてください。



いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると丁度いいかとなると、引っ越しをする日に近いと忙しくなりますのでやめておき少し余裕を見つつ、引っ越し当日の一週間程前に使えるようにしておくことができれば、安心です。
引っ越しでは見積もりはなるべく早くに依頼したらいいですね。引っ越しまで日にちがない中で見積もりを頼むと、じっくり検討せず先に進めてしまうこともあります。それと、早めに、引っ越しの業者にお願いする方が少ない業者から選らばないといけないことにもなるので、留意が必要です。

どこからどこに転居するとしても引っ越しでダンボールを使うことになり、無料のダンボールを業者がサービスすることもありますが、業者によっては、お金を取るところもあります。上手く入手できなければ、スーパーなどに行けば、無料でダンボールを分けてもらえます。


その場合、サイズは一定していません。ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同一サイズでない場合、よく考えて崩れないよう積んでいってください。

引っ越しの時、服などが衣装ケースに入っていると持ち運びがとっても楽です。
私のお勧めはというと衣装ケース、しかも、透明のプラスチックのものです。


これは、中身が見えるので本当に役に立ちます。
引っ越しを行うと、しばらく荷物が、何がどこに入っているのか分からない状態にもなりますが、衣装ケースに入れておけば、そんな心配がなくなります。



引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。


荷造りでは手が汚れるだけでなく、使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手のケガはよく見られます。また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。

安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手を準備することが大事です。


作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。

何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。



日常的に使うものをのぞき、ものの種類で分けながら順次ダンボールに詰めましょう。

ダンボールの表面に何が入っているか書いておけば荷物を開ける際、役立つでしょう。引っ越してすぐ使う、電気やガスや水道などの転出入手続きも抜け落ちないように気をつけてください。
引っ越し時に大切な点は、もろい物を丁重に梱包するという点です。

家電製品で箱があるならば、心配ありません。

しかし、箱を処分してしまったとしても多いのではと思います。
そんな状態の時は、引っ越しのプロの方に荷造りしてもらうと間違いないです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:茉子
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる