7/15 箱根富士屋ホテルオープン 

2006年07月18日(火) 7時52分
ひっさびさの更新ぢゃ〜〜ん♪

管理画面ちゃんと開いたけど使い方完璧に忘れてま〜す ははは

で 携帯ステーション配信の記事より・・・
(ステーション情報結構多いです)

箱根・宮ノ下温泉に「富士屋ホテル」がオープンしたのが
1878(明治11)年の7/15だそうです。
山口仙之助が、500年の歴史を持つ藤屋旅館を買収して洋風に改造し、
外国人専用ホテルとして開いたもので、
日本のリゾートホテルの草分け的存在。
過去にチャップリンやヘレン・ケラー、
ジョン・レノンなど多くの著名人が宿泊している。

だそうです。
箱根 我が家から湯本まで空いていれば
一時間くらいで行けちゃいますが
富士屋ホテル まだ行った事ありませ〜ん。
外観も由緒あるホテル の趣なんですけどねぇ。
ついつい箱根もお安く
リーズナブルな場所を求めて遊びに行く庶民派 なので・・・
(ま みんなそうですかね)

箱根もめっきり観光客が減ったと新聞か何かで見ました。
首都圏から車でも小田急でも便利な位置なんですけどね。
やはり熱海といい箱根といい
お客さんは減っているのねぇ。
うちの職場のおぢちゃん達なんて
箱根のホテルで宴会の後タクシーで
戻ってきて地元の馴染みの女の子がいるお店に
タクシーで戻って遊んで又お泊りだけ箱根に戻る。
なんて・・・わはは

そうそう話は違いますが 
大磯プリンスが所有していた伊等博文の旧宅が
売却されるそうです。
滄浪閣と言う名でプリンスの別館 バンケットホールがあり
結婚式などにも使われ 
私達の地区から車で(山越えの道を走ると)10分で
行けちゃう事からPTA等でもよく使うんですけどねぇ。。。。。
自慢は見事な庭園なんですが 
経営が大変らしくプリンスが手放すそうです。
明治建築の建物はもちろん歴史的遺産の価値もあり地元の大磯町では
どう対応するんでしょうかねぇ・・・・・
と 最近の地方版にそのニュースが載っていました。
結婚式に昔はよく使われていたけれど 
今は年間の予約も最盛期ほどではない。らしいです。
そりゃそうか・・・
若い世代が少なくなってきたのに加え晩婚の人が多いのも
原因ですかねぇ。

少し寂しいですね。

ってここでも余談の方が長い私。ははは

旅券の日 

2006年02月20日(月) 12時43分
今日は、旅券 パスポートの日だそうです。

1878(明治11)年のこの日外務省布達第1号として
「海外旅券規則」が制定され「旅券」という言葉が
日本の法令上初めて使われたことにちなんで
制定された記念日だそうです。

私がパスポートを手にしたのは新婚旅行へ行くのに
当時名古屋で申請して手にしたのが初めてです。
そのパスポートで新婚旅行先の 
フィジー ニュージーランドに入国をしました。
一年後 義理の母を連れて ハワイへ行ったので
私のパスポートはその三つの国の入国証が捺印されています。
有効期間10年のを作りましたが 
どこへも行かないまま切れてしまいました。あはは 残念。
今度パスポートを申請できるのはいつなのかなぁぁぁぁぁ。。。。。。。

苗字の日 

2006年02月13日(月) 20時31分
苗字の日 ってあるんですねぇ・・・
1875(明治8)年のこの日、
明治政府が「平民苗字必称義務令」を出し、
すべての国民が姓を名乗るよう義務付けられたことにちなんで
制定された記念日だそうです。

徴税と兵役対象者を把握する精密な戸籍を作るのが目的で、
1870(明治3)年に名字の許可令が出されたのですが
増税を警戒して姓を名乗る人が少なかったため義務化になったうです。

その義務令が出た時に自分はこの苗字を名乗ろうと決めた人達は
どういうふうにして自分の苗字を決めたんですかねぇ。。
『川上』さんは川の近くの上流の方に住んでいたから?
『山本』さんは山のふもとに住んでいたから?
そんなルーツを調べてみるのも又楽しいでしょうねぇ

私の苗字は(結婚後ですが)瀬戸内の中に浮かぶ小さな島の名前が
そのまま苗字になっています。
その島に住んでいた人達はみんなその苗字にしたんですかねぇ。。
それとも無人島だったのが私の苗字の祖先の人が流れついて
その苗字の名前の島になったのかなぁ。。
いろいろ考えたり自分の苗字のルーツをたどるのも
たまにはいいかも知れませんね。

徳川家康 江戸幕府を開く 

2006年02月12日(日) 11時20分
徳川家康が征夷大将軍に就任し江戸幕府を開いたのが
1603年のこの日だそうです。
2年後の1605年には息子・秀忠に将軍職を譲りましたが
駿府城に隠居した後も大御所として
実権を握ったのは知られるところです。

後に1614年の大坂冬の陣、1615年の大坂夏の陣で
豊臣氏を滅ぼした後、徳川家による全国支配を実現、
徳川幕府はその後 15代将軍慶喜(よしのぶ)が1867年に
大政奉還するまでの265年間つづいた。
も もちろん知られるところですねぇ

話は逸れますが NHKの今年の大河ドラマは
私の好きな戦国時代なので毎週欠かさず見ています。
まぁ 私だけではなくこの時代が好きな人って言うのは
多いみたいですねぇ。
尾張 三河の三大英傑の1人 徳川家康ですが
私は 織田信長が好きです。
大河の 『舘 ひろし』さん なかなか似合っていて素敵です。
で 今日 征夷大将軍になった徳川家康役は
『西田敏行』さんだそうです。こちらも楽しみですねぇ^^

建国記念の日 

2006年02月11日(土) 13時30分
『建国記念日』ではなく『建国記念の日』 『の』が入るそうです。
「建国をしのび、国を愛する心を養う」という意味があるんですって〜

もとは紀元前660年の神武天皇即位の日を祝う「紀元節」という祝日で、
(ちなみにこれって年間4つあったらしいです・新年・紀元節・天長節・って
言って四大節って言ったんだって〜〜)

戦後に廃止になった後、1966(昭和41)年から
国民の祝日に追加されたそうです。
「建国記念日」ではなく「建国記念の日」なのは、
建国という事象を記念する意味で、
史実に基づく建国の日とは関係がない。

からだそうですが・・・
まぁ 祝日が一日でも多いという事は嬉しいなぁ
けどな〜土日がお休みの私。
今年のように祝日と土曜日が重なると。。。
何となく損したような ははは^^

日本人初の? 

2006年02月05日(日) 11時00分
日本初の客室乗務員(スチュワーデス)採用試験が実施されたのが
1931(昭和6)年のこの日のこと。だそうです。
東京航空運送会社が同年4月から開設予定の東京〜下田〜清水間
の旅客機に搭乗する女性客室乗務員を募集したもので、
花形職種の募集とあって3人の採用枠に141人もの応募が殺到した。
ちなみに当時は「エアガール」と呼ばれていた。

あ〜私も憧れていたんですよ〜なりたかったんです。マジで(笑)
でも学生の頃 本屋さんかどこかで調べたら確か裸眼で
1.0以上視力がないといけない。と書かれていて・・・
簡単に諦めちゃったような。。あはは
ま スタイルも悪かったしね(泣)

あ そうそう昔 『スチュワーデス物語』ブームになったのは
多くの人が知るところですが
『アテーションプリーズ』というやはりスチュワーデスのドラマがあって
結構はまってましたねぇ。。
ネットでのニュースによるとリバイバルで又 始まるとか。
うふふ 楽しみです♪

立春 

2006年02月04日(土) 10時31分
二十四節気の1つ。

太陽黄経が315度のときだそうで『正月節』とも呼ばれるそうです。
この日から立夏の前日までが春。
冬至(12月20日前後)と春分の日(3月21日)の中間にあたり
九州など暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

立春の前日は節分で、立春から数えて88日目を八十八夜
(茶摘の歌にありますよねぇ)と言います。

しかし暦の上では春でもまだ寒い日が続きます。とは
天気予報の決まり文句ですが まだまだ寒い日が続きます。

立春以降初めて吹く南よりの強風を春一番と呼ぶそうですが
今年はいつかなぁ?

札幌五輪 

2006年02月03日(金) 14時25分
第11回冬季オリンピック・札幌大会開幕の日。
1972(昭和47)年の事です。1970年に大阪で万博があってから2年後。
次々に日本で行われる世界規模の祭典をテレビで見ながら
私はワクワクドキドキしたのをよく覚えています。
トアエモアの「虹と雪のバラード」がテーマソングでしたね♪
なんと言っても ジャンプで日の丸が3本並んだのは感動しましたねぇ。。
あんな事ってなかなかないですもんね。
私の好きな種目の一つ女子フィギアで
アメリカのジャネット・リンが金メダルを取ったのも札幌でした。

札幌五輪はアジア初の冬季五輪でだったそうですが
35の国と地域から1006人の選手が参加し、
2月3日から2月13日までの日程で6競技・35種目が行なわれたそうです。
今年のトリノよりも少し日程が早かったんですねぇ。

トリノもいよいよですが日本人選手を応援するのはもちろんですが
世界レベルの大会ってやはり見ごたえがありますよねぇ。
しかし・・・出来れば時差の少ない地域の方が(笑)
又 寝不足になりそうです。

風邪の日 

2006年01月09日(月) 13時44分
今日は風邪の日。だそうで・・・
こんな日あるんですねぇ。。
確かに流行っています。風邪。とくに今年はインフルエンザ全国的に
騒いでますよね〜
何故風邪の日かっていうと・・・

『1795年のこの日、大相撲第4代横綱・2代目谷風梶之助が
インフルエンザで死亡したことにちなんだもの。
63連勝の記録を持つ横綱でも勝てなかったことから、
当時はインフルエンザを「谷風(=無敵の力士)」と呼んだ』

『谷風』という横綱。江戸時代の人だそうですが
相撲ファンで知っている方は知っているんでしょうねぇ。。
仙台出身のお相撲さんだそうですが郷土ではきっと英雄なんでしょうね。
強いお相撲さんだったそうです。
でも当時はインフルエンザに効くお薬もなかったんでしょうね。

感染した1個のインフルエンザウイルスは、
時間後に100個、24時間後には100万個にもななるそうです。
怖いですねぇ。。

私の予防ですが・・・
イソジンでうがい(これいいですよ)
必ず石鹸で手洗い
あとは先日テレビでやっていましたが 歯の手入れをする。
だそうです(私は一日に三回磨きますよ〜)

そのお陰でまだ今年は一度も風邪ひいていません。
春も間近 あともう少し頑張らなくてはね^^

冬至 

2005年12月22日(木) 12時53分
北半球では1年のうち昼が最も短く、夜が最も長くなる日。
この日は柚子湯に入り、かぼちゃを食べる風習がある。
二十四節気の一つです。

のは知られていますが何故なのか ちょっと調べてみました。
「冬至」の読みが「とうじ」で 「湯治」(お湯につかって病を治す)に
かけてあるそうです。
柚子は季節のものだから?ですかねぇ 
じゃなくて・・・やはり「融通」(ゆうづう)が利くように。
という願いがこめられているそうです。
でもあの香りいいですよね。
心もホッと体も温まるような気がします。

話は逸れますが 少し前に温泉に行った時に大浴場で転んでしまった私。
そこには二つお風呂があって 両方に入りたかった私は 
並んでいるその二つのお風呂をまたいで移動しました。
(まぁ くっついていたのだから可能だったんだけど)
で その移動する時に滑ってツルン とふくらはぎを強打。
一瞬いた〜〜い と思いましたが
そのまま湯船に滑り込むように座ってしまった。
これね 多分温泉でなかったらもっとその後
痛かったんだと思うんだけど・・・
そのままお湯につかっていたら す〜〜っと痛みがやわらいできました。
それから一週間 ふくらはぎには 赤いあざが出来ていましたけど
痛みも見た目ほどなくてすぐに治ってしまいました。
ま 打ち所が柔らかい部分だった って事もあるでしょうけど。。
すぐ温泉で治療が出来てひどくならなかったんだと 思っています。

暖かいお風呂に入っていつも思う事は。。
あ〜ぁ 
たっぷりのお湯にゆっくり体をつけることの出来るお風呂があって良かったな〜
この国に生まれてよかったな〜っていう事です 笑
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:olive_hp
読者になる
Yapme!一覧
読者になる