宝石 

November 28 [Wed], 2007, 1:33
セッションは、毎回、感動する。

自分の人生に対する、真摯なまでの前向きな思い。
問題を乗り越えようとする勇気。
葛藤を乗り越えた後の涙。

ああ、なんて素晴らしい時間なんだろう。

クライアントさんは、それぞれがそれぞれに輝く宝石。

ママ 2 

November 27 [Tue], 2007, 17:20
ママに、今の私の状況を話したら、ママは感心して、誉めてくれた。
私は、私のしていることはママの年代には理解してもらいずらいことで
否定されるかもしれないと思っていたけど、ママは「すごいね☆偉いね☆」と
言ってくれた。

何歳になっても誉められるのは嬉しい☆
私が選んだ選択を認められるのは、本当に嬉しい☆

少し、子供返りした時間。
こうやって愛情を感じるから、誰かに返したいと思えるのかな?

ママ、ありがとう☆

私は・・・2 

November 27 [Tue], 2007, 17:16
最近の私の状況や姿を見て、習いたいという声が
ちらり・・・ほらり・・・

そして、そんな人たちは、講習をしているMさんのもとへと行くのだろう。
なんだか、良い循環☆
彼女の経験値がますます上がる。そして、私も嬉しい☆

毎回、感動する。

それは、人は自分自身で、自分の人生を創り上げていく術を
自分の中に持っているという事実を目の当たりにするから。

やはり、人は一生懸命な姿から感銘や影響を受けるのだろうか?
私もクライアントさんも。お互いに。

私は・・・ 

November 26 [Mon], 2007, 23:56
何になっていくのだろう?

よく、まぁ、怪しい宗教や、スピリチュアル団体に引き摺られることなく
ここまで頑張ってきたな・・・と、自画自賛。
ママにも誉められるくらい。
周囲の人が驚くくらい。

方向転換を余儀なくされ、流れを創るまで必死。無我夢中。

流れに乗ってここまで来たら、いろんな人が救いを求めてきて
私は、私だけの自分ではなくなっていることを感じている。

私は、時々「先生」などと呼ばれることもある。
「先生ではありません・・・」と否定しているのだけど、
でも、クライアントさんは、目の前にいる私を「先生」と・・・そう呼ぶことで、安心する人もいたりする。

私も心に闇を持つひとりの人間であり、完璧な人間ではないのだけど
そんなことは、セッション中は隠すのがルール。

私は偉人にはならなくていいけど
私に逢いにきてくださる人、目の前の人と向き合って行きたいとは思う。

そんな私は、何になっていくのだろう?

その5 

November 24 [Sat], 2007, 11:11
あなたにメール、届いているの?
あなたは、どれだけ人を馬鹿にし続けるのでしょうか?
私にばかり、変わることを要求して、あなたは結局、何も変わっていないのですね。
私のせいで、自分だけが大変だと、私に思わせようとしていたのですね。
仕事だって、生活だって、あなたは何も変えずに生きていけていたのですね。
あなたは、また私を欺いて。嘘まづついたのですね。
大声で怒鳴り散らして威圧して。
あなたは、私があなたのせいでどれだけ苦しんだのか?今も苦しんでいるのか?
知らな過ぎたし、知ろうともしなかった。

もう、いい加減にして。
きちんとして。

あなたは、何も変えないで生きていけて、いいですね。
私は、あなたのせいで、いろんなことを犠牲にしなければならなかった。
あなたが、病気を無関係だという態度を取るならば、私の犠牲を無駄にするなら、絶対に許さない。


あなたは、以前、私のせいで「どれだけの人が泣いたと思っているんだ」と怒鳴り散らしましたが、
私がどれだけ苦しいのか?あなたは、ご存知だったのでしょうか?
私が感染したことで、泣いた人がいたのをご存知だったでしょうか?
どれだけ痛くて、行動に制限が出来てしまったか?知っていましたか?
誰かにうつしたら…と、いつも不安で仕方がないことを知っていますか?
それがずっと続いていく不安と重荷を、あなたは、考えてくださったことはありましたか?
あなたの欺きで傷ついた私よりも、泣いた人の数が多いほうがあなたには重要だったのでしょうか?
あなたの発言は、自分さえよければいい。という内容のことばかりですよね。
自分の生活さえ変わらなければ、嘘をついて人を欺いても、傷つけても良いということなのでしょうか?

そんな不誠実な態度のあなたの、私は何を信用すれば良かったのでしょうか?
あなたの仕事は、不誠実でも許されるのでしょうか?
欺きや嘘が、あなたにとって、当たり前のことなの?

その4 

November 22 [Thu], 2007, 16:30
あなたが自分の人生が大事なように、私だって、自分の人生が大事だった。
人を裏切って、蔑ろにしたあなたには、私の人生や生活、私が背負った重荷なんて、たいしたことのないのでしょうが。
何故?私ばかりがいろんなことを諦めて、あなたの犠牲にならないといけないの?

私はあなたがおっしゃる通り、セラピストです。
セラピストは、まず、自分の問題を解決するのが先と言われています。
だから、私は解決したいだけ。

あなたが病気を無視する。自分は無関係と逃げる。
それだけは、私は絶対に、絶対に許さない。
私にばかり我慢させないで。
あなたが私に、強要するかなと怒鳴り散らすならば、あなただけの都合で、私に我慢させようと強要しないで。
あなたのせいで悩んで苦しんだ私の時間、無駄にした時間を返して。

あと、あなたの職業は、
嘘をついても、人を騙しても当たり前なんですか?
自分の都合で、人の気持ちを踏みにじり、人のせいにするのが当たり前なんですか?
人が、人生に関わることだからと、必死にお願いしても、蔑ろにするのが当たり前なのですか?
自分のために、人が犠牲になっても構わないということですか?

その3 

November 22 [Thu], 2007, 16:29
あと、あなたが、私を馬鹿にされていたことがよく分かりました。
検査に行けばいい。
検査結果を見せればいい。写メで送ったと開き直る。
約束は守らない。
何故、私が怒ったのか?
あなたは分かっていらっしゃらなかったのですね。

病気のせいで、あなたが日常的に出来ていることが、私には出来なくなったことも、あなたは知ろうともしてくださいませんでしたよね。
あなたは、何も不自由も制限も無くて、体調を気にせずに、いろんな所に行けて、私にはそんな当たり前のことが羨ましい。
私が攻撃したと、あなたは責めるけど、あなたの状況が変わったと、思えません。

あなたが私に対応しようとしたのは、あなた自身のためだけ。
そういえば、あなたから、私のことを気遣うような言動はありませんでしたものね。
知ろうとしてくださったこともありませんでしたしね。

あなたは、私がどれだけつらかったか、悲しかったか、苦しかったか、知らなすぎた。

あなたが私のことを馬鹿にし続けるならば、適当にあしらうならば、私のあなたに対する気持ちも変わらない。
自分からきちんとしなかったのに、私ばかりに要求しないで。

その2 

November 22 [Thu], 2007, 16:25
あなたは、拒否・拒絶で解決するでしょうが、私は今のままでは、ずっと追い詰まったままです。
あなたのように、心が安らぐ瞬間なんてありませんでした。
病気は、一生です。
だから解決したいのに、あなたは、ちっとも分かってくださらないばかりか、いい加減な対応で私を傷付けた。
私は、今のままの精神的に追い詰まった状態は、嫌です。
あなたを信用出来ないから、どんどん追い詰まっていきます。
私は、また、あなたに適当に蔑ろにされて、適当にあしらわれるのでしょうか?何も言わなければ、また、なかったことにされるのでしょうか?

「お願い」などと体裁の良い言葉で、ブログはやめろなどと私を強制しないで。
あの場所は、あなたが知ろうともしてくださらなかったことが書いてある、私の場所です。

一方的に自分の言い分だけを怒鳴り散らして、私を威圧して、電話を切るのやめてください。
あんなに一方的に怒鳴り散らして、大声を出して、自分の主張ばかりして、私の言葉は遮っていたのに、
録音している時だけ、私の話を聞いているような態度や、私だけが悪いような物言いは、狡いですよね。

その1 

November 22 [Thu], 2007, 16:24
自分は悪くないと私が全て悪い形にして、逃げてばかりなのは、やめてくださいね。
私にばかり我慢させないでください。
私が怒っていたら何も出来ないと、全て私のせいにしないでください。
何故、私が怒る前に当たり前の対応をしてくださらなかったのでしょう?

私を追い詰めたのは、あなたです。
私をおかしいと言うなら、そうさせたのも、あなたです。
あなたが、信用を裏切ることや逃げてばかりいらっしゃるから、私はどんどん追い詰まった。

私が何も言わなければ、何もしないで、時間の経過とともになかったことにしようと目論んでいたあなたの
私はいったい何を信用すれば良かったのでしょうか?

お願い。 

November 16 [Fri], 2007, 1:58
どうか、

私を

一人の人間として見て。扱って。

あなたにとってみたら、私の人生なんて簡単に軽んじることが出来て
欺くことが出来るたいしたものではないのかもしれないけど
私には、私の大事な人生です。

私にも、痛みや悲しみや苦しみを感じる心がある。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:そらのコトノハ
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる