転職の際一般的には有効だと思われている資格に中小企

March 27 [Sun], 2016, 12:52
転職の際、一般的には、有効だと思われている資格に中小企業診断士をあげることができます。中小企業診断士の資格を取得することで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認めてもらうことができます。法律をよく知る行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。転職するときに求められる資格は、専門職の他は、そんなに多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やはり、国家資格が強いといえます。それから、建築や土木系だと、「業務独占資格」と言われる建築士のような、該当の資格を取得していないと実際に働けないというような仕事が多いので、狙い目と言えるかもしれません。辞める理由が長時間労働だという場合は「生産性の高い仕事が希望」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「環境を変えることで自分を成長させたい」といいかえれば良いと思います。言いかえることでネガティブな転職理由も、ポジティブに感じるようにすることもできます。採用される履歴書の書き方は、150文字から200文字程度にするようにします。給料アップのための転職を希望されている方も多いことでしょう。確かに仕事を変わることでお給料が増えることもあると思います。けれど、年収が逆に落ちてしまう可能性はいつも付きまとうことをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。年収のアップを成功させるためには、どれだけ落ち着いて年収の良い仕事を探すかが大事な点となります。転職を考えたときに有利になれる資格といわれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまでの職場での経験や実績を生かした転職を考えている方にもお勧めできる資格です。社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関連の仕事を得やすくなりますし、公認会計士の資格を得ていれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/olehdoffwoic5e/index1_0.rdf