Vienolossi と Purpure☆ in @ジャム 

2016年09月26日(月) 18時40分
9月24日〜25日、大きな盛り上がりを見せた「@JAM×ナタリーEXPO in 幕張メッセ」、そこに、DMM.yell枠で出演を決めた二つのアイドルグループの「ちょっといい話」を紹介する。

富山の Vienolossi(ビエノロッシ:以下、ビエノ)と、京都の Purpure☆(ぱーぴゅあ:以下同じ)である。
この二つのグループには多くの共通点が有る。それは、地元に密着した熱心な活動をしていることもそうであるが、残念ながら全国的には知名度が高くないこと、DMM.yellによるTIF出演権を賭けた企画にエントリーしながら敗退するなど、同じ悔しい体験をしていることもそうである。

両者は、この秋、@JAM出演を目指し、再びDMM.yellの企画にエントリーしたのである。ビエノはリーダー島田理奈、ぱーぴゅあは新メンバーながら行動力に長けた濱中つぐみを代表に起用した。

そして迎えた第一節、島田と濱中は熾烈極まる戦いを繰り広げた。両者が第3位以下を大きく引き離す一騎打ちの展開、しかし、無名のロコドル同士で、ファンはおろかアイドル本人たちも正直相手のことを全くと言って良いほど知らなかった。
が、時間が経つにつれ「ぱーぴゅあってどんなグループだ?」「ビエノ、強敵だなぁ」と、互いの存在を強く意識せざるを得なかったのである。
結果的に、僅かにyell数の勝った濱中が第一節を制した。普通なら、ここで両者の関わりは無くなるはずである。
ところが、二つのグループの戦いは終わらなかった。

濱中を始めとしたぱーぴゅあメンバー・運営・ファンたちは、「ぜひビエノと共演したい」という思いが湧き、第二節では島田にyellを送ることを決め、実行した。まさに、「昨日の敵は今日の友」とでも言えようか。この動きは、すぐにビエノ陣営の耳にも届くこととなり、直ちに感謝感激の意が表明された。

だが、単なる美談にはならないのが勝負の世界である。島田は、強豪相手に第二節も第2位に終わる。
「ぱーぴゅあさんの為にも、絶対諦めない!」と、ビエノ陣営は第三節にも挑む。素晴らしいスタミナと闘志である。それが功を奏して、第三節は序盤から首位を独走することが出来た。ぱーぴゅあ陣営が最後まで援護射撃のyellを送り続けたのは言うまでもない。

さすがに、二つのグループが@JAMで同じ時間帯に同じステージで共演はすることはならなかったのであるが、24日の出演を終えた島田は、一泊して25日のぱーぴゅあ物販ブースを訪問し、濱中たちぱーぴゅあメンバーとそのファンに、直接謝辞を述べた。待望の対面を果たして記念写真に収まる島田と濱中に温かい拍手が寄せられた。
さらに、島田たちビエノメンバーは、ぱーぴゅあのライブを観覧してから富山への帰途についたとのことである。

今、両者のファンたちは、お互いの活動拠点である富山と京都でのツーマンライブが開催出来たら良いなと希望する迄になっている。

以上、まさに、DMM.yellから得た「絆」と言えよう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:オ〜ルドタイマ〜
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:京都府
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる