震災から2週間

April 05 [Tue], 2011, 14:00
震災から、二週間が過ぎた。近所のガャ潟塔Xタンドも、ようやく営業を再開したようだ。ずいぶんと時間がかかった。レギュラー1g、148円だった。g購入。150円を超えなかったのは幸運と言うべきか。東北地方の被害も次第に明らかになってきているようだが、卵z通り、死者は一万人をhttp://www.atsmhi.org/超えた。あの津波の映像を見れば、これだけの被害が出ているのも頷ける。物資も、まだうまく届いていないらしい。まだまだ、寒い日が続くだろう。余震もまだ続いている。震度5の地震速報に慣れるというのは、これまでであれば考えにくい事態だ。慣れって怖い。さらには福島の原発の問題も未だに嵐fの許さない状況が続いている。週間で封じ込めに失敗したのだから、今後相当な被害になるだろうけど、どこか感覚が麻痺しているのが怖い。先日、福島第一原発の3号機のタービン建屋で、作業員が4百万ベクレル近い濃度の放射狽ノ汚染された水たまりに足を突っ込んで被爆し熱傷を負ったという事故があった。電気の作業員が水たまりに無防備に足を突っ込んで、さらに放射線量の警報を40分にわたって無視したというあり得ない報告がなされているが、事故の真相にいては不明だ。さらに、1号機のタービン建屋内でも同じ程度の濃度の放射秤cF確認されたらしい。放射性物質、配管などが壊れて漏れ出したか以下に、経済産業省からの発侮送ソをリンクする。3号機に関して月日発封ハ紙東京電力資料形式これによれば、3号機の水たまりからは、コバルト60が検出されたそうだ。次のページに作業員が負ったベータ線熱傷にいての概略や治療法が記されている。放射線皮膚損傷の治療号機に関して月日発封ハ添福島第一原子力発電所1号機タービン建屋地下の溜まり水の測定結果にいて形式さらに一号機に関しての発浮セ。各元素は、Cl塩素、Asヒ素、Yイットリウム、Iヨウ素、Csセシウム、Laランタンである。号機ではヒ素やイットリウムは検出されていなかった。これが何を意味しているのかは、わからない。今回の原発事故に関しては、メディアや政府による情報隠蔽も目立った。現在何が起こっているのか、実のところを知る術はない。号機と号機の放射曝Rれにいては発浮ウれているが、おそらくラストボスに等しい漏れを起こしているのは、日に冷却材喪失事故を起こし、燃料棒全露出し、日の未明にはおそらくドライベント格納容器からの直接の圧力抜きが行われ、圧力制御プールが爆発している号機だろう。首相官邸の原子力災害対策本部からは日に号機に関して号機の原子炉建屋内の大物搬入口から一般排水口に流れた後調査中というそこはかとなく血の気が引くような発浮ェなされているが、マスメディアからは取り扱われない。小出しに小出しにして、意図的に忌避されているような感じも否めない。これだと情報公開していないわけではないし、突っ込むにも突込みどころがない。やり方汚いよな、と思う。さらに報道によれば、日にも米軍の支援を受け入れて、原子炉への真水の注入作業が実施されるらしい。当初日本側は、米軍からの冷却材の提供を断ったということだったが、ようやく受け入れることになったようだ。最初からこれをやっていれば、塩水を原子炉にぶち込んで、安全弁が塩で固着するようなこともなかっただろうに日経
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ol8v6sxlhv
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ol8v6sxlhv/index1_0.rdf