マリンブルーディスカスだけどイカル

May 10 [Tue], 2016, 23:24
セラミド配合の化粧品は沢山出回っていますが、決め方には注意が必要です。
「セラミド○○」というように、セラミドの呼称がついていても、本当のセラミドではなく、セラミドという働きをするものに関してもあります。
「セラミドー」「セラミド2」というように、セラミドの残りに数がついているものは、たいてい本当のセラミドところが、それらが入っていても、濃度が低すぎて、威力が全然出ないものもあります。
何故このようなものが手広く出回るのかというと、ひとつにはセラミドの実費が高いことが挙げられます。
セラミドは化粧品のもとの中では割に割高ものです。そのため、本物というような一品が必ず出回るのは、ブランド品と同じです。
購入する際には、それほどわからなければクリエーターに本当のセラミドかどうか問い合わせます。
しかし、濃度までは教えてくれませんので、あとは皮膚で試すことになります。
本当のセラミドがある程度の濃度であるものを使えば(I〜2パーセントぐらいが適量なのですが)、皮膚が乾燥することは取り敢えず切れるはずです。
因みにセラミドは水には溶けませんので、メイク水のようなものにはおそらく入っていません。
美液かクリームに思い切り配合されてあり、売り値は結構3千円以上にはなるようです(実費が厳しいためです)。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウイチ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ol20wcolwobfn4/index1_0.rdf