O脚を矯正ための正しい座り方とは? 

May 18 [Wed], 2016, 21:07
かなりのO脚で座っていると足がしびれてくる。
足が重くて立ち上がれないこともある。


そんな悩みで困っていませんか?


実は、日本人の8割は、
O脚の傾向があると言われています。


若いうちは痛みがなくてそれほど気にならなくても、
年をとると筋力が衰えてくるため、O脚がひどくなって、
軟骨がすり減って、ひざのしびれや痛みを伴うこともあるそうです。


O脚の原因は、座り方や歩き方が
原因になると言われています。


例えば、ハイヒールなどの不安定な靴を履くと、
つま先の方にバランスが傾くので、
知らず知らずのうちに足に負担がかかってしまいます。


ハイヒールを履く時間が長くなるほど、
O脚になる危険性が大きくなります。


また、座る時の姿勢も、O脚に大きく影響します。


足を組んだり背筋が曲がったような姿勢で座っていると、
骨盤が歪んでO脚の原因になります。


正しい座り方が辛いのは、
すでに骨盤が歪んでいる証拠です。


O脚を矯正するためには、背筋を伸ばして、
正しい姿勢で座ることが大切です。


しかし、すでに骨盤が歪んでいたら、
正しい姿勢で座ることも辛いですよね。


そんな辛い骨盤の歪みでお悩みの方には、
座るだけで自然に背筋が伸びて足が閉じると
口コミで評判の骨盤快適クッションがおすすめです。


骨盤快適クッションが少し前に傾いているのが、
自然に背筋がまっすぐになる秘密のようです。


さらに詳しいことが知りたい方は、
こちらの画像をクリックしてみてください。
  ↓    ↓    ↓