February 18 [Sun], 2007, 22:18
ここのところ夫婦関係冷えまくり
ワクワクドキドキしないし。言動がイチイチ癇に障る
なんでこいつと結婚なんかしちゃったんだろうねえ
俗に言われているように、結婚前は良い部分しか見えてなかったってことよね
子供がいなかったら速攻で離婚だわ

もがき 

October 31 [Tue], 2006, 23:05
ちょっとした行き違いで縁を切った人からメールが届いた。
大学の恩師の退官を記念して名簿作成のために個人情報を教えてほしいと。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
同じ草鞋を履いて過ごした日々。
履き心地が嫌になり、卒業と同時にすぐに草鞋を脱いだ私。
「二度とその草鞋を履くまい」と決意してから10年の月日が経った。

草鞋を脱いだきっかけは、単純なこと。
草鞋競争に負けたのだ。

別々の道を歩むようになり、やっと心の整理がついて再び
連絡を取り合うようになったのだが、勝者は永遠に勝者だった。
生きる世界が違うと、私は彼女と縁を切った。

オイ!! 

October 30 [Mon], 2006, 14:49
うちのアパートに住んでいる住人。これがまた勝手気ままにやりたいホーダイ

チャラチャラした父親とチャラチャラした母親とチャラチャラしたクソガキの3人暮らし。
父親は帰宅が遅く土日も殆ど不在で母子家庭みたいなもの
だからありとあらゆる子育てサークルに参加しては友達になってお家ご招待
うちのアパートは子持ちで専業主婦世帯がそこと我が家しかないため
私も同じアパートに住んでいて、同じ子持ちである以上言葉を交わさざるを得ず
何度か遊ぶこともあったが・・・クソガキのやりたいホーダイ暴れん坊ぶりに我が子への
身の危険を感じ挨拶を交わす程度に避けていた。

子供がそんな感じ=親も大して躾もしていない
だから、次々と友達になっては避けられ友達になっては避けられ
最近見なくなった親子もずいぶんいるなあ

そんな話は実害がないからどうでもいいのだが・・・
文句が言いたいのはここから

以前、我が家に来客がくるって言うので、客にうちで借りている駐車場を提供するため
ちょっと離れたアパート所有の駐車場に車を移動させた。
しばらくしてケータイにその母親から電話が
「あの場所、ウチで借りてるんだどけられる?いや、すぐにって言うわけじゃ
ないんだけどぉ〜、とりあえず端っこに止めておくから」
まあ、確かにたまにタクの車が止まっているわな・・・でも、あの場所は大家さんから
「誰がどこって決めてない」
って聞いていたよなあ・・・
ってことですぐに移動させた。どうやら最近できた新しいお友達が来ていて
そのお友達の車をとめる場所に我が家の車が止まっていたから文句をつけたわけだ
その後、もう一度謝罪のメールと移動させた旨を伝えたわけだけど、
何時間経ってもお友達の車は自分が借りていると主張している場所に
移動しないではないか!!!

それから何日かして。
その親子の車の一台が離れた駐車場の、この前「ウチで借りている」と主張したところではなく
端っこに止まっていた。
おまえ、ここも借りてんのかよ?!
アパートの前にも一台借りているのだが、そこにも車はないんだぞ

どうやら、10日間ほど帰省していたようだが、その間
自分たちが借りている2つの駐車場には止めずに、
全く別の場所に車を止めて家を空けていたのだ!!!

そして今日。
今日も新しいお友達が遊びに来ている様子
今日はなんと、アパートの別の住人が借りている駐車場にお友達の車


お前んチ、一体どこを借りているんだ?!

 

October 27 [Fri], 2006, 14:21
「大抵の家庭はこうはいかない」と言うのが亭主の口癖
この言葉が出る時は決まって、子育てに関するもの。

今までの例を挙げると
「子どもと一度も風呂に入ったことないと言う奴(父親)に会った」
「世の中の父親は最終の電車で帰って朝一番の電車で出勤するのが殆どだ」
「大抵の父親は休みの日はゴルフとかパチンコとか家庭を放り投げて遊びに行くらしい」
まあ確かにウチの亭主は子どもを風呂に入れてくれるし、帰りが夜中になるのは数えるほど。
休みの日は家に居る。
世の中の父親たちが本当に亭主の言うとおりなのであれば、随分恵まれていることになる

この間「友達の旦那さんは子どもを寝かしつけたことないんだってよ」と言ったら
「大抵はそうらしいよ」とここぞとばかりに
自分がいかに子育てに協力しているか
をアピールしていた

んーーーでもね。
ショージキ日常生活にあなたの協力って必要ないですから
だって、お風呂だって私が入れる方が子どももすんなり服
脱いでくれるし、亭主の帰りが遅い時はいつもすんなり寝てくれて
家事も早く終わって自分の時間が持てるし
朝も早く居なくなってくれる方がその日一日時間たっぷりあるのよね
だから安心して外で稼いでくださいな

OH!! 

October 25 [Wed], 2006, 16:06
片付けることを学習しないまま成長したウチの亭主。
いい加減、部屋掃除しようと一元発起・・・したのはいいんだけど

その前に。
みなさん、自分の配偶者のことってどれくらい理解して結婚しました
私の場合、長い付き合いだったから殆ど熟知して結婚したつもりなんです。
ところがところが
見ちゃったんです。というより、見つけちゃったんです

ウチの亭主が女装してる写真を
マジヅラです。しかも何パターンもある写真
スカートやらワンピースやらキャンギャル風やら…
お化粧もバッチリ
そっちの気があったなんて
さらにさらに。
AVの撮影現場に行ったのかってカンジの撮影風景写真
どっかの知らない女がムチ持ってる写真
亭主はSもMも♂も♀も経験してたってこと

怖いよ〜怖いよ〜

結婚前のことだから大目に見てあげた方がいいのでしょーか
その日帰って来た亭主に触りたくなかった。近づきたくなかった
とにかく一緒の空気を吸っているってだけで吐き気がした
頭を過ぎった離婚
子どももいることだし、そう簡単にはいかないよね

果たして、今後何十年と一緒にこの人と生活していけるのだろうか

そんなことをずっと考えてます

さしあたり・・・ 

October 25 [Wed], 2006, 15:46
一度は断念したブログ
新規に再チャレンジ
ただいまよりオープンします
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:okusamanomimi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる