「B様」御来店。 

March 28 [Tue], 2006, 19:09
前日に予想したとおり、特売の味噌を求め、B様が店に大勢御来店。
お客様がいないと成り立たない商売なので、ブログのタイトルにもあるように私たちにとってお客様は神様です。
しかし、お店もボランティアでやっているわけではないので、中にはあまり歓迎したくないお客様も・・・。
どこのお店でもあることでしょうが、いろんなタイプお客様がいます。
今日はその中で、私たちが「B様」と呼んでいるお客様についてご紹介したいと思います。
「B様」のBはB級のBを指します。
特売の目玉商品だけを買い求めに来るお客様のことです。
しかも、特売を求めスーパーの梯子をしつつ・・・。
このB様の中にもランクがあり、もっともすごいB様を「特B様」といいます。
特売の目玉商品にはお一人様○個まで、といった制限がついているものが多いのです。
それを買うために一家で日に2回、3回とくるお客様も大勢います。
ガソリン代の方が高くなるんじゃないかな・・・と思うことも多々あります。
一番気の毒だと思うのが、子供に買わせるパターンです。
その中で最強なのは、子供と一緒に買い物に来るけれど、車からおりたら他人のふりをして子供にも特売商品を買わせる人です。
帰るときは子供を置いて車を走らせてしまいます。
置いていかれた子供は必死に車をおいかけています。
店から離れたところで車に乗せてもらっているのでしょう・・・。
私たちも親子だと気づいているんですが、そこまでして他人のふりをしているその親子に何も言えないのです。
何十個も買っていって、無駄なく消費できているのか気になるところです。
味噌にしても、1つ1キロ入っているものを5キロ、6キロと買っていかれたお客様がいますが、そんなに買って何に使うんだろう・・・。
そういうお客様は、例えば明日もう一度味噌の特売をすることになっても、また何キロも買っていくはずです。
これも立派な病気だと思うんですが・・・。
是非ともB様のお宅の食卓が知りたいですね。

明日は特売がないし、天気も悪そうなのでヒマだろうなぁ。
あ〜あ、神様来てくれるかなぁ・・・。

m島さま御来店。 

March 27 [Mon], 2006, 21:22
本日ご紹介するお客様は単語で会話するおもしろおばあさんこと、「m島さん」です。
m島さんのお宅はうちの店から30分くらい山に入ったところにあります。
車もなく、高齢なm島さんは買い物ができないので、注文を受け商品を配達しています。
m島さんの買い物はかなり変わっています。
菓子パン、お菓子、芋きり干しを中心とし、たまに、魚や野菜をご購入されます。
その量も問題です。
菓子パン10個や芋きり干し2キロ、キャベツを5つなど・・・。
m島さんは旦那さんである、おじいさんと二人暮しなのに、二人では消費できないほどの量を注文します。(しかもほぼ毎日・・・)
さらに!m島家周辺には他にスーパーや食料品を扱っている店はありません。
m島家の食卓は菓子パンを主食にお菓子を食べているんだろうか・・・。デザートは芋きり干し・・・?
買い物とは関係がないんですが、m島さんはとてもおもしろい人なんです。
m島さんは単語で会話をします。お菓子を持ってきて欲しいときは、「お菓子!持ってきて!おせんべい!」というかんじです。
この喋り方を真似するのが私たち従業員の間で密かなブームとなりつつあります。

さてさて、「電車」のことについてご報告したいと思います。
今日・・・彼はカードを渡しました!!
昨日と同様、新米の子がレジに入っていました。
もしカードを出さなかった場合、カードを持っていることを知っている彼女なら聞いても不自然ではないからです。
しかし彼は自分でカードを出したのです!!
このとき、商品を出すふりをしてレジ前に集結していた店員たちはびっくり
「電車」が帰った後の店内はお祭り騒ぎでした。
この後もカードを出しつづけてくれるのでしょうか・・・。
また報告していきたいと思います。

明日はみその特売だ。
B様がたくさん来るだろうなぁ・・・。

「電車」さま御来店。 

March 26 [Sun], 2006, 21:48
このブログは私たちが働く小さな小さな田舎のスーパーに来る個性的なお客様について書き綴っています。

本日のNO.1は通称「電車」
このお客様は、まったくといっていいほど喋りません。最初、私たちは口が聞けないんだと思いました。ほぼ毎日買い物にきて、必ず、刺身、パン、某スポーツ飲料を御購入されます。
ここで少し、お店のシステムをご紹介しておきますが、うちの店にも小さいながらにポイントカード制度があり、ポイントがたまれば商品券として使うことができます。
毎日買い物に来る方はもっておけばかなりお得です。
もちろんこの「電車」にも何度もおすすめしました。
ところが彼は面倒くさいらしく応じませんでした。(この時も、いらないとは言わず、首をふるだけ・・・)
私たち店員の間で、誰が彼にこのカードを持たせるかを競い合っていました。
そして今日やっと、彼にカードを持たせることに成功しました!!
プロジェクト名;勝手にカードを持たせてしまえ!!
私たちの中で新米店員の子が「カードをお持ちですか?」と聞き、彼が首をふる。
その子はいかにもマニュアル通りを装い、カードを作ってしまい、彼に渡す!!
そして彼は・・・カードを受け取ったのです!!
しかし、問題はこれからなのです・・・。
面倒くさがりの彼が次回の来店で店員にカードを渡すのか・・・。
私たちの注目はそこに集まっています。
では、明日は「電車」カードを渡すのか・・・!?について書いていきたいと思います。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:okuaku-kami
読者になる
Yapme!一覧
読者になる