汐と高橋諭一

August 02 [Tue], 2016, 11:22
金銭的負担が大きい不妊治療ですが、タイムリミットを考えると精神的にもつらいものです。

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくケースが多いです。40歳以上でママになっている人もいるのだし、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

実は私自身もすでにアラフォーですので、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。
ピジョンが発売している葉酸サプリにはいくつかの種類がありますし、殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。



この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。


ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。近年、我が国では妊活に悩まされている夫婦が多数いることが予想されます。
少子高齢化だと言われて久しく、希望しているのに子供が出来なくて苦戦している夫婦は増えていく傾向にあります。



もっと国が総力をあげて、もっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国にしていくべきではないでしょうか。妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ません。それというのも、妊娠初期に十分な葉酸を摂取することで、胎児の先天的な異常を発症するリスクを低減してくれると言われているからです。

当たり前ですが、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。


実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。

現在、妊活中です。子供を授かるためにいろいろな努力を行っています。そのために、葉酸サプリというものを飲んでいるのです。ですが、当然それだけではなく、毎朝、早めに起きて、ウォーキングも頑張っています。妊活には体を動かすことも大切だといわれますし、一緒にウォーキングをしていくことがコミュニケーションに繋がっていると思います。
妊娠初期の段階では赤ちゃんの器官形成をする大切な時期です。
そういった時期に葉酸不足になると赤ちゃんの先天性奇形率が上がると懸念されています。

なので、妊娠を希望する女性であれば妊娠の前から意識して葉酸を摂る事が大切ですし、妊娠初期の段階にもサプリなどから、常に補うようになさってください。
妊活中の方は、薬の服用には注意が必要です。一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば服用しても大丈夫です。

その一方で気を付けていただきたいのは医師から処方されている持病の薬を飲む時でしょう。とは言っても、薬である事に変わりはありませんから、薬の種類に限らず、医師や薬剤師といった専門家に確認をするのが安全で安心な方法だと言えます。そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなのでどうしても水に溶けやすいのです。そして、熱に弱いのも特長なのでうまく調理していかないと半分以下の量しか摂れないこともあるわけです。


ならばと言って、非加熱の食材を大量に食べることはとても現実的ではありません。


このことを踏まえるなら、調理中も長時間加熱しないなど気を配るのが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:翔太
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/okswnyoeyeolym/index1_0.rdf