現実小説 はじめます。 

December 12 [Wed], 2007, 15:59
メインイベント


今日の学校メインイベント 町会訪問

午前の4時間のダルイ勉強が終わり、今は昼休み

そして楽しい昼休みも終わってしまい、午後の5,6時間目

町会訪問の時間が来た

自分のチームは4人
しかも学校から近いところにあるので行き帰りも楽なのだが、この日、生徒会に入っている自分は、放課後の集まりでもう一度学校にもどってこなければいけない。



*

「こんにちはー。」
「こんにちはー。」
「こんにちはー。」
「こんにちはー。」

町会にはいり、一礼、そしてこんにちはの挨拶
靴をそろえ、準備された畳何畳かの、広くもなく狭くもない。
ようするに普通の部屋だ。



入るときに襖はあけてあり、もう一度皆で「こんにちは」といい、男子の挨拶。
それが終わり、用意されている座布団に座り、さっき挨拶をした男子が質問を始める。


ひまだなぁ。



心の奥に、この感情はあったものの、自分自身記録がかりである。
町会の人が答えてくれたことを全て手持ちのノートに、記録する。

遅かったり、早かったり、そのリズムの悪い答え方にイライラしながらも、ただただ言葉を追い、記録するだけ。

長かった話も終わり、「足をくずしてもいいよ。」といわれながらも、遠慮してくずせなかった正座に、立ったとき足がしびれる。



ヨロヨロとしそうになりながらも、頑張って立ち、「有難う御座いました。」と全員でいう。
帰り際に玄関で靴を履いたあと、また男子からお礼の言葉。

それが終わり、「さようなら。」
全員でそういい、ガララと少し渋い戸をあけ、外にでていく。



外からの町会の写真を一枚撮り、写真係のその男子以外は自分の友達と質問の男子、そして自分の3人。
たあいのない話をしながら坂を上り、学校にもどる。



5.6時間の授業も自分達の班は5時間目ぶんで終わってしまい、誰もいない教室で男子と2人っきり。

特になにも話さないうちに、ほかの班の人たちが帰ってきた。



自分の友達は、まだ、その中にはいなかった。












赤井 美亜


廊下を走り回るうるさい男子達の騒ぎ声だけが頭に響く。
そして6時間目の時間帯にはいったころ、友達が帰ってきた。

「美亜!」
「あぁ!可伊ィ!」

小学生のときからの友達「赤井美亜」である。


「可伊いつ終わったぁ?」
「んんーとォ、2時半くらいww」
「はやっ!」
「なんかねー終わんのだけはやかったっさww」
「いいなぁー。あ、でもこっちお菓子もらったっさ」
「えぇー!こっち何もだしてくれなかったァア!ずりぃ!」
「はははっ。いい気味だぜ。」
「うーわー。ウゼェー」

そんな会話がつづいたあと、他の班の人たちも続々と帰ってくる。
そんなこと気にもとめず、自分は黒板に向かってカッカッと白いチョークで文字を書いていく。

ほかの友達のところに行った美亜の名前をよぶ。
「美ィー亜ァー」
「ん?なにー?」
「この問題がわかりますかっ!?」
「ん?」

と美亜の周りにいる女子もこちらをむく
黒板に書かれた文字

『湊 佳奈美(ミナト カナミ)+赤井美亜÷2=』

カナが驚き反論する

「なんであたしがでてんの!?」
「さぁ、答えは?」
「なんだよワル2って。わってもわりきれねーよ。」

勝手に進めた自分とその問題に丁寧に美亜がつっこむ

「あれ?皆わかんないのかな?じゃぁ赤井さん!どうぞ!」
「えぇっ!わかんねぇよ!」
「わかんないんですか?答えは簡単!これです!」

そして白いチョークを握り、またカッカッと黒板にいびつな字を書いていく。

『答え 湊 美亜』


「わかんねぇよっ!」

そんな馬鹿なやりとりを隣のクラスの男子も廊下から見ていた。







おまけ

主人公 夢原 可伊(ユメハラ カイ)

誕生日 7月23日

身長   155センチ

体重   39キロ


その友達 赤井 美亜(アカイ ミア)

誕生日 6月16日

身長   155センチ

体重   40キロ


でゎ、次回にもおまけありwww

自己紹介 

December 09 [Sun], 2007, 16:07
沙>どうも。七虹色沙伊(ナミロスナイ)です。今からいろいろやります。

  【自己紹介バトン】
Q1.先にバトンをまわす2人を書いておく   茉莉海月さん tokkiさん

Q2.お名前は?
 七虹色 沙伊こと ナミロスナイです。  紅牙 莉久こと  コウガリクです。

Q3.おいくつですか?
 ピッチピチの12才です<沙> 13歳です<莉>

Q4.ご職業は?
    中学生です(二人) 

 Q5.ご趣味は?
 妄想 パソコン 友達と遊ぶこと 絵を描くこと 歌を歌うこと<沙>  カラオケ パソコン 歌を歌う<莉>

Q6.好きな異性のタイプは?
  頭脳明晰 眉目秀麗 スポーツ万能 後オラと気が合う人<沙>   面白い スポーツが得意 話しが合う人<莉>

Q7.特技は?
前に6年くらい空手やってました。 後ピアノは頑張れば弾けます<沙>   パソコン早打ち(沙伊監修)<莉>

Q8.資格はありますか?
ありません(二人)

Q9.悩みがありますか? 今の所なし。あるといえばあります。恋愛関係の事とか、家族に絶望したり、銀魂の世界に行けない事とか<沙>
特に無いです。<莉>

Q10.お好きな食べ物&お嫌いな食べ物は?
  糖分とマヨネーズ<沙>   辛い物がすきです<莉>

Q11.あなたが愛する人に一言♪
  銀さん、総悟、土方さん、高杉さんに一言。 何でオラの前に居てくれないんですか? <沙>   lovely<莉>

  Q12.まわす人5人の紹介。
 茉莉海月さん⇒前に一緒にカラオケに行ったりしました。            皆より一歩進んだ 感じで憧れです。いい友達ですv

 tokki さん ⇒真面目で、嵐ファンですね・・・。優しくてとてもいい友達です。          リヴリーとか一緒にやってます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:okitasougorx7
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像卓郎
» 現実小説 はじめます。 (2007年12月12日)
Yapme!一覧
読者になる