オキロー(OKIRO)はムーンムーン株式会社の光目覚ましです。オキローで音から光に目覚ましを変えてみては?つらかった朝が、オキローで快適になるかもしれません!

至れり尽くせり!オキローにはこんな機能も付いている! / 2013年05月23日(木)
目覚まし時計の音で
無理矢理起きていた1日のスタートから、
光目覚ましオキローでのスタートに変わると、
体内時計はリセットされ、
生活リズムが自然と整ってきます。

オキローでの快適な目覚めは、
セロトニンを分泌から起きますが、
そのあと、約15時間前後で、
メラトニンが分泌され、
自然と眠くなり、眠りの質も向上します。


これほどすばらしい光目覚ましオキローには、
至れり尽くせりの機能が付いています!

オキローの目覚まし機能には、
だんだん明るくなるサンライズ機能があるため、
まさに、朝日を浴びているかのように
自然な目覚めを得ることができます。

アラーム音を出すこともできるので、
光目覚ましに慣れないうちは、
補助的にアラーム音を利用することで
起きられないという心配もいりません。


オキローには、サンライズ機能と逆の
サンセット機能という機能も付いています。

これは、眠るときに使う機能で、
リラックスして眠りに入るのに
効果的な機能です。


もちろん、オキローの明るさも調整でき、
読書灯などに利用することも可能。


しかも、オキローに使われているLEDは、
日本製で、最大光量は1万3000ルクス!

1日30分使う計算で、電気代は約4円/月!!!

さらに、電球交換が不要!


光目覚ましオキロー、すごいヤツです。

光目覚ましオキロー(OKIRO)の購入は↓こちらから。
光目覚ましOKIRO(オキロー)無料修理・アフターサービス対応








 
   
Posted at 10:31 / オキローでなければならない理由 / この記事のURL
オキローのメリットは目覚ましだけじゃない! / 2013年05月21日(火)
家庭用の蛍光灯や太陽では
実現できなかった光目覚ましオキロー。

毎朝の目覚めにオキローを使えば、
快適な朝を迎えられるだけでなく、
朝から仕事や勉強に
しっかり取り組むこともできます。


でも、オキローのメリットは
それだけじゃありません!

仕事でパソコンを使い、
デスクワーク中心の方は、
キーボードやマウスを操作する以外に
ほとんど体を動かすことがありません。

そのため、セロトニンが不足してしまう
という事態に陥ってしまいがちです。

そうすると、しんどさや眠気を感じたり
やる気が減退したりしてしまいます。


そこで、オキローを活用しましょう!

朝から、そして眠気が出てくるお昼過ぎに、
5分〜60分程度、オキローの光を浴びながら
仕事や勉強に取り組んでみてください。

オキローの効果を実感できるはずです!


不足しているセロトニンを
光目覚ましオキローで増やして、
いろいろな使い方をしてみてください。

光目覚ましオキロー(OKIRO)の購入は↓こちらから。
光目覚ましOKIRO(オキロー)無料修理・アフターサービス対応




 
   
Posted at 21:30 / 光目覚ましオキローの秘密 / この記事のURL
光目覚ましオキローと家庭用蛍光灯との違いとは / 2013年05月19日(日)
快適な目覚めが手に入れられると
人気の光目覚ましオキローは、
生活自体が改善する可能性も秘めた
これまでにない目覚まし時計です。

光で目覚めを促してくれるオキローですが、
家庭用の蛍光灯にタイマーをつけて、
同じような効果を得られるのでしょうか?


結論から言うと、答えはNoです。

光目覚ましオキローと家庭用蛍光灯との違いは、
なんと言っても光の量。

オキローが2500ルクス以上を
優に出力するのに対し、
家庭用の蛍光灯は、せいぜい1000ルクス。

ですから、家庭用の蛍光灯を
2500ルクス以上の明るさにするのは
とても困難なことなのです。


家庭用蛍光灯で光量が足りないなら、
それこそ、太陽の光を使えばいい、
と考える方もおられるかもしれません。

ですが、天気が悪い時は、
太陽の力は使えませんし、
太陽が出てくる時間に起きる場合は、
ちょっと使えませんよね。

寝室に太陽の光を取り込むのは、
ベッドの位置の調整や窓との角度、
それと、夜の間ずっとカーテンを
開けっ放しにしておかなければいけません。

また、オキローと違い、
太陽の光には紫外線が含まれますから、
そういった部分も気になります。


家庭用蛍光灯や太陽と比較すると
オキローの便利さがよりはっきりしますね。

光目覚ましオキロー(OKIRO)の購入は↓こちらから。
光目覚ましOKIRO(オキロー)無料修理・アフターサービス対応




 
   
Posted at 05:30 / オキローでなければならない理由 / この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!